2006年11月03日

悪い店には悪い客

クレーム担当の話なんかを読んでますと、どこでも応用のきく話だなぁ、と。

やる気のない学生ってのは、やる気のない講義にあらわれるもんです。
というか、やる気のない講義が、学生のやる気のなさを誘発するというかね。

おばちゃんたちが「あの学年、うるさいでしょう」なんて噂してたりしても、フラスコの講義、演習では私語ひとつなかったりしてね。

もちろん、何したってダメっつーか、どうしようもなく、やる気のない人間はいます。

が、以前にどっかで書いたような……っと、ここか。常識がマヒする話ですね。人間ってのは周囲に流される生き物なんだよん、という実験もアメ妻さんのところで紹介されていました。

前例を見習えば、学生も3種類に区分できまして、

・周囲に関係なくマジメで勤勉な学生
・周囲に関係なく不真面目な学生
・周囲にあわせる学生

となるかと。
で、「周囲にあわせる学生」が多い場合には、学生は許せば許しただけ、たるんだ方向に転がりおちていきます。

講義には遅刻してきます。
出席カードを出したら、退室します。
携帯がなっても退室します。
たまに退室せずに、机の下に隠れたつもりで話したりします。
飯を食います。
いちゃつきます。
寝るなんて、かわいい部類です。
大声で話します。
窓の外の友人に声をかけます。
出席カードをごっそりと盗みます。

注意しなければ、どこまでも転がりおちていくのです。

だから「最近の学生は…」なんて言ってるヒマがあったら、毅然とした態度で注意しないといかんのです。見過ごしてしまったら、教員が見過したことで学生は許されたと思い、さらに罪の意識をなくしていくのです。

アメリカでも、学生のマナーの悪さがあり、大学生に対して躾のようなことをしたくない、と評する方がいるようです。

まったく、その通り。
大学教員の仕事に、躾なんてものは入ってません。

でもね、大人の仕事には、躾って入ってると思いますよ。
口うるさく注意するんじゃなくても、マナー違反を咎める姿勢を見せる必要はあると思います。
もっと言えば、マナー違反を無視したら、それこそ大人のマナー違反じゃないかと思うのです。

そんなマナー違反をする人の周囲には、やはりマナーの悪い人が集まってしまうわけで、最初のお題にひとまわりして戻ったかしら?

ほんとは、こないだの話の関係志向とからめたかったけど失敗。でも、とりあえず、このへんで吐きだしてしまいましょう。

banner←よいランキングによいワンクリック。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yahata127/51240741
この記事へのトラックバック
<日記> 遅くなっても全然行かないよりはマシだ。       By リヴィ いつも思う。時間は大切だと。 本当の初心者の頃を過ぎると、 PCを立ち上げるより、立ち上げないことのほうが難しくなる。 そういえば高校の同窓会のハガキが来ていた。 同窓会というのは苦手だ。
2006-11-06【りんごアンテナ日記〜塾・パズル系ニュースサイト】at 2006年11月06日 16:57
この記事へのコメント
授業に出ることと勉強することを混同している場合には注意しても効果なし、もしくは逆効果でしょうな。

学生が意味を混同している場合は両者が別ものだと教えてあげればよい。でも、教える側が混同していたらどうすりゃいいんだろう?
Posted by 元通りすがり at 2006年11月04日 09:02
大学の学部長と以前この話を少ししました。礼儀を教えるためにも学生の悪いマナーを叱りたい先生は多いし、そうしたほうがいいことも分かってるらしいです。
でも、学生に厳しいことを言うと、親が保護者説明会などですぐ文句つけてくるからなかなか出来ないんだということです(´・ω・`)

もちろんこれが全てではないでしょうがそういう面もあるようです。

ちなみに自分は小学生のころ塾の先生に授業態度の件で叱られた時、「自分たちは金を払っているんだ!」と今考えると首をくくりたくなるほどあほなことを言ったら、「じゃあお前の金は俺が返すからとっとと返れ!」と言われ完敗しました。いい先生だったなあ…。
Posted by   at 2006年11月05日 12:09
学生側には教員に対する敬意が無いように思われます。
講義を行うために、教員の方々は様々な準備をされています。
ひょっとすると、自分の時間を削ってまでそうされているかもしれません。
そういった教員の努力に敬意を払い、聴く側は話されている内容に
注意を向けるべきです。
Posted by Jango at 2006年11月05日 21:12
>元通りすがりさん
いますね。「出席」に最終的な判断基準を置く方。
ほんと、どうしたらいいんでしょうね?
大学生の躾はともかく、年上の躾なんてやりたくねー(エントリと矛盾してないか?)

> さん
いますね。DQNな親御さん。
うちは、父兄会で全体に説明して釘をさすことにしています。
「指導に問題があると思う場合には、個別ではなく父兄会全体で問題にしてこい」と。
教員には文句が言えても「うちの子がこんなことされたんです、ひどいでしょ?!」と言えるほどバカ親はまだいないようです。

>Jangoさん
ありがとうございます。
でも、こっちとしちゃ、それを感謝しろとかってのは言えないんですよね。
親が子供を育てるのが当り前なように、教員が準備するってのは当然のことですから。
もちろん、感謝は大歓迎です。
Posted by フラスコ at 2006年11月06日 12:27
私の恩師は、例えば講義中に寝ている生徒を発見した場合、授業を止め、その生徒に近寄り起きるまでじっと待ちます。自分からは声をかけません。やがて、周りの生徒が気がついて起こすと、時計を見て「この講義は君の睡眠のおかげで20分止まった。そのため20分超過の授業を行う。もちろん、ほかの生徒には何の責任もない。ただ君が寝ていたというだけで被害をこうむっているのだ。責任を感じるならまず教壇に立って謝罪しなさい。それがイヤなら2度と私の授業に出なくても良い。君にとっては寝るほどつまらない講義だ。生涯役には立たないし、お互い時間の無駄だ。ここは義務教育の場ではないのでね」
 これによって教室の空気が引き締まったものです。
Posted by pp at 2006年11月06日 12:36
「ゆとり」を与えるべきだったのは、厳しさを学ぶべき時期の幼児にではなく、
様々な柵に振り回されている大人に与えるべきだったという事です。
ゆとり教育で甘やかされて育った子供たちに対して、
どうして「チョコレートが貰えないと泣き喚くメンタリティ以上のコト」を
期待できましょうか……?
Posted by みつみ at 2006年11月07日 12:54
>ppさん
カコイイ!!
次の講義に迷惑をかけないときに、やってみたいと思います。
開始直後に静かになるまで講義しないってのはよくやるんですが。

>みつみさん
しかし、何も期待しないあきらめの中から、結果はでてこないのです。
20歳の泣き喚く子どもだって、まだまだ成長します。
3X歳のフラスコが、洗濯物をたためるようになったんですから、大丈夫です。
Posted by フラスコ at 2006年11月07日 20:49