2007年07月30日

ブログは忘れない

会期が延長されるらしいです。
でもって、選挙の日程も延期されるとか。

選挙までの時間が伸びれば、その分、年金問題の不祥事なんかも忘れてくれるんじゃね?ってことで、アベさん有利になるとかならないとか。

ふーん。

夏休みにがっつり入って、投票率がのびなければ、狂信者をかかえる与党側が有利ってことですね。

だったら、せめて今の不祥事は忘れてやりません。
しばらく、トップに出てくるようにしてあげます。

大臣が死んだこととか、増税したこととか、いくつもの法案を審議もせずに強行採決したこととか、全部覚えててやります。

フラスコが毎日覚えておくことはできませんが、ブログは忘れないのです。

忘れさせてなんかやらないのです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yahata127/51619274
この記事へのコメント
人気ブログのこういう使い方、目から鱗が落ちました。
読者数十人の僕の匿名ブログでも真似してみよう。
Posted by 西の年齢不詳 at 2007年06月22日 21:00
突然お邪魔します。
自分も、このアイデアにとっても感心しました。
外から見ていると、いわゆるマスコミの直接の影響をあまり受けることなく、
ほぼネットの情報だけで判断せざるを得ないような状況なのですが、見ていて
本当に変な感じがしますし、心配になります。
こういうことがホンの少しでもいい方向に向かうきっかけになることを信じたいです。
Posted by t-mac at 2007年06月23日 11:37
うーん。
最近、あなたの性格が文章を通して伝わってくるようになりましたね。
与党支持者というわけではないけど、少し感情的になりすぎかな。
Posted by プラス5 at 2007年06月24日 09:42
>西の年齢不詳さん
人気かどうかはさておき。
備忘録として使う人もいますし、ブログの使い方はいろいろありますです。

>t-macさん
ありがとうございます。
アイデアというほどのもんでもないので、使ってやってください。
変な方向に向かってるのは、止められますよ。
やろうとする人が増えればいいんですよ。
シニカルな意見には、リアルスペースで同意したフリしたりしなかったりすればいいのです。

>プラス5さん
逆に、まだ性格が抑えた文章だったのかとビックリしてます。
わりと感情垂れ流しだと思ってましたw
感情的と理性的は反対語でなく直行軸だと思ってますんで、感情的になるのもアリアリだと思います。
Posted by フラスコ at 2007年06月25日 16:18
資質の問題なのか失言なのかあげあし取りなのかには触れないとして、大臣がまた辞めちゃいましたね。

辞職が増えたらまた書きます。
Posted by 西の年齢不詳 at 2007年07月05日 00:25
あの大臣も「フィリピン戦で破れたところで、降伏するのが普通の軍隊なのだが、そういう常識の通用しない軍隊相手には原爆を使うしかなかったのかも知れない」と放言したら良かったのかもしれません。
Posted by alchemist at 2007年07月05日 15:01
現内閣の名称は『ハラキリ内閣』でいかが?と思えるぐらい辞めていきますね。今のところ、狂信者電波政党とその友党、国語力不足感情的護憲政党とその友党、赤組政党、親ペルー政党、分裂政党、建築家政党には入れたくないですな。

あと、どこ?
北の大地に一票入れとくか。
Posted by プラス5 at 2007年07月06日 22:53
つまらない質問で恐縮なのですが、この記事がトップに
なるように未来の日付(私が拝見したときは7/30)になって
いるのですね。自分のブラウザがおかしくなったかと一瞬
焦りました:-)
Posted by たいへん勉強になります at 2007年07月12日 21:38
ふと思ったが、この記事は公職選挙法違反にはならないよね?

■ここを参考に…
http://blog.livedoor.jp/staff/archives/50132365.html

やばそうな気配があるから、私のコメントも消してほしい…
Posted by プラス5 at 2007年07月15日 19:15
この程度で公職選挙法違反になるなら、殆どのブログが公職選挙法違反になるのでまず問題ないかと。

与党も野党も、入れたいと思える党が皆無の日本に不安を抱いてます。
そもそも、あの党は政教分離に反しているじゃないか・・・。
Posted by とある大学生 at 2007年07月23日 05:35

自民党大敗は当然。
Posted by 風 at 2007年07月30日 02:50
ブログ復活しました
みてください
Posted by 太郎 at 2007年08月10日 22:22