2008年01月22日

レポート表紙

レポートの表紙。

指定の表紙があったり、ぜったいつけるなという先生がいたり、これといったキマリがないものなわけですが、フラスコはできればつけておけ、という流派。

表紙の効用としては
・ぱっと見て、どのレポートだかわかる
・所定の場所以外にいってしまったときにも対処できる
・中身が汚れない
なんてことがあるんじゃないかと。

ほとんどは学生の側のメリットではなく、こっち側の都合なわけですが、それでも覚えておくことに意味はあるだろうと。

で、学生には、表紙にどんな項目が必要か?ということを考えさせています。

正解は、この後すぐ!
表紙に必須なのは、「名前」
フルネームは当然として、フルネームだけで個人識別などは不可能なので「学部学科」「学年」「学籍番号(出席番号)」あたりも必須に。

どどんと書いてあると便利なのは、「レポートのタイトル」
何についてのレポートなのか?ということがわかるように。
さらには、「講義・演習名」を入れておいた方がよろしげ。
一応、教員も受け取るごとに仕分けをしているけれど、混じってしまう可能性もゼロじゃないしな。
ついでに「担当教員名」などもあればよし。
落したときの届け先が明確になるし、同じ演習を複数の教員が担当しているときに、どこにまわせばいいのかな?ということがすぐわかり便利。

実験など同一科目で何度もレポートを出すときには「締切日」および「提出日」も書いておいた方がいい。他の締切のレポートに混ざってしまうと、提出したのにしてないなんてなことになりかねんので。

実験だと「気温、湿度」なんかも書かされるだろうけど、そこらへんは個別にフォーマットで指定されるだろうから、情報科学では教えない。

そんなところかな?

たかがレポートの表紙ですが、どんな目的に使われるか?どんな事態が起こりうるか?そしてそれにどう備えればいいか?ということを考えれば、十分に教材となりうるのでした。

banner←締切厳守

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yahata127/51885545
この記事へのトラックバック
2008/02/03 當山日出夫 適当な日本語訳がまだ定着していないので、私の場合、「文書管理情報」と称することにしている。あるいは、強いて、カタカナで書けば、レポートヘッダ、と
文書管理情報【やまもも書斎記】at 2008年02月03日 20:44
この記事へのコメント
メールアドレス書いておくと再提出の指示が届くのが早いよとか、住所や本籍は書くなとか、自分の学籍番号ぐらい間違わずに書けとか、担当教員名を書くなら正しく書けとか、横書きにしろとか、用紙のサイズを守れとか、「紙でも電子メールでもよい」を「紙と電子メールの両方で」と混同するなとか、自分の名前を間違うな(他人の分を書くなら名前を間違うな)とか。

毎回想定外のレポートが提出されることに最初は疲れ果てていたのですが、最近では楽しみになってきました。
Posted by 西の年齢不詳 at 2008年01月23日 01:29
サイズは次のネタですw

メールアドレスを書けというのは気がつかなかったなぁ。
個別にメールしようという気持ちがないので、多分今後も教えませんがw
Posted by フラスコ at 2008年01月23日 02:03
レポートの書式については、いろいろな考え方があるようですね。
メールアドレスを必須とするかしないか、これは、科目によってわかれるでしょう。情報系の科目であれば、必須、かな。
ところで、トラックバックが二重送信になってしまっていました。片方を削除しておいてください。
Posted by 當山日出夫 at 2008年02月03日 21:30
了解しました。
トラックバック先ですが、名前の読み方は、気がつきませんでした。
たしかに書いてもらえると便利ですね。
Posted by フラスコ at 2008年02月04日 12:19
また亀コメです(汗
レポートの表紙は、重ねたときに上のレポートについてるホッチキスに引っかかって1枚目が取れて紛失するのを防ぐ役割もある、
というのを昔聞きました。
Posted by ken at 2008年08月23日 19:05
うーむ。
ホチキスの針がひっかかるときはありますが、1枚目だけを破かれたことはないですねえ。
拙い経験から言えば、そんな効果があるのかは疑問です。はい。
Posted by フラスコ at 2008年08月24日 01:12
速レス多謝です。
私も引っかかって取れたのは眼にしたことはないですが、
採点側として表紙が取れかかったレポートは結構あったので、
やはり表紙はつけたほうがいいかなと思います。
(もしかしたら上の件を聞いたのは高校だったかもしれません。
大学より更に粗忽者が多いですから…)
Posted by ken at 2008年08月24日 02:27
経験からすれば、表紙よりも、最終ページのとれたレポートの方が多いようです。
学生さんが、ホチキスを最後まで力強くとめてくれるといいんですが、提出間際におもちゃのようなものであわててとめてるので、よく事故が起きます。
Posted by フラスコ at 2008年08月28日 11:17