2008年02月06日

先生に失礼で敬語なんて使えません

「R先生いますー?」

講師部屋は4人が混在していますので、入口のところからこんな声が聞こえることもしばしば。

フラスコはたまに
「『R先生は、いらっしゃいますか?』だろ」
と、訂正したりしてみます。

するとまあ、注意された学生は、なんか半笑いで
「R先生、いらっしゃいますかー?」
と言いなおします。

ここに着任してから、お約束と化すほど繰り返してきたやりとりなんですが、
R先生のところの常連が言うわけですよ。
「えー、なんか、先生に敬語使うのって、他人行儀で失礼じゃないですか」

ほほぅ。

いわく、敬語とは「あなたとは距離がある」ということを表現する他人行儀なものである、と。まあ、たしかに。

彼らにとっては、敬語はタキシードや紋付き袴のようなもので、ここ一番に使うものであって、カジュアルでフランクにつきあっているR先生に、そんな装いでくるのはおかしいと言いたいわけだ。
デートで紋付き袴ってのも、すごい選択だろうしなぁ。

で、フラスコは言ってやったわけです。
「敬語を使わないことに問題があるんじゃなくて、敬語が使えないことに問題があるんだからさ、どんな間違いしても大丈夫なR先生で練習しとけよ。
勝負服だって、勝負のときにしか着ないんじゃ、着こなせないだろ。普段から、たまに着てみて、着なれておけよ」

学生が感心した様子で言いました。

「フラスコ先生って、たまにスゴクないっすか?」

うむ、敬意はわかるが、要練習やね。
ってか「たまに」ってなんだ、こら。

banner←勝負服もないし。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yahata127/51903085
この記事へのコメント
先生に失礼で使えないって…使わないほうが失礼だろう!とつっこんでしまいました。確かに、あまりにも敬語すぎるのはどうかとも思いますが…。
私の場合、最低限の敬語は使うようにしています。たまに友達と話すように話している人がいますが(特に今の大学に入ってからで学部時代の大学にはあまりいなかった)、私としては先生と話すのに友達のようには話せないし、ましてや「さん」づけなんかでよべない…といつも感じます。
Posted by nomu at 2008年02月06日 16:41
敬語の基本的な使い道を理解してないのではないだろーか。
Posted by fool at 2008年02月06日 17:04
どういう時、誰に使って良いのかわからないのでは。今は学校にとって学生はお客さんですし、先生は敬うべき存在というより「私たちの学費で給料貰ってるのに、なんで敬語使わないとダメなの?」という存在なのでしょう。
いざ使うとなったら恥ずかしいというのもあるんでしょうね。

個人的にはむしろ、自分の母親のことを対外的に「ママ」と呼ぶのを止めて欲しい。聞いてる方が恥ずかしいから。
………ま、根っこは同じですかね…。
Posted by 言論偽装 at 2008年02月06日 19:53
大学生にもなって、授業中に「先生おしっこ!」とか、前回欠席した学生が手をヌッと出して「ねぇプリント」とか。
「先生、お手洗いに行って良いですか?」「先生、前回欠席したのでプリントを頂けますか?」と“リキャスト”(生徒の言い間違いに対し正しく言い返す言語教育の一手法)で応答しますが、今度は「訳わからんし」と陰口。「英語の先生やのに、日本語のことでごちゃごちゃ言うな」と。
Posted by すずむし at 2008年02月06日 20:15
先生と自分(学生)の関係がどのようなものであるかに依ると思います。ただ授業を受けているだけの先生であれば、敬語は必須でしょう。私は研究者を目指していることを告げると、ある先生がこれからはオレのことを○○先生ではなく、○○さんと呼んでくれ、といわれました。これからは上下関係ではなく、仲間であり、ライバルであり、同僚であるのだと認められたように感じ、非常に感慨深く思ったことがあります。
Posted by 通りすがり at 2008年02月06日 21:24
敬語や表面だけの礼儀より先に身につけるべきものがあるだろ。
「イロハ」の「ハ(敬語とか)」の前に「イ(他人の時間を大切にするとか)」を身につけろ。

そう言いたい場合も多々あるのですが、加減に悩んでしまいます。
Posted by 西の年齢不詳 at 2008年02月06日 23:23
これを読んで前にこんなのを見たのを思い出しました。

かつての同級生があつまり同窓会が開かれることになり、ぜひ恩師にも参加してもらおうとご招待に伺った訳なのですが、

卒業生:先生、今度同窓会が行われることになりましたので、ぜひ先生にもいらっしゃっていただきたいと思います。
恩師:しかし若い君達が集まる会に私のような老人が行っても迷惑なんじゃないかね?
卒業生:いえ、先生もぜひご参加ください。それに「枯れ木も山の賑わい」って言葉もありますし。
恩師:・・・・・・・・・・・・・・・・・ orz

これは実話らしいのですが、言葉の意味を知らないにしてもひどすぎる、と思いましたよ。
いやぁびっくり。
Posted by ねこみち at 2008年02月07日 09:34
初めまして。
なかなか面白い問題かと思います。
ある程度常識があれば、意識せずに自然に敬語が出てくるのでしょうが、
最近はコミュニケーション不足な学生も少なくないので、敬語を使う機会も減ってきているのでしょうね。

と言いながら自分も学生なのですがね(笑)

良ければ私のブログも暇な時にでも閲覧してみてください。
Posted by 秋雨 at 2008年02月07日 12:59
>nomuさん
「スゲーじゃん」ではなく「スゴクないっすか」となっているあたりが、彼らなり、最低限の敬語なのかも。

>foolさん
「基本的な」とあらためて言われると、フラスコもわかんねーっす。

>言論偽装さん
自分で学費払ってない学生は、お客さんではない、と教えておきます。
「ママ」も含め、TPOということで、すべてまとめられそうな問題ではありますね。

>すずむしさん
ありますね、陰口。
有名税みたいなもんですかね(違
Posted by フラスコ at 2008年02月08日 12:47
>通りすがりさん
かっこいいエピソードですねえ。
先生同士では先生と呼ばないでくれ、という先生はいらっしゃいます。
対等な関係で、先生なんてかんべんしてほしいとのこと。
こっちは教わることだらけなんで、先生、とお呼びしたいのですが。

>西の年齢不詳さん
言っちゃえ、言っちゃえ!(非敬語)

>ねこみちさん
どう勘違いしてても、枯れ木扱いしていること確定ですな。
ひどいw

>秋雨さん
携帯専用で読めませんと言われてしまいました。残念。
コミュニケーション不足と言いますか、
公的な場面という感覚が薄れているんだと思います。
Posted by フラスコ at 2008年02月08日 12:56
初めまして。自分も学生ですが、同じく先生に対する敬語の具合に少々悩んでいました。研究室に遊びに来なさいと言う程親しみやすい先生なので、あまり堅苦しいと相手も改まってしまって逆に向こうが変に気を使うのでは?とも思いますし・・・。

しかし、「勝負服だって、勝負のときにしか着ないんじゃ、着こなせないだろ。普段から、たまに着てみて、着なれておけよ」の御指摘。大変ありがとうございます。これを機に、遠慮せず敬語をとことん練習してみようと思います。
Posted by 通りすがり2 at 2008年02月08日 20:56
はじめまして。ある大学で非常勤職員(パート)をしているものです。

技官さんの不正を知ってしまいました。
1度や2度ではなく、長年にわたり幾度とされてきたようです。
先生たちは知りません。
このような時、どうしたらいいのでしょうか。
ご意見をお聞かせください。

Posted by mamemame at 2008年02月09日 00:29
長年なのに「先生たちは知りません」ってことは近所に通報したら逆効果な予感。
Posted by 通りすがり3 at 2008年02月09日 07:36
こんな記事みつけました!(以下MSNニュースより引用)

一方、大阪教育大学の白井利明教授(青年心理学)はかつて、ある男子大学院生の言動に目を白黒させたことがある。

 白井教授が指導するその大学院生は、いつまでもあいさつに来なかった。そこで「常識がない」と叱責(しっせき)すると、その院生は「常識はある」と猛烈にかみつき、「あいさつに行かなければいけないことはわかっていたけど、行きたくなかっただけだ」と強弁した。

 「あいさつが必要だと理解しているから、常識はあるということらしい」。白井教授も苦笑せざるを得なかった。

 自分がどう思うかが基準であり、他者からの客観的な視点はすっぽり抜け落ちている。「そんな若者は『常識がない』というより、大人とは『常識が違う』と考えた方がいいのでしょう」

http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/080208/sty0802080810001-n1.htm
Posted by 似てません? at 2008年02月10日 15:58
>通りすがり2さん
敬語を使いながら親密さを表現する方法は、いくらでもあると思います。
言語的には尊敬しつつ、非言語的にリラックスしてるなんてのがいいのでは。

>mamemameさん
長らく返答せずにすいません。
不正をなくしたいのか、技官さんを責めたいのかによって、やり方が変わってくるだろうなぁ、と考えますが、前者ということにしておきます。
で、次に発言権があって、不正を許さない人を探します。難題です。

探せたらその人にこんな不正って可能ですかね?という可能性を示唆してみます。技官を特定できるようでも、自分の立場はあくまでフィクションで。

あとは、不正がしにくい職場になってくれればいいんじゃないかと。

不正の程度によって、訴えでる場所も変わってくると思いますし、方法も変わってきますが、気楽にできそうなのはこのぐらいかなぁと。

フラスコ実践済みですが、万人に気楽であるかは保証しません。
Posted by フラスコ at 2008年02月22日 11:42
>通りすがり3さん
確かに。本当に知らないのかってのも、疑りどころですが。

>似てません?さん
似て非なるものかなぁ。
ニュースの方には、エントリの学生と違い、他者と関わりあおうという気概がないですよね。
Posted by フラスコ at 2008年02月22日 11:45
>通りすがり2さん、フラスコさん

敬語というか、最低限、丁寧語(「です、ます」)を使えば、「敬意を保ちつつ親しみを表現する」ことは出来ます・・・と私は考えているのですが、最近の若者は、丁寧語すらも「水臭い」と感じるんでしょうか? 

個人的には、相手の年齢や社会的立場に関わりなく、丁寧語でやりとりするほうが落ち着くんですけどねえ。
Posted by 通りがかり at 2008年02月27日 03:08
彼らなりに丁寧になってると思います。
私たちが使う丁寧語のレベルにくると、水臭いのかもしれません。
Posted by フラスコ at 2008年02月29日 10:53
先生は学生に敬語を使い話すべきですが?
それが威厳や線引きをすることになるのでしょうか??

悩んでいます。
Posted by ibu at 2012年11月19日 10:34
私は基本的に敬語を使うようにしていますが、
所属する大学の、理工系の教員は大方、規則的な礼儀よりも深い人間関係を重視します。
いわば、”ノリ”というものです
教員がそういう姿勢だから、こんな学生を生み出すのではないでしょうか?
Posted by 通りすがりの学生 at 2015年07月06日 13:36