2008年08月19日

くつしたを洗濯かごに入れる前に

禁止や規制の前に
規制や禁止をいう大人より,物わかりの良い大人より,きちんと子どもと話せる大人がいいと思う。


うちの娘はお手伝いが大好きです。

パパが帰ってくると、おかえりー!というなり、胸ポケットから携帯をひったくり、俺がいつもの置き場にしているところに運んでくれます。
惣菜やお土産を買ってきているのを見つけたら、台所まで運んでくれます。
運搬作業が終わったら、着替えをしているクローゼットの中で待ちかまえ、服や靴下を脱いだそばから洗濯かごに運んでくれます。

そのひとつひとつに「おー!ありがとうー!」と毎回喜んでいるので、すっかりルーチンワークになっているようです。

が、あるとき、靴下を運ぶ前に、せっせと重ねて折り返し、タンスにしまうときのように、2足1組にして洗濯かごに運ぼうとしました。
きっと、洗濯ものを畳むときに覚えた技術をつかってみたくなったんでしょうね。

しかし、そのまま洗濯かごにいれられても二度手間です。

ということで、少し話をしてみることにしました。

「くぅちゃん、たたむの上手だねえ。ママみたいだよ。」
「すごい?!すごいでしょ?」
「そうだね、すごいね。でも、ママは、洗濯かごにいれるときには、ばらばらで入れてたと思うよ」
「なんでー?」
「このくつしたを1つにしちゃうと、くっついてるところが汚れてたら、きれいになる?」
「………ならなーい」
「じゃあ、くつしたをバラバラにしておいたら、くっついてるところある?」
「なーい」
「じゃ、全部きれいになる?」
「うん!」
「くぅちゃんは、全部きれいになるのと、くっついてるところが汚れているのとどっちがいい?」
「全部きれいになるの!」
「じゃ、くっついてるのとばらばらとどっちがいい?」
「ばらばら!」
「そしたら、こんどからは、ばらばらで入れよっか?」
「うん!」

靴下はたたんでいれない!と禁止すれば、はやいのかもしれません。
そのままでもいーのよー、と甘やかしてやれば、簡単なのかもしれません。

でも、4歳の子どもだって、理由をつけて話せば納得してくれるときもあります。
さらに、自分の行動に理由が付随されることで、応用をきかせてくれることもあります。

「走ったら下の人がうるさいから、だめなんだよねえ。だから、くぅちゃんねジャンプとかもしないよ」

何かを禁止したり規制したりしたいなら、何故かということぐらい子どもに説明できるようになりたいもんです。
さて、娘が「携帯ほしい」と言ったらなんと答えましょうかねえ?

banner←子どもと話そう。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yahata127/52107293
この記事へのトラックバック
【今日から使えるITトリビア:「.」の正式名称はFull Stop?――意外と...
怖くない東方の薬【【小人閑居シテ駄文記ス】】at 2008年08月24日 13:38
この記事へのコメント
最初タイトル見た時は「それは理想だけど、そうも言っていられない事のほうが多いぞ!」って思いましたが、本文読んでなるほど!って思いました。

娘さんは素直で良い子なんですね。学校とかの子供達は得意げになりたいのか、理由を説明しても理解したがらない子が多くて…理由を言われると従いたくない子もいれば、言い負かしたいから屁理屈こねる子もいる…「何で?」攻撃が好きな子はうざい…

携帯は難しいですよね。お金がかかるし、意思の疎通が限られてきてしまう懸念があるから持たせたくないけど、持たせたほうが万が一の連絡手段になる。でも、連絡手段があるから遠くに行っても良いと考えるようになるかもしれない…

自分は中学までは持たせたくないかな。
Posted by 無名 at 2008年08月30日 11:08
娘は、基本は素直でいい子だと思います。
が、説明してもいい返事するだけで、まったく理解してないことも多々あります。
たまに屁理屈をこねることもありますが、その屁理屈が成立するならば、娘に不利益が生じるという事例を考えて、毎回封殺しています(オイ)。

携帯は、理屈云々よりも大多数がもっていると、その集団からはみだしたくないという理由がありそうで……。まあ、そのときになったら考えますです。料金を半額負担とかにして、自分で料金プランとかを検討させようかなぁ……。
Posted by フラスコ at 2008年09月01日 01:44
我が家の教育方針は、フラスコさんの意見に近いものでした。
両親は私に対していつも納得するまで説明してくれました。

でも、小学校高学年〜中学生あたりで、他の子たちはそうじゃないことに気づきました。
「何で○○持ってないの?買ってもらえないの??」
「〜っていう理由で(たいがいここまで聞いてもらえない)必要ないとうちでは考えてるから」
「あっそう。厳しいんだね」

「そうじゃないよ!」って面と向かって議論できるほど強くなかった私は、段々とクラスの子たちと話すのが苦痛になってきました。向こうもめんどくさいヤツと思ったのか遊んでくれないし。
大学生になった今はうちの親はまちがってなかったと感謝してるのですが、当時は「もっと普通の親がよかったな…」って思ってました。

でもブログ拝見してるとフラスコさんも奥様も素敵な方なので、お嬢さんが周囲との意思疎通に悩んだりしてもちゃんとフォローしてあげられるんだろうなーと羨ましくなったり。
Posted by はじめまして at 2008年09月03日 14:26
> 大学生になった今はうちの親はまちがってなかったと感謝してるのですが、当時は「もっと普通の親がよかったな…」って思ってました。

骨身に染みるコメントです。ありがとうございます。
親のしつけも教育も、ふりかえってみて価値がわかるものだと思います。
それゆえに、独善にならないように注意を払わなければならないと、襟を正させていただきました。

> でもブログ拝見してるとフラスコさんも奥様も素敵な方なので、お嬢さんが周囲との意思疎通に悩んだりしてもちゃんとフォローしてあげられるんだろうなーと羨ましくなったり。

そ、そうだといいんですが(汗
素敵でない部分はブログに書かないだけじゃないかと…(汗汗
Posted by フラスコ at 2008年09月04日 11:56
しね
Posted by まんこ at 2010年04月22日 01:34