2009年04月26日

今どきの学生像

今どきの学生像、授業出るけど議論イヤ…民間調査
いろんな調査をする人がいるもんですねえ。
まじめに授業に出るが意欲は薄く、議論を敬遠――。通信教育大手「ベネッセコーポレーション」が大学生にアンケートしたところ、こんな学生像が浮き彫りになった。与えられた課題をこなす授業が中心だった中高時代。その頃の感覚が抜けきっていないのでは、と専門家は指摘する。
議論をしないからといって意欲が薄いわけじゃないんですよね。意欲はあるんです。ただ、議論をする理由が見つからないんですよね。
調査は昨年10月、全国の大学生4070人を対象に実施、インターネットを通じて大学生活全般や社会観について尋ねた。それによると、1週間の平均通学日数は4・4日で、授業への出席率は87%。授業で出された課題をきちんとこなしていく学生も87%と高率だった。
この記述だけだと、どの学年に調査したかわからんので、元ネタをさがしてみました。あった。元ネタによれば、1〜4年まで各学年約1000人ぐらいですね。さらに詳しい記述を見れば、1年生は週5日学校にきていて、4年生で週3.5日というデータもわかったりします。す。
 ただ、しっかり予習をして授業に臨んでいる学生は33%にとどまり、授業中に行うグループ討議で進んでまとめ役を買って出るのも27%。クラス全員の前で積極的に質問や発言をするか、という問いに前向きに答えたのは22%にとどまった。
週5日しっかりきていても、その態度は完全に受け身ということですな。
近年は単位認定に当たり、教員が出席を厳しくとったり、リポートの提出状況を重視したりする傾向にある。これが影響して出席率は上方で推移するものの、積極的に授業に参加しようという意欲は低いことがわかった。
鶏と卵になりますが、積極的でないから出席をとって着席させる、出席をとるから受け身な気持ちが抜けない、というスパイラルな感じがいたします。
また、自己分析に関する項目では、「過去の失敗を気にする方」が73%だったのに対し、「自分は何事においても積極的」は39%。自信のなさも見え隠れした。
 同志社大の山田礼子教授(高等教育論)は「自分で考えながら主体的にいろんなことに挑戦できるのが大学時代のいいところ。大学側は、高校までに染みついた学生の受け身の姿勢を切り替えるような支援を、もっと行う必要がある」と話している。
世の中でも「自発的に問題に取り組める人材を」と言ってみたり、大学側も「自立した学生を」なんてなことを言ってるのに、実際にやってることは出席をとって、個人面談をして、親にまで連絡をとって・・・まるきり逆効果じゃないっすかね?

大学が用意するのは、クリア条件だけでよいと思います。
あとは、自分の好きなようにクリアしていけばいいんだと。
出席するもしないも自分の自由。
自分の自由をコントロールできることが、自立であり自律だと思うわけです。

しかし、そのスタンスで、教育に対して無責任だった大学が批判され、今の出席を取れよ形式になったわけですから、古き良き日に戻ることは難しいでしょう。

ということで、こんなアイデアはどうでしょう。
・出席は取る。

・出席してなくて、テストやレポートの点数が高いものは、自学自習できる人材として、もっとも優秀な成績と評価される。例えばAとか優とか
・出席していて、テストやレポートの点数が高いものは、受動的な学習能力が高いものとして、次に良い成績と評価される。例えばBとか良とか
・出席していてもしていなくても、そこそこの点数の学生は、そこそこの成績がもらえる。
・出席していて、点数の低い学生には、お情けを与える余地を残す。例えば再試験とか仮進級とか。
・出席していなくて、点数の低い学生は、容赦なくアウト。また来年。

こうすれば、出席は取りますから、学生が勉強しているかどうかを把握していない無責任な教育という批判は回避できると思います。
その上で、自主的な学生と、受動的な学生に、最高点での差をつけます。
すると、優秀な学生=自主的な学生、という構図ができるかと。

結果、良ばかりの受動的な学生が残るような気もしますが、それはそれで現状通りですから、まあ、とくに問題もないと思います。

とにかく、学生に自主性を求めながら、出席で縛っているような状況ってのは、とんでもなく矛盾してるってことを訴えておきたいな、と。
そんなことを基準にごちゃごちゃ言ってくるところがあるらしいですが、まあ、たいしたもんじゃないな、と。

banner←自主的にどうぞ。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yahata127/52332141
この記事へのコメント
そのシステムだったら授業にはきっちり出つつ、出席したと教員に知らせないって戦法で破綻じゃないですか?
Posted by 多分 at 2009年04月26日 23:29
当然、出席をとるってのは「出席した人間全員を特定する」ということです。

でないと、おっしゃる通り破綻しますね。
Posted by フラスコ at 2009年04月26日 23:39
自学自習できるけど、更なる発展のために授業にも出席したいという人材は?
そういう最も優秀な人材が区別されずにB評価になってしまうのは不公平かと。
Posted by echelon at 2009年04月27日 00:06
このシステムでレポート課題だと、
レポートを売る商売が繁盛します。
ということで、(定期試験などの)テストしかできないことに
なり、教員が問題作りに大変になります。
で、教員から文句が来たり、教員がサボタージュして
やっぱり、続かないでしょう。
テストを業者に任せたり、小、中、高のように教科書を
定めた授業しかできないと思います。これって(本来の)
大学の授業といえるでしょうか。
Posted by たかし at 2009年04月28日 00:15
補足です。
フラスコが無意識に想定していのは、100人以上のマス教育&教科書のかっちりしている基礎系科目でした。
自分が担当してるものがほとんどこんな感じなもんで。
すんません。

>echelonさん
「評価が低くなっても講義に出たい」と選択するのは学生ですので、不公平ではないんじゃないかと。

>たかしさん
レポートを売る商売を繁盛させないためには「過度に同一の内容については、採点対象外とする」と明言すればおしまいです。レポートを見てないから、粗雑な過去レポなんてもので乗り切ろうとするバカものが出るわけで。(個人的には粗雑でない過去レポを選びとり、その年にあわせたカスタマイズをしてくれれば合格にしてます)

もともと、問題をつくるのも、レポートをまじめに採点するのも大変です。今更サボタージュする人ってどんな人なんでしょ?
そんな人の講義は、このシステムにしなくても続いてないのでは??
Posted by フラスコ at 2009年04月28日 02:01
100人以上の授業で出席した人間全員を特定できる出席システムなんですか?
この想定が普段とは逆のシチュエーションで、思い浮かばなかったからあんな発言したんですが。
Posted by 多分 at 2009年04月28日 08:46
週4日も学校ってこれ部活しにきてるんでは?とぱっと見で思ってしまいましたが違うようですね。

今もそれなりの水準以上の大学は出席取るのは語学だけで以降は適当なところがほとんどですよ。むろん実験実習は除きます。

管理されないと落ちこぼれるような学生は大学こなかったんですけども時代は変わりましたね。
Posted by おっさん at 2009年04月28日 16:12
そういえば、卒研でも、議論する風潮亡な感じがしますな。学生にお願いする時も、あれをやって、これをやって、みたいな。あの問題を解決するためどうすればいい?と聞くべきなのかな。
Posted by ある at 2009年04月29日 08:42
>多分さん
100人以上だと特定できなくなるんですか?
まあ、わかりにくくてすいません。

>おっさんさん(なんか変だ)
うちは、出席をとらないと明言する教員が減りました。
代筆、代返をざるのように見逃してますので、実質かわらないのですが、事務方なのかどっからなのか「出席とれ!」の圧力が厳しくなっております。

>あるさん
>議論する風潮亡な感じがしますな。
えっと・・・そうですね。
Posted by フラスコ at 2009年05月08日 13:35
高いお金を払って
大学に通って
当たり前のように
講義に出て
テストでいい点でも
評価が講義に出てない人より
低いのは悲しいですね

講義に全くでなくて
自学自習で学ぶって
意味が分かりません

一人で勝手に
学べるなら
大学来なくていいじゃない
Posted by 現役大学生 at 2009年05月09日 16:46
現役大学生さん

>高いお金を払って大学に通って当たり前のように講義に出て
>テストでいい点でも評価が講義に出てない人より低いのは悲しいですね

世の中はこんなことは日常茶飯事ですが、大学内ではそういうモラルのない
ことはあってほしくないので、大概の先生はこの事実「授業を出ていない学生がいい点を取る」事実を心を痛めて受け止めているケースが多い
と思います。私は授業に出ている人だけ、出題範囲を教えたり、出席点を
つけたり、工夫しますが、それでも、そういう許せない学生が出てしまい
ます。
これと自学というのは別です。偉そうなこといいますが、耳学問で試験で
いい成績とっても自分の身にはつきませんし、実際に自分の身におきた事
象に対して応用することができません。。自分で考えて自分のものにする
ことが不可欠です。教師はおそらくそこまで面倒見切れませんが、実は
そういう自発的な思考作業が大事とフラスコさんは言いたいのでは。
講義は単にその「ネタ」の提供なんです。多分(また、馬鹿よばわりさ
れそうな)
Posted by ある at 2009年05月10日 16:00
>現役大学生さん
>高いお金を払って大学に通って当たり前のように講義に出てテストでいい点でも評価が講義に出てない人より低いのは悲しいですね
講義に出てない人よりもテストでいい点をとっていれば、原則そのようなことは起こりません。同じぐらいならば、自学自習できる人を評価するというだけです。

>自学自習で学ぶって意味がわかりません。

いつになったら一人で学べるようになるつもりですか?いつまでも、誰かに教えてもらわないと何もできませんか?意味がわからないことを自分で考えようと思いませんか?

自学自習できる人は、自分で意味を調べ、自分で考えて行動している人です。

その人より評価が劣ることになにかご不満でも?

>あるさん
>「授業を出ていない学生がいい点を取る」事実を心を痛めて受け止めているケースが多い
「授業を出ていない学生がいい点を取る」ことには、とくに痛みはありません。
「要領のいい学生が、学習してもいないのに、いい成績をとってしまう」ことに問題があるわけで。それはしっかりとした評価ができない我々教員の怠慢とも言えるし、そもそも学力の厳密な評価なんかできないだろうという限界という不可避の痛みでもあります。学生を許せないと思うなら評価を考えるべきです。
そして「わかってもいない学生が、出席点で助かってしまう」ことにも痛みを感じるべきではないかと思います。
Posted by フラスコ at 2009年05月12日 14:12
図書館で本を読むのは自学自習で、授業を聴講するのは受身な学習なんでしょうか?授業は教官がさまざまな情報を学生に受け取りやすいように提供しますが、書籍も著者が読者の必要とする情報をあの手この手で分りやすい様に編集して届けています。分りやすく明快な授業に出て、さらに学びたい意欲があれば、教官や学生と議論をしたり、書籍を読んだり、他の講義に出てさらに知識を深めればいいんじゃないでしょうか?大学の講義を高尚なものと捉えたいかもしれませんが、義務教育じゃないんだから、所詮は自学自習の一環です。「自主性を育てる」なんて、テストの形を変えたらどうなるとかいうものではないと思います。
Posted by 通りすがりのものですが、 at 2009年05月15日 17:15
授業出ないでテスト前にノート借りて借主より点数良いこと良くあるんですよね…

気まずいったらありゃしない。
Posted by B4 at 2009年05月17日 13:47
>授業出ないでテスト前にノート借りて借主より点数良いこと良くあるんで>すよね…

そういう学生以外にも、毎回 授業は出るけど、必ず
教室の一番前で講義始まった直後から豪快に寝ている学生とか。
出席点は満点でも、試験は落ちます。ケースbyケースですねえ。
Posted by ある at 2009年05月18日 16:36
>通りすがりのものですが、さん
教官が用意したものを受けとるのは「受動的」です。
自分から書籍を選びとれるなら「能動的」です。でしょ?
私は、後者の能力が重要だと思うので、そちらを高く評価したいと思っています。
講義が議論できるほど高尚じゃなく、書籍とかわらないと思っているから、この提案が成り立つのですが、おわかりになりますか?

>B4さん
トレーニングしてなくたって、他の人より足が速い人はいますからねえ。しょうがないでしょ。
むしろ、しっかりノートとっていたのに、貸した相手より低い成績をとる人が腑甲斐ないんですが、それを言うとまた反感買いそうだなぁ。

>あるさん
私は確信犯的に寝る学生に出席点をあげません。
Posted by フラスコ at 2009年05月19日 00:18
はじめまして。
大分古い記事のようですが、気になることがあるのでコメントさせて頂きます。

私が現在通っている大学では、出席は一切とりません。先生方も「講義に来てほしいとは思っていないし、試験で点数さえ取れば単位はあげる。でも、講義では最新の研究動向なども話すから、興味のある人だけ来て」と仰っています。
必修もほとんど無いため、所定の単位さえ満たせば科目選択はかなり自由です。
つまり、完全に自主性に任されています。

しかし、私も友人も講義に出席しています。何故かと申しますと、純粋に面白いからです。
専門家から直接話を聞くことが出来て、疑問点はその場で質問することができる。周りの人の意見や学習進度を直に知り、刺激を受けて学問がもっと楽しくなる。
先生方が投げ掛けてくる論点から、友人同士の会話や、個人的な読書の幅が広がる。

これらは大学生の特権でもあり、大学という場の魅力だと思います。

このような魅力を捨ててでも、講義に出席せずに自習する方が良いのでしょうか。
私には出席するメリットの方が大きいように思います。
是非、ご意見を伺いたいです。

長文を失礼しました。
Posted by 大学生 at 2012年02月10日 18:51