八幡サポートブログ

八幡クリニックhttp://www.neopolis-clinic.or.jp/yahata/

新宿皮膚科 博多院オープン予定

3ee0e728

6月〜7月にオープン予定です。場所は博多駅筑紫口から2分の所で、福さ屋ビル3Fです。ここでは’鯣辰慮線治療、白斑等皮膚移植(マシーンを使った移植器具設置)、0虧咫⊃¬咫蔽棒型脱毛、女性の脱毛)等、アンチエイジング、ご敢挧治療を考えています。に関しては大学病院が強くバックアップしてもらえます。これらを少しずつ充実させる予定です。宜しくお願いします。
 今、取り組んでいるマシーンを使ったM移植の報告ですが、すでに15例行いました。150個以上グラフトした患者さんもいらっしゃいます。施術時間は短縮され、出血も少なく、生着率(移植した正常皮膚が白斑部にくっつく割合)は、ほぼ100%近くで手動よりかなり高くなっています。くっついた皮膚の盛り上がりは、ほとんどありません。もちろん採取した後のキズもほとんど残りません。全てOKですが切片が小さい(0.8弌砲里如⊃Я悩得犬少し遅く感じられるます。当然と言えば当然の事です。人は完全を望むものですね。何年か前から言っているように、照射前正常皮膚にどれ位の量を照射してからその切片を移植したら最適なのか?また移植し生着した白斑部にどれ位の量のメルを照射するのか?(至適照射量はどれ位なのか?)移植したメラノサイトをいかに早く成長させるか?これからの課題です。その事はもちろんどの文献にも書いていないし、他のドクターも気付いていないはずです。M移植の症例はどんどん増えています。
3ee0e728

皮膚移植

当グループでこれまにで白斑を診てきた数、白斑の患者さんに対して行った移植手術例は日本一ではないでしょうあか。光線機械も9年前からメル(エキシマライト)は良い効果があると言い続け、現在では多くの皮フ科専門医がその良さを認め使っています。

しかし、大半の患者さんは、ただ光線療法だけでは効果がある線まで行くとストップします。途中で断念して来なくなる例も多々見られます。

平成24年3月までに当グループが経験した最良治療方法は移植プラス光線治療です。体の80%以上白斑が占める方は除外させてもらいます(幹細胞治療ですね。)

患者様もあきらめずにもう一度トライしてみてくださいね。


皮膚移植

白斑治療は光線治療が主ですが、それでは満足できない患者さんの為、

移植をおすすめしています。

尋常性白斑

尋常性白斑を大きく2つに分類すると、“独型と∧節型になります。

後者の分節型は一般に光線療法は効きにくく、白毛(白いうぶ毛も含む)を伴うタイプはより難治性といわれています。
ただ分節型は神経分節型とも言われ、多くのタイプの型が神経の線に沿って出現するので、反対側と対称的に出現する事はありません。
白斑が拡大しても現在の白斑の周囲に少し拡大するだけです。
また、白斑に色素再生が起こるのも毛包の隆起部(バルジ領域)が関係していて、そこから上行へ遊走していき表皮の色素再生を起こし、下行へ遊走して行き毛根の色素再生を起こす事も知られています。
だから色素再生には毛が非常に関係しているのが分かります。
現在、白斑に伴う白毛(白髪)の治療をどうするかに挑んでいます。結構光線療法で治った例もあり、正常皮膚、正常の髪になられた患者さんもいますが、なかなか正常の髪の色にならない患者さんもいます。
白斑治療において光線療法で治らなかった場合の次のステップが移植です。
脱毛症(薄毛、ハゲ)の患者さんに後頭部頭皮(毛髪を含む)を採取し、毛の薄い所に植毛(移植)する方法も知られています。
その様に移植して、白い頭皮に含まれる白髪まで正常(黒髪)になるのかは疑問です。
また頭部に移植した後の固定も難しいのです(毛が生えているので)。何か良い方法がないか現在考慮中です。

ごあいさつ

今年は東日本大震災、原発事故と大変な年でした。来年こそは、より良い年である事を願っています。



1月5日より通常通り診察がはじまりますのでよろしくお願いいたします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ