やひログ!

届く人には届くというタイプの読み物ブログです。

根本から違う思考法について

棋士の谷川浩司が書いた、藤井聡太と最近の棋界について書かれた本を読んだ。僕は棋士が書いた本が好きで、羽生善治をはじめとしていろいろな本をよく読んでいるけれど、藤井聡太について書かれた本は特にここ最近ものすごく増えたな、と思う。というか、将棋界を語る上で藤井聡太は欠かせない存在となっていて、もはや一過性のブームを超越して、持ち前の彼の強さと「異端」ぶりをよく表している。
 
興味深いのは、ここ最近で世間を沸かせている「AIブーム」と、藤井聡太は直接は関係がない、ということだ。もちろん、いまの棋士であればAIを使った研究は欠かせないので、彼も自分の将棋の勉強のためにAIをフルに活用しているだろう。研究のために彼が購入したCPUは、「個人で購入できる最上級グレードのもの」である、ということが話題になった。スパコン一歩手前の性能ということだろう。しかし、彼がAIを導入しはじめたのはプロになる前後の話であり、伝説となった、「プロ入り後の29連勝」の頃はまだ本格的には導入していなかった。そもそも、小学校の時点で、全棋士が参加する詰将棋選手権で連覇を成し遂げており、それ自体が常識では考えられない偉業なのだという。つまり、「AIで強くなった」のではなくて、「彼はもともと強い」のである。たまたま、AIが棋士のあいだで当たり前になった時代に生まれただけであって、もっと別の時代に生まれていたとしても、規格外の強さを誇っていただろう。それが興味深いな、と思う。


 
彼の強さについて考えるとき、ひとつ面白い要素がある。普通、棋士というのは手を考えるときに、盤面を頭の中で思い浮かべて、アレコレ駒を動かしてものを考えるらしい。将棋というのはボードゲームであり、二次元的な動きをするものだから、そうやって仮想の盤を使ってシミュレーションするのは必須であるように素人的にも思える。しかし、藤井聡太は、どうもそういう「仮想の盤」は使ってないそうなのだ。では、どういう風に思考しているのかというと、「符号」で考えているらしい。符号というのは、つまり「2六歩」みたいな、棋譜として残されている記号のことだ。盤面を思い浮かべずに、記号だけで考えている、ということになる。僕みたいな素人にはさっぱり理解のできない世界なのだが、これがプロ棋士にとっても謎らしい。あらゆる棋士が、「そんなことできるんですか?」と驚愕しているのを目にしている。
 
これについて、糸谷九段が、YouTubeの動画の中で、「盤面を思い浮かべるのが通常の棋士だと思うが、それがCPUの無駄遣いだったと言われると、どうしようもない」みたいなことを言っていた。つまり、藤井聡太は、「盤面を思い浮かべる」ということをしないので、そのぶんの思考力を「手を読む」ことに振り分けることができる、というわけだ。……いや、それがわかったとしても、具体的にどういうふうに思考しているのかなんて全くわからないのだけれど。
 
それが省エネで最善の方法だということがわかったとしても、誰もいまさら切り替えられないのだという。まだ将棋を習っていないごく小さい子だったら可能性はあるかもしれないが。どういう仕組みになっているのかはなはだ不思議である。
 


しかし、後天的に身につけるのが難しい思考法であっても、なんらかの方法はあるような気がする。僕は、仕事でマインドマップを使ってものを考えることが多いのだけれど、それを執拗にやり続けていたら、いつの間にかマインドマップを書くことなく、それに近い思考ができるようになった。……まあ、それが無駄だといえばそれまでなんですが。

株式投資はしません

学生時代からの友人が株式投資をやりはじめたらしい。最近、Twitterで、投資のことをよくツイートしているので知った。また、ファイナンシャル・プランナーの資格も取得中らしい。まあ、彼の本業は大手企業のエンジニアなので、たぶん勉強するモチベーションのために試験を受けた、とかそういう感じだとは思うが。しかし、どちらかといえば投資などに興味があるようなタイプには見えなかったので、少し意外な感じがした。
 
株は父が昔からやっているが、僕はやったことがない。株式投資がギャンブルだとは言わないが、ギャンブル要素があることは間違いないだろう。僕個人の意見としては、株式投資は個人がやるというよりは、会社がやるものだと思っている。株式というのは、突き詰めると「会社の権利そのもの」で、それを分割して売買できる仕組みにし、企業運営に必要な資金が調達できる仕組みになっている。会社にはそれぞれ企業としての固有の特性や価値があり、そういうものを必要としている人が買えばいい、と思う。
 
株式会社は、株式を発行することで資金調達をする。しかし、個人が投資できる金額には限りがある。もちろん、株式市場は個人投資家の投資も織り込んではいるけれど、企業からしてみたら鼻くそみたいな金額なので、どちらかというとギャンブルの道具にされている、という面のほうが強いのではないか。長期的に価値が上がる、というのがわかっていて、まとまった資金をそこに投じ、長期保有するというのならばわかるが、短期で売買するのが目的ならば、それはギャンブルとあまり変わらないのかな、と思う。


 
ギャンブルには昔から興味がない。なぜだろう。言語化してみると、終わりがないからかな、と思う。以前、学生のときに、パチンコで20万円勝った、と自慢している同級生がいた。当時、僕はアルバイトをしていたが、月に6万から10万ぐらいのバイト代だったため、20万円というのは途方もない金額に思えた。しかし、20万円勝った、とはいっても、トータルでいったら勝てているかどうかはわからない。トータルで見たら、せいぜいトントンぐらいではないか、と思っていた。しかし、もし仮に、トータルで見ても20万円以上勝てていたのだとしても、今後も勝ち続けられるかはわからない。ギャンブルというのは、どれだけ勝ったとしても長期的にみればそれは誤差みたいなもので、結局こちらが破産するまで続くのかな、と思う。たとえば、株式投資で仮に一億円儲けたとしても、「一億円儲かった」ところで終わるだろうか? いや、終わらないはずだ。一億円儲けたら、二億円が欲しくなるのが人情だ。そして、深みにハマって、どこかの段階ではじめに儲けた一億円も失って、資金がゼロになって、終わりを迎えるのだろう。それは悲観的すぎるシナリオだとしても、本質的にはそういうことだと思うので、似たり寄ったりに違いない。「ここまで儲けたら、終わり」というのがないのがギャンブルだと思うので、いったんはじめたら、それは破産するまで続くのだ。


 
一番嫌なのは、そうなったとしても、自分の中に残るものが何もない、という点だろう。たとえばそれに費やした時間を読書に充てていれば、自分の中に知識と思考が残る。その時間を仕事に費やしても、経験という意味で溜まるものはあるだろう。ギャンブルで得られる経験がゼロだとは言わないが、読書や仕事と比較したら、得られるものは少ないと感じる。仮にそれで巨額のお金をゲットしたとしても、だ。
 
まあ、株式投資の仕組みを否定するつもりはないし、開かれているマーケットなので好きにしたらいいとは思うのだけれど、自分はやる気はないかな、と思う。少なくとも、いまのところは。

やるとしたら、前述の通り、固有の株を長期保有する方向になるだろう。そう考えると、インデックス投資あたりが落とし所かもしれないが。

「絶対的な正しさ」に対する考察

ちょっと前に世間を騒がせていたSTAP細胞が有名になった理由は、そういったとんでもない論文が「書かれた」ことではなくて、海外の有名な雑誌に「掲載された」ことなのだという。海外の専門誌というのは、投稿されたどんな論文でも無条件に載せるということはもちろんなく、専門家による厳密な「査読」を経て、はじめて掲載が許される。つまり、STAP細胞をめぐる本当の問題は、「誤った論文が査読をスルーしてしまった」という点にあるのだろう。
 
こうして見ていくと、ひとつの側面が浮かびあがる。論文というのは、どんなにトンデモナイ内容であっても、「書くのは自由」だし、「発表するのも自由」だということだ。ただ、それをしかるべき雑誌に載せようとすると、厳しい「査読」が待っており、それをパスしないと掲載は許されない。「査読」は、その分野の専門家、すなわちライバル研究者がやったりもするらしいから、相当シビアなものだし、場合によっては相手にヒントを与えてしまうこともあるだろう。しかし、ここでポイントなのは、STAP細胞の例で見られたように、「たとえ査読を通過したとしても、それが絶対に正しいとは限らない」という点にある。
 


つまり、ここに「正しさの本質」があらわれている。学校の試験だったら、問題を作成した教師側が「答え」を用意していて、同じ回答をすれば「正解」だと評価される。しかし研究者の場合、「正しさ」を保証してくれる存在はどこにもいない。もちろん、学会での発表や、雑誌掲載における査読などがそれらを担ってはいるものの、STAP細胞の例からも、完全でないことは明らかだ。STAP細胞の論文は、査読は通過したものの、同じようにSTAP細胞を生成しようと世界の研究者が挑戦したが、できなかった。そして、「なんだ、これはインチキじゃないか」ということになり、問題に発展した、というわけだ。
 
つまり、「正しさ」というのは、ある領域を超えると、全く正しさを保証することができない、ということになる。「おそらく正しいだろう」というのがたぶん「正しさ」を表現するうえでは最上位の表現であり、「絶対に正しい」とは「絶対に」言えない。つまり、世界の研究者がおのおの検証して、「おそらく、正しい」と判断するようになったとき、それが「おそらく正しい」ということになり「定説」となる。その事象単体ではなく、他のあらゆる事象と検証してみて、辻褄が合う、というのも「定説」となるために必要なプロセスだろう。なんともファジイで、いい加減に思えるかもしれないが、そうやって「多分これが正しい」というのを積み上げていくのが科学であり、「絶対的な正しさ」を担保する「神・宗教」を捨てた人類の叡智なのかな、と思う。
 
最近、LinuxというオープンソースのOSを開発したリーナス・トーバルズという著名なエンジニアの著作を読んだ。非常に謙虚なことで知られる人で、彼の作り上げたものの功績から、MicrosoftやAppleに匹敵する巨大な存在になれたとも言われているものの、彼自身はそうしたビジネスには無頓着で、Linuxを用いて金儲けすることを好まなかった。そんな彼が大事にしたのが、同じコンピュータ・サイエンスを専門とするエンジニアを中心とした、膨大な人からの「評価」だという。
 
* 

一見すると富や名声に興味がない厭世的な天才、と捉えられがちなのだけれど、やはり土俵を同じくするエンジニアからの「評価」を最重視するのだ、というのがなんとも面白かった。ソフトウェア開発の現場でも、アカデミックな世界と同じく、エンジニアから認められ、「定番」に入ることそのものが栄誉だ、ということである。論文が雑誌に載ったとしても、その後研究者のあいだで「定説」となるまでに長い道のりがあるように、エンジニアの世界にもそれがあるのだ、というのはなんだか面白い。
 
やはり、人類が最後に求めるのは「他者からの評価」なのかもしれない。なにもその形は、ロックスターのように「大勢のファンがいる」ものであるとは限らない。しかし、「全員から一目おかれる」というのが最上位なのかな、と。

スーツを着る人、着ていない人

昔はトラックのドライバーをやってたんですよと言うと、いまでは結構驚かれる。僕は以前、トラックドライバーとして約2年間、実際に中型トラックを運転していた。新卒で入社した会社が物流会社だったのだが、たまたま配属された営業所がトラックドライバー主体で成り立っている営業所だったため、とりあえず配送の仕事を覚えるためにやってみろ、という感じで雑に現場に放り込まれたのだった。
 
深夜から午前にかけての配送の仕事だったので、出社初日は「午前零時」に出社しろ、と言われた。当時は車を持っていなかったので、家から1時間ちょっとかかる会社までどうやって通おうか、と思った。仕方がないので、電車で通うことにしたのだが、田舎だったので、午前零時に出社するというのもなかなか大変で、結局終電で出社することになった。

 
何が負担だったかというと、当時は、制服で出社するのがものすごく嫌だった。制服とはいっても、配送中に実際に着て配送することになる、実質的な「作業着」である。地方の私大とはいえ大学まで出たのに、学歴なんてまるで関係のない仕事をしている、というのが恥ずかしくて仕方がなかった。誰もが知る大企業というほどではないが、一応業界ではそれなりに名が通っていて、10数人ほどの同期がいた。同期は本社の営業本部に配属されたりして、みんなスーツを着て仕事をしていた。現場配属になったのは自分だけではなかったが、他の部署として物流センターなどがあり、みんな現場作業員というよりは、もっと管理職的にセンター運営などに携わっていた。なんで自分だけ、こんなところで働いているんだろう、とはじめは思った。
 
仕事はかなり過酷で、午前零時に出社し、工場で荷物をトラックに積み込む。そこから、朝の5時ぐらいまで、コンビニ50軒にパンを配送するのだ。そして、6時ごろに一度工場に戻り、またパンを積み込んで、もう一回50軒をまわる。分刻みでタイムテーブルが組まれていて、10分でも遅延したりすると店員から罵倒されるし、規定時間から30分を超えると、始末書も書かなくてはならない。何より、雨の日も傘をさすわけにはいかず、パンツまでずぶ濡れになりながら、商品のパンは台車にカバーをかけて死守する、そういう仕事だった(もちろん、パンが濡れていたらクレームになる)。しかも、現場はバリバリの体育会系だったので、「指導」として先輩に胸ぐらを掴まれたり、脛を蹴られたりもした。よくそんな状態で続けたもんだと思う。
 
それでも、一年もすると仕事にも慣れて、新人ドライバーを指導するまでになった。仕事をするうちに、いろいろと改善すべき点が見えてきたので、それらの課題に取り組んでいるうち、上司に評価されて、入社三年目から本社に配属され、その後、海外法人の設立のためすぐに中国に赴任することになった。上司、そして社長から「使い勝手のいいやつだ」と思われたのかは定かではないが、仕事ぶりが評価されたのは間違いないようだ。ちなみに、その上司とはいまでも付き合いが続いている。
 
なんか月並みではあるけれど、スーツを着ていないということが恥ずかしかった最初の頃のことを、忘れないのが大事なのかな、と思う。今なら、別にスーツを着ることなんてたいしたことがないと言えるけれど(いまは、テレワーク中心ということもあって、半袖短パンで仕事をしている)、当時は本当にそれが嫌だった。ともすると忘れてしまうような当時の感情を、覚えておくというのは大切なことだ。

 
当時の学びで一番大きかったものは、なんといっても、仕事というのは一人でやるものではない、ということだろう。スーツを着た人が命令したら、作業着を着た人がなんの感情も持たずに従ってくれる、というわけではない。彼らも彼らの仕事のやり方があり、彼らが働きやすい環境をつくり、彼らの提案に耳を傾け、協力してもらうことが一番大事だということがわかる。何も媚を売ることが必要ではなく、彼らの事情を理解し、「仲間」になってもらうことが大事なのだ。
 
実際に、ビジネスのやり方をそこで学んだわけではないけれど、仕事をするうえでの原点は、やはりそこなのかな、と思う。なかなかハードではあったけれど、そういうものからしか学べないこともあるのかな、と。

現金は「汚い」ですか?

ここ最近、現金を使うことがめっきり減ってしまった。ちょっと前から、日常生活では交通系IDカードであるPASMOを使っている。電車はどうせ毎日乗るし、なんだかんだ日常使いをしていれば事あるごとにチャージはするので、それで運用は十分だった。PASMOが使えない店も最近ではかなり減ってきていて、とりあえず僕の生活範囲であるコンビニと喫茶店で使えるので、だいたいそれがあれば日常生活が送れた。
 
最近は、支払いは主にPayPayで行っている。コンビニでももちろん使えるし、使える場面はPASMOよりも多い。唯一のネックはスマホが電池切れになると使えないということだが、いまのところはそこまで困っていないので、予備のバッテリーを持ち歩いていれば、まあ大丈夫だろう。

 
現金を使う機会がかなり減っているので、逆に現金で払う瞬間に不思議な気分になるようになってきている。ふと思ったのが、もしかしたら「生まれたときからスマホがあった世代」のように、「生まれてから電子決済が当たり前の世代」が、そのうち生まれるのではないか、ということだ。
 
もし、自分の子どもには現金を持たせず、電子マネーだけを渡すとしたら? 案外、それほど悪いアイデアではないかもしれない。少なくとも、スマホ決済であれば、履歴が残るので、子どもが何にお金を使ったのか追うことができる。子ども側は管理されたくはないだろうが、スマホを持っていれば、いつでも親に連絡できるし、いろいろと利点はあるだろう。正しく使うことができれば、テクノロジはいろいろなことを可能にすると思う。
 
今までは現金を使うことがマジョリティで、それがスタンダードなのだけれど、僕は現金をあまり使わなくなったので、逆に現金というものの本質について考える機会が生まれた。現金って、いったいなんだろう。いろんな意味で、「汚い」のが現金だ、ということが言えるだろう。
 
先ほど、子どもが電子マネーを使うことで用途をトレースできると書いたが、それは大人でも全く同じことが言える。少なくとも、犯罪に関わったりすることであれば、電子マネーは使うことができないので、もっぱら現金のやりとりになるだろう。個人的には、電子マネーを使いたがらないのは飲食店などのサービス業者なのではないか、と思う。というのも、飲食店の売り上げは基本的に現金で支払われるので、売り上げを過少申告することなど朝飯前なのだ。下手に利益を出すと税金で取られてしまうので、本当は売り上げがあるのに、現金でそれをもらっていたら、隠すことができる。当然、そういう「汚い」お金は銀行に入れることができないので、どこかに現金で持っておく必要がある。高級車なんかをキャッシュで買う、というケースもあるかもしれない。

 
電子マネーがもっと普及して、いつか現金を使わないような時代がきたら、きっとそういうやり方が通用しなくなって、また少し社会の構造が変わるかもしれない。そういうとき、「お金」というものの本質もまた、少しは様変わりしているかもしれない。
livedoor プロフィール

yahiro

87年生まれ。エレクトロニカと読書とブログとモノクロ写真。
twitterアカウント@yahiro2000

記事検索
月別アーカイブ