がん保険は今のうちに

がん保険のことを話す前に、これからのがんについてこのように書かれています。

 がんは、1980年以降死因のトップとなり、2004年では年間死亡総数102万9千人のうち32万人とおよそ3人に1人ががんで亡くなられています。さらには、2015年には2人に1人ががんで亡くなると予想されており、現在300万人いるがん患者が540万人程度まで急増するといわれ「がんの2015年問題」とされています。

東京大学医学部附属病院放射線科助教授 緩和ケア診療部長 中川恵一 著:「ビジュアル版がんの教科書」

すごく深刻な記事です。死亡の原因の半分が、がんで亡くなるなんて・・・。特に身近な人の中に、がん患者の方がいる場合、とても現実的ですよね。

 がん保険は、がんと診断された時や入院された時に、安心してがんと戦う為の必要な経済的備えとなる保険です。最近では、定期的なメディカルチェックを受けるための健康お祝い金がでたり、診断給付金が何度も支払われたりと、各社各様の保険が販売されています。

もしがん保険にあなたが入っていなかったら。愛する人ががん保険に入っていなかったら。とてもこわいことです。

「転ばぬ先の杖」ではありませんが、がん保険は今のうちに加入を考えるべきです。





女性がん保険 - livedoor Blog 共通テーマ







yahoo5door at 23:42がん保険  この記事をクリップ!
がん保険カテゴリー
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)

SEO対策済みテンプレート