2008年03月06日

ロス疑惑、いまになって三浦和義容疑者逮捕

ロス疑惑、いまになって三浦和義容疑者逮捕
いる。しかも、三浦容疑者はわが国で殺人容疑で逮捕・起訴され、一審では無期懲役となったものの、2審で逆転無罪。検察側は上告したが棄却され、無罪が確定している。そうしたことから、今回の逮捕、有罪にできる新たな決定的証拠が見つかっ
またも冤罪
捜査も問題があるようだ。検察側は「同じ留置場で犯行を告白された」とする女の証言を有力な証拠としていたが、判決は「留置場でのこう留を犯罪捜査に乱用したもので証言は信用できない」と指摘し、検察側の主張を退けた。これ
何が幸いするのか分からない
犯罪を行ったことについて100%立証責任を検察は負担しておるのであるから、検察側が描いているストーリーで犯行を行うことが可能かどうかについては十分検証を行うべきなのであって、このような検証を弁護側・被告人側の負担で行わなければならないこと自体
◎サインしない理由がなかった
可能性は乏しいという。異議を求めることのできる http://sankei.jp.msn.com/
デザイナーは17歳!EPSONナカジマ体制発表 スーパーGT
4)「警察も検察も、無理矢理二郎さんを絡め…」 弁「(恐喝未遂が行われたとされる現場で)男性が(1000万円を支払うことで債権を放棄することを)しぶっていたと聞かなかったか」 《男性はこれまでの公判で検察側証人として出廷。「
兄殺害と放火、無罪
る心証形成に至らなかったと結論付けた。弁護側は「犯行告白は捜査情報に沿うように作り上げられたもので、そもそも存在しない」などとして争っていた。判決は窃盗など二つの罪についてはほぼ起訴事実通り、検察側の主張を認めた。最初の逮捕から約4年
兄殺害と放火、無罪
る心証形成に至らなかったと結論付けた。弁護側は「犯行告白は捜査情報に沿うように作り上げられたもので、そもそも存在しない」などとして争っていた。判決は窃盗など二つの罪についてはほぼ起訴事実通り、検察側の主張を認めた。最初の逮捕から約4年
それでいいの??
。追起訴された3件の窃盗罪について罪状認否が行われ、男は「間違いありません」といずれも起訴事実を認めた。検察側は「お金ができるとお父さんが好きなパチンコをすることができると思い、一緒に盗みをしていた」とする長男の供述
代用監獄制度を悪用した警察のデッチ上げ事件
」とした。女性被告は捜査段階から、一貫して犯行を否認。弁護側は「同房女性は警察のスパイで、違法な捜査手法。告白内容はねつ造」と冤罪(えんざい)を訴えていた。検察側は「犯行告白は客観的な事実に合致する。女性に捜査情報は与えて
「それでもボクはやってない」
そんなマニアにはなれないし、なりはしないが、1度は刑事裁判を傍聴してみたいとは思うことではあるが・・・。弁護側と検察側の争いといい、裁判所の在り方といい、被告人の立場からすれば矛盾だらけで、思うように事がはかどらない。しかし

ロス疑惑、いまになって三浦和義容疑者逮捕 デザイナー


yahooauction004 at 21:24│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔