ちょっと質問したい事があるのですが、貴方も実際に会えると言われている優良の出会い系サイトを使った事がありますか?

もし使った事があるのなら、実際にどのくらいの女性と出会う事ができたか数えてみて下さい。

おそらく1人とも会えずに終わっていると思うのですがそんな事は御座いませんか?

運よく会えていたとしてもせいぜい数ヶ月かけて1人か2人という成果では無いかと思います。

これはYahooパートナーに限った話では無いのですが、出会い系サイトで魅力的な女性に会うのは簡単な事では御座いません。

殆どの男性が登録したはいいものの、実際に会うことができないまま終わっています。

何故だかわかりますか?

理由は簡単です。

この世界、ライバルが異常に多いからです。

出会い系サイトは気軽にメールから始めることが出来るので、ナンパと違って顔を直接合わせる必要がなく、例え無視されても怖くは御座いません。

しかも家に居たままで、恋人を求めている数多くの女性と手軽に接触する事が出来るようになります。

こんな美味しいシステムを世の中の男性が活用しないわけが御座いません。

女性が登録している以上にずっと多くの男性が登録しているんです。

実際に利用している女性に聞いた事があるのですが、女性は1日に何十通、下手すると何百通というメールが送られてくるので、チェックするだけでも大変な作業になっています。

当然、全てのメールに返信する事も御座いませんし、直接会ってくれるわけが御座いません。

女性は毎日数多くの男性からメールでアプローチされ、その中からプロフィールで厳選して、「いいな」と思えた人にだけメールを返信し、その後仲良くなれたらやっと会ってみよう…という風にサイトを活用しています。

とても重要なことですが、魅力的な女性と実際に会う為には、ライバルに負けないプロフィールやメールでアプローチし無くてはいけないという事なんです。

ただ出会い系サイトを使っていても出会えないという事です。
 


“コピーライター VS Yahooパートナー”

当時のわたしは、女性がそこまで数多くの男性からアプローチされているという事を知りませんでしたが、それでも問題があるとすれば、プロフィールとメールだろうという事は想像がつきました。

しかしプロフィールと言っても、わたしは人に自慢出来るような容姿を持っているわけでもないし、これといった特技や高い収入も御座いません。

「こうなったら年収や学歴に嘘をついてやろう」

と一瞬考えた事はありましたが、そんな事をして実際に会ってから幻滅されるのは嫌ですし、何より偽りの魅力で女性を手に入れるという行為には、こんなわたしでもプライドが許致しませんでした。

嘘だけは絶対につきたく御座いません。

だから、徹底的に自己紹介文とメールで勝負してみようと決めました。

わたしにはもうこのサイトしか頼るものは無かったし、実際に彼女ができた先輩だって特別目の引くようなステータスを持っているわけではなかったので、何かコツを掴めば上手くいくはずだという思いがありました。

しかし、どういう文章を書くと女性ウケが良いのかまったく思いつきません。

すごく悩みました。

自分の将来がこれにかかってくるかもしれないので、大袈裟ではなく死ぬ程悩みました。

そのとき思い出したのが高校時代の友達です。

わたしの友人に、独立してコピーライターをやってる友達がいます。

コピーライターって知ってますか?

言葉としては良く聞くと思いますが、日本でプロとして活躍している人はほんの一握りなので、余り身近に感じた事は無いと思います。

要は宣伝広告文を書く人です。

商品やサービスに対して、最高の売り込みのメッセージを考えて、フラッととおりかかったお客さんに衝動買いをさせたり、ケチで無駄遣いはしないような人にもお金を出させてしまいます。

ちょっと物騒に聞こえてしまったかもしれませんが、四六時中文章で人を引き付ける事を考えていて、それで生計を立てている文章のプロフェッショナルなんです。

彼が仕事で打っているメールを見た事がありますが、わたし達一般人が書くそれとは別物で、客の深層心理に入り込み、巧みなボキャブラリーと表現力で思わずその気にさせてしまいます。

わたしは「この力だ」と思ったのです。

出会い系サイトのプロフィールやメールというのは、いわば「自分」という商品を売り込むメッセージであって、それを見た人が思わず連絡を取りたくなってしまうような文章が必要だと感じました。

文字で人の心を掴むスペシャリストのコピーライターであれば、そんなプロフィールやメールを書けるに違いないと思い、その友達に相談に乗って貰いました。

「おもしろうそう」という理由で彼は快くその相談を受けてくれて、早速Yahooパートナーでウケが良さそうな文章を考えてくれました。

それが何とも見事な内容でした。

女性の欲求を逆手にとりながら、且つYahooパートナーというシステム特有の癖も利用して、どうしても女性が無視でき無くなるプロフィールになっています。

そしてそれが見事に的中し、今までいくらメールしても1度も良い返信が無かった所から、3通送れば1通はOKが返って来るようになりました。

しかも今度は女性からもメールが来るようになりました。

やっと暗いトンネルから抜け出す事ができたと思い、その日以降はハイペースでメールのやりとりを続けました。

そしてようやく1人の女性と実際に出会う約束をしました。

今度は携帯の連絡先も交換して、お店もバッチリ決めています。

期待を胸に膨らまして待ち合わせ場所へ行きました。

すると、そこではまったく予想だにしていなかった事件が待っていたのです。