木材屋さんのブログ

100年以上の歴史ある木材屋さんの「木」にかかわる日々を紹介します。

大きい木材が出荷待ちです。
大きさは30センチ角、昔から尺角(しゃつかく)と呼ばれる木材です。


材質はニュジーランドの松材。長さはほぼ5メートルあります。
ゼネコンさんに用途を訪ねましたら、重機の下に敷く「りん木」とか。
よほど大きなものが乗るのでしょうね。

P1370315

キンバー(楔・くさび)はいろいろなものを作成しております。木材の樹類はニュージランドパイン、チリマツ、アカマツ、国産スギ、ベイマツ、合板などを用途によって作ります。用途によって加工する機械も異なります。土木用に利用する場合、例えば矢板などに利用する場合、トンネル工事に利用する場合などは精度は大まかです。2-3ミリの公差(こうさ、tolerance)があります。
公差とは、一般に機械工学において許容される差のことで、許容差最大値と最小値の差を公差と呼びます。
特殊自動車のタイヤ止めキャンバーなどは1ミリぐらの公差ですが、
鉄道車輪用のキャンバーなどは0.5ミリの公差です。
写真は特殊自動車用のキンバー、土木用のキヤンバー、トラック用キャンバーです。

1_000000000046[1]
0000000000332[1]

1_000000000044[1]

このページのトップヘ