木材屋さんのブログ

100年以上の歴史ある木材屋さんの「木」にかかわる日々を紹介します。

今日は木の日です。「木」を分解すると十と八になることから、この日が選ばれました。
この日こそ私たち木の業界は会社自らが、出来る範囲で木の良さや、自分たちの主張を発信したらといいのにと思います。

最近の2つの話題、①ブロック塀の危険さ、②プラスチックの環境汚染があります。この機会に木に関係している者として二つの事を訴えます。
①木の塀は軽いのでたとえ倒れてもブロック程の危険はありません。一般の方が思っている以上に耐久性があります。寿命が尽きても環境負荷を与えません。また間伐材などを利用すれは最高のエコ素材で、CO2の固定化に役立ちます。(残った木が生長家庭でCO2を固定化するので)
②最近流行の人工木材(樹脂木、再生木)はエコと言われていますが、実際は普通ゴミとしては処理できないものがほとんどです。
環境という面から考えると本当のエコロジーとは言えないと思います。適切な計画であれば木は完全に循環できる素材で、完璧な素材と言っていいでしょう、今のところ他のどんな素材よりも優れています。
1051-fence-image23

土木仮設材の中川木材産業ですが、ウッドデッキでは日本で最初に開発し、設計施工やキット商品も業界最初に発売致しました。この部門では一般のお客様やゼネコン、建築会社、造園会社、設計事務所からの下請け施工もしております。また一般個人のお客様が自分で組み立てるキットデッキ商品も製造発売しています。
つまり中川木材産業は土木用材の加工や販売と木製エクステリアのメーカーという2つの顔を持った会社というわけです。
このたびこのウッドデッキ関係の部門のホームページがリニューアルしました。ぜひ一度ごらんください。
180920-se
181003-ya

このページのトップヘ