トルコデモのブログ

トルコでは今何が起こっているのでしょう? 海外のことなのでなかなか情報が伝わりにくいと思いますが私は以前トルコにいたこともありトルコに友人がたくさんいるので彼らがfacebook, twitterなどにアップした情報のうちからいくつかご紹介します。

更新あいてしまい申し訳ありません。

あまりニュースがなかったので書くこともありませんでした。一時期は私のfacebookフィードを埋めていたトルコ関連情報も沈静化してきました。


トルコもラマダンに入りましたがデモやその鎮圧はまだ続いている模様です。

BPFPz9iCQAA-leK











警察車両がアパートを攻撃している模様です。twitterのフィードから流れてきました。別にデモ隊もいないようですので何を攻撃しているのでしょうか。タクシムでもデモがあったようです。


Basak Aydın
Taksimde yine biber gazi, tomalar, akrepler, plastik mermiler, kafasindan vurulanlar..100 metre ileride bu siddeti tezgahlayan sozde dindar hukumetin iftar sofralari.. Ikiyuzlu yalancilar her gun daha da rezillesiyorlar.. Bu arada, biber gazi helalmis, kendi rizanla yutmadikca orucu da bozmazmis. Supermis.

日曜日はGay Prideの日でした。

NYでもサンフランシスコでも大きなGay Prideパレードがあった模様です。


今年はトルコのイスタンブールでも非常に大きなパレードがあったようです。いままでで最大だったとか。

1009886_538610192841059_990786742_n










当然ながらイスラム教では同性愛はご法度なので社会が変わってきたということでしょうか。多様性を許容するようにトルコがかわってきているのはいいことです。一連の反エルドアンデモによりだいぶ勇気付けられた人がたくさんいるのでしょ。いまだにロシアなどでは同性愛者はおおっぴらにパレードなどできないようですのでトルコが進歩しているのをみるのはうれしいことです。

みなさまご無沙汰しております。

なかなかニュースなかったのですが少し事件があったのでご紹介します。

長いタイトルになりましたがロイターによるとイスタンブールで数千人規模のデモがあったようです。


http://www.reuters.com/article/2013/06/29/us-turkey-kurds-idUSBRE95S0DE20130629?feedType=RSS&feedName=worldNews


金曜日に東部のDiyarbakır(ディヤルバクル)でクルド人のデモが警察から発砲をうけて18歳の男の子が死んだそうです。それに抗議するためイスタンブールで数千人のデモがタクシム広場を目指して行進したが警察に阻まれ広場には入れなかったようです。放水などはなかったそうです。

ほとんどの人は2時間ぐらいしたら帰ったと。


これまでのデモによってクルド人と中産階級のトルコ人の溝が埋まっているのでしょうか?

皆さんいい週末をお過ごしになったでしょうか?

私の方はトルコ情報があまり入ってこなくなったので何がおこってるのかよくわかりません。ギゼムもボストンいったのであまりニュースを見てないようでした。

トルコ人熱しやすく冷めやすいので(ついでにいうと忍耐力も我慢強さも一般的にはないです。)もうデモ飽きたのですかね?

どうもデモは継続してるようですが私のfacebookフィードでは確実にデモ関連のものは減っています。


下はギョクチェがアップした土曜日のタクシム広場の様子です。

1044121_485378091539630_62054852_n










という訳で未だにデモは継続してるようですね。


blogosに今週末のデモについての記事があったのでリンクはっておきます。

http://blogos.com/article/64798/


ギゼム情報によると先週紹介したAKPの党大会では参加者を増やすためにバスを仕立てて地方からたくさん人を送り込んだようです。

下のブログにErdogan had to ship and bus his supporters from all over the country. Few were impressed. とあります。

http://www.lrb.co.uk/blog/2013/06/19/tariq-ali/in-ankara/

皆様どうおすごしでしょうか


少し更新開いてしまい申し訳ありません。というのもあまり書くことがなかったので…

先週末は私のフェースブックは怒りに満ちあふれていたのですが最近はあまり大きな事件は起こってないようです。

最近おおいアップデートはブラジルのワールドカップの反対デモと黙ってたっているデモぐらいですね。個人的には黙ってデモしててもつまらないと思うんですけど…

エキンからも特に凄惨な画像はきていません。


NYタイムズにデモがトルコ経済に与えうる影響について書いてあった記事があったのでご紹介します。


http://www.nytimes.com/2013/06/17/business/global/17iht-dixon17.html?adxnnl=1&adxnnlx=1371412947-VNAUpURNz5kLqADiiP8y5Q&_r=0


記事の要点をまとめると

デモが始まってからリラは下落してるし金利は上がってる

外国人投資家は1400億ドル分の国債とトルコ株をもっている。金利が上がれば彼らは損をする。

彼らがトルコの将来への不安を感じれば資金を引き上げる。

2011年の成長率は8.5%だったが2012年は2.6%に下がった。トルコは高成長国ではなくなった。

消費は購買力より伸びていて輸入超過になっている。

これまではトルコの赤字は国外からの投資家によって支えられていた。

政府債務はGDPの35%で健全。

しかしデモによってトルコがいい投資先であるという考えに疑問が出てきた。まず政治が安定しているかわからない。そして首相がどれだけ市場のことを重視してるかはうたがわしい。

観光客がトルコを敬遠すれば経済に影響がある

現在の貿易赤字は短期の投資によって支えられている割合が高くなってきた。

次の一年間でトルコは2050億ドルを必要としている。中央銀行の準備高は1300億ドル。


要するにトルコは短期資金が一杯必要でもしそれがデモによって滞ることがあればエルドアンを人気者に仕立てた経済成長という理由が消える。彼は自分のことを気にするのであればデモを穏便に収束させるべきだとあります。




このページのトップヘ