Mr.YAJICの特別支援教育

自閉症から重症心身障がいまで・・・子どもたちへの支援の日々を紹介。 家での支援、E-Yo!視覚支援clubについても綴ります

カレンダー依頼 2017

IMG_1795_R
12月のある日、小学部のK君が自立の部屋にやってきた。
恥ずかしそうにモジモジしながら「(今年は)ウォリアーズのカレンダーをつくってほしい」と。

ちょうど1年前、大好きなサッカー日本代表チームのカレンダーを作って、K君にプレゼント。

その後、バスケットに夢中になったK君は、地元のバスケチーム信州BRAIVEウォリアーズの大ファンになっていたのだ。

もちろん喜んで引き受けると、ニッコリ!そして、使う写真も自分で選びたいと。翌日からk君は、昼休みになると息を切らせて自立の部屋に飛び込んできた。

PCで写真を検索して、「〇月はこれがいいな」と嬉しそう。
写真を見ながら、それに合った言葉も自分で決めて準備完了!
IMG_1792_R
本物以上に本物らしく、かっこいいカレンダーを作ろうと制作。E-Yo!視覚支援clubですから、カレンダーもPowerPointで作っちゃいました。

12月末にK君に渡すと、ニッコニコ(^^)/  
1枚だけ異色の月があり、それを見るとデレデレ顔(*^^*)
見せられないのは残念だけど、さすがに見せられないけど、こんなに喜んでもらえてうれしい限り♪

マネキンチャレンジ

スライド1_R
去年の11月の話ですが、SSTのネタに困って検索していると、ちょうど『マネキンチャレンジ』がヒット!当時、ちょうど流行り出していたので、さっそく授業でやってみました。
スライド2_Rスライド3_R
スライド4_Rスライド5_R
どんなシーンがいいか話し合い、それぞれのポーズを決め、やりたい子がカメラを回して、さっそく撮影開始📹
062_R
先生たちにも入り、躍動感のあるいい映像が撮れました。
その場でBGMを付けて観ると、生徒たちも大喜び(^^)
さっそくTAKE2📹思いがけず面白い授業になり、ほっと一安心。 

2017年

年賀状2017_R
新しい年になりました。 今年もよろしくお願いします。
鳥は息子が書いた絵です。

新語・流行語大賞

スライド1_R
12月の授業では、毎年恒例の『新語・流行語大賞』を紹介。
スライド2_R
トップ10+アルファ=16項目
大賞になったけど、「神ってる」は使ってないと評判。説明が難しい言葉もあったけど、高校生なので全て紹介してみた。
スライド3_R
今回バージョンアップしたのは、生徒が選んだ項目は画像になり、残った項目が一目瞭然で見やすくしたこと。
スライド4_Rスライド5_R
スライド6_Rスライド7_R
スライド8_Rスライド9_R
スライド10_Rスライド11_R
生徒が選ぶと、ハイパーリンクで紹介スライドにジャンプ。
説明だけで終わらないように、質問やクイズも入れるようにした。
2017年は、どんな言葉が流行るかなぁ。

訪問でクリスマス

IMG_1681_R
月2回訪問に行く機会があり、12月最後はクリスマスVersion。
クリスマスソングのスキャンスライド。
1曲ずつ大きくカラーで表示。
数秒ずつ歌も流れ、順番にスキャンされていきます。
OAKにつないで、選んだ曲の動画が流れます。
スライド1_R
スキャンされる9曲はこちら。
IMG_1671_R
ウトウトしていたK君も、目の前の箱が開く瞬間には大きく目を開きました。この瞬間の目力がすごいんです!
出てきたのは、かわいいクリスマスケーキ。
一緒に味わうことができました(^^)。 

ストレス解消クッキング

IMG_1761_R
クリスマス連休、少し余裕があったのでストレス解消にクッキング。
岐阜県中津川名産のちこりを使った前菜。
いろいろ乗せるだけで、見た目も味わいも楽しめます。
IMG_9221_R
大きめのマッシュルームが売っていたので、タルト仕立てに。
マッシュルームの下には、玉ねぎとベーコンのソテー。
昔はマッシュルームといえば缶詰しかなかったし、しかも贅沢品と思ってた。生の大きいマッシュルームは美味しい。
IMG_9231_R
生ハムとキュウリで巻いたオードブル。
中には、海老とアスパラとオレンジ。これ、けっこういけます!
IMG_9251_R
ゴボウが余ったので、鶏肉で巻いたボロティーヌに挑戦。
赤ワインソースに、ゴボウと一緒に煮込んで盛り付ければ完成。
肉がジューシーでワインの香り、ソースつけなくても美味しい。
 
久しぶりの記事が料理でしたが、学校の様子も紹介してきます。 

お久しぶりです

IMG_1521_R
生徒に誘われ、学校林を散歩。
ふと見上げると、どんぐりの木も葉が落ちて、すっかり冬支度。

久しぶりにあった知人に、「生きてた?」と聞かれた。
翌月、またもや別の人に「生きてた?」と

ブログも更新してないし、ちゃんと生きてる証に、また綴ろうかなと思います。全国的にはもう冬休みかもしれないけど、どんぐりっko!は明日が終業式。

SST研修会

スライド2_R
夏休み、地域のコーディネーター研修会に呼ばれて行ってきました。いただいたお題は、『SSTの理論と実際』
スライド3_R
理論ということなので、基本的なことも一応おさえておく。
スライド4_R
どっちが大事かと聞かれれば、「ビックチャンス型(機会利用型)」だと思います。
スライド8_R
だから、こちらの意識次第で
 「いつでも どこでも SST」になるのです。
BlogPaint
SSTの実践を紹介するとともに、みなさんにもいくつか体験してもらいました。やっぱりこちらの方が、たのしく盛り上がります。
プチ授業ですね。

さよなら はな子

IMG_2916_R
土曜日に、井の頭自然文化園で『はな子とのお別れ会』が行われたそうです。5月に国内最高齢で亡くなったアフリカゾウのはな子。
井の頭動物園には、息子と何回か行きました。
IMG_2594_R
壁際の隙間に、ピッタリ入ってバケツの中のエサを食べるはな子。
IMG_2599_R
ホースをくわえて遊ぶはな子。この頃は、まだ元気でした。
IMG_2982_R
亡くなる数か月前には、舎内で過ごす時間も増えていました。
エサも飼育員さんに食べさせてもらっていました。
IMG_2981_R
ジーッとはな子を見つめて動かない息子。
今まで、他の動物園に行ってもゾウをずっと見てることなんて一度もなかったのに・・・。舎内に入って、 ゆっくりゆっくり動くはな子。
1時間半以上、閉舎するまで見つめたまま。

なぜ、はな子の所から動かなかったのかはわかりません。
弱っているはな子を心配していたのかもしれません。
きっと何か感じるものがあったのでしょう。
そんな彼の眼差しでした。

はな子といえば、生前「世界一悲しいゾウ」として世界中から注目されました。コンクリートの檻の中で孤独な暮らしは、あまりに劣悪でかわいそうだと・・・「生まれ故郷のタイに戻せ」「保護区域に移すべきだ」「仲間のゾウのいるところへ」等、嘆願書は、世界で25万人以上集まったそうです。

たしかに、井の頭動物園のゾウ舎はいい環境とは言えません。
他のゾウと一緒に暮らせたらいいとも思いましたが、高齢のはな子が引越しするには、あまりにリスクが高すぎることを、どれだけの人がわかっていたでしょうか。

ゾウは、枝の折れる音がしても警戒して動けなくなるほど神経質な動物です。東山動物園で新ゾウ舎ができたとき、新しい環境になれるため何カ月もかけて引っ越しをしたそうです。
新ゾウ舎へ続く道を作り、毎日少しずつ歩いて近づいては帰っていくことを繰り返しました。一番警戒心が強く、引越しに時間がたいへんだったのは高齢のゾウだったそうです。

ですから、はな子にとっていい環境(ゾウ舎)があったとしても、引越しすることでどれほどのストレスを与えたか計り知れません。
海外への移動など、残り少ない命を縮めるだけだったでしょう。

考えるべきは、はな子にとって本当の幸せは何かということでした。実際、飼育員さんたちは、毎日バナナの皮をむいては直接食べさせていたし、大好きなおにぎりも毎日握っていました。

慣れた環境で、慣れた人から世話を受けて暮らすことが、はな子にとっては一番良かったことだと思います。

福祉施設の方と話をすると、「ご本人にとっての幸せは何か」を考えていると言われます。まわりが勝手に決める「幸せな生活」ではなく 、本人にとって何が一番幸せにつながるのか忘れたくない視点です。

日本一高齢で亡くなったはな子は、世界一悲しいゾウではなく、日本一愛されたゾウでした。安らかに。 

信州カンファ2015 ベストショット

いよいよ明日は、信州カンファです。
結局、去年のカンファレポもせず終わってしまったので、昨年の実行委員のベストショットだけ公開します。

今年は実行委員の出番が多いだけに、どんなベストショットがみられるか楽しみにしていてください。
IMG_8929_R
どの講座も人気のしましまさん。話の内容もさることながら、しましまスマイル全開で話されたら、よけいに引き込まれちゃいますね。
これぞ、2015のベストショットと思いきや、ベストショットは最後に出てきますよ。
IMG_9093_R
われらが実行委員長のベストショットはこちら。
正面から語ってくる迫力あるショットも好きなんですが、ゆったり語るときの横顔もステキなんですよね。 
IMG_9100_R
そんなToru's Barに訪れていたのが、今回から実行委員に加わったmapleさん。委員長との会話に見せるこの笑顔。
今年はどんなオシャレを見せてくれるのか楽しみです。
IMG_3248_R
もはや何の発表かもわからないOh田君のショット。
しかし、講座に出た人には、ずっと記憶に残るに違いない。
今年は、どんなパフォーマンスとVOCAを僕たちの脳裏に焼きつけてくれるのか。
IMG_8975_R
bo-yaのショットは、恒例のインフォメーションにしようと思ったけど、この教材自慢の1枚に決定。教材自慢の名言「かなりのクロリティ!」 をいいながら、思わず照れてしまったシャイな一面。
IMG_8981_R
画伯が、白衣を着て登場。僕の講座と時間がかぶっていたので、自分で撮れず残念。
『格付けチェック』での本田との本家Drops対決は見ものです。
IMG_3232_R
自分のショットも紹介。このあと、時間を間違えて15分早く終了してしまいました。続きは今年紹介します。

そして、いよいよ信州カンファ2015のベストショットの中のベストの紹介です!残っているのは、あの人・・・
IMG_9109_R
撮った瞬間、最高のショットが撮れたと確信した代表の1枚。
このとき代表は、昔作ってきた支援機器を紹介していました。

そして、懐かしさを込めた語りが止まった瞬間に見せたのがこの笑顔。僕は思わずシャッターを切りました。

この笑顔には、代表の何十年という深みを感じたからです。
瞬間に見せる笑顔ではなく、昔を思い出し、酸いも甘いも味わってきた男の笑顔。

こんな素敵な瞬間に会いに、カンファレンスに来てくださいね。 

三重県自立活動研究会

IMG_0347_R
21日には、三重県の津市に行ってきました。
三重県自立活動研究会のスーパーPT many田先生からの依頼で三度三重県へ行くことができ、とても嬉しく感じました。

顔なじみの先生も含めて、スタッフの方たちと前夜に懇親会も開いていただき、たのしい時間を過ごせました。
スライド1_R
演題は、『自立活動七変化~いつでも どこでも 自立活動~』
自立活動の活動内容を、いろいろ集めて一気に公開!
スライド2_R
重心・肢体不自由~発達障がい・愛着障がいまで、なんでもありの自立活動七変化。
スライド3_Rスライド4_R
こちらの持ってる願いや意識によって、同じ活動・教材でも、ねらいは違ってきます。そんな実際の内容も紹介。
IMG_0356_R
同会場では、土日の2日間『ライフサポートフェスタ2016』が開催されていて、総勢41の事業所等の福祉機器展がありました。

また、8人の先生方の熱い想いと温かい願いのこもったポスターセッションも聞けて、刺激と勉強になりました。
many田先生をはじめ、呼んで下さったみなさん、ありがとうございました。

2日間の研修を終えると、信州カンファまで1週間を切っている現実に戻りました。ここからがラストスパート!がんばるしかない!

保護者研修会

スライド6_R
17日から2学期が始まった信州。
20日に、地域の保護者会からの研修依頼があり行ってきました。
いただいたお題は2つ。
1つはネット社会の危険から子どもを守る方法。
スライド8_Rスライド9_R
自分自身はアナログ人間なので、いろいろ調べて話を構成
以前ネットで話題になった『スマホ16の約束』も紹介。
IMG_0339_R
子どもたちにどうやって危険を教えたらいいのか?という質問もいただいていたので、子どもたちが読んで学べる本を紹介。
親がうまく話をできればいいのですが、こういう物を使った方が楽だし、情報も網羅されているのでいいと思います。

これから使いたいという子には、『スマホ免許』なんか、車の免許みたいに何点以上取ったら使えるようにしてみるのもいいかもしれません。それに、マンガや絵がいっぱいあり、大人にとってもわかりやすいです。
スライド10_R
もう1つのお題は、『兄弟との関係』
スライド11_Rスライド12_R
兄弟姉妹に障がいをどう伝えるたらいいのか?という質問もいただいていたので、配慮点の他に子どもが読んで学べる本も紹介。
IMG_0338_R
スペース96みたいになりました
後半は、話をもとに座談会。どちらも初めていただいたお題なので、準備しながら僕も勉強になりました。

小学校研修

スライド1 - コピー_R
地元の小学校からのオファーがあり、研修会へ。
ここ数年の研修で多いのは、やっぱりユニバーサルデザイン。

あと流行りは、ICT、インクル―シブ教育かね。合理的配慮も加わってきたし。僕のストライクゾーン、ギリギリのところばかり
それでも、オファーにはなんとか応えねばと準備。
スライド3_Rスライド6_R
スライド5_R_Rスライド7_R
ただ、今回困ったのが、ユニバーサルデザインで特に算数についても教えてほしいという依頼。いやいや、算数は無理ですよ
それでもいいと言うので、算数についても学び、提案だけはさせてもらいました。
スライド10_Rスライド11_R

トントントン

4月にインフルエンザにかかって寝込んで以来

家に帰ると、毎日息子が「トントントン」と言って肩を叩いてくる

たった3回の肩たたき

肩のコリは取れないけれど

心のコリには、すごく効く

ユニバーサルデザイン研修

IMG_9265_R
6月のある晴れた日。E-Yo! 時代に一緒だった先生からのオファーで、bo-yaと小学校へ行ってきました。
IMG_9272_R
研修内容は、視覚支援を中心としたユニバーサルデザイン。
bo-yaとのコンビは、信州カンファ以来かな。
今回は、ワークショップもいくつか入れてたのしく進行。
スライド14_R
授業の小ネタスライドを紹介。がまくんの気持ちは?
スライド16_Rスライド19_R
スライド21_Rスライド23_R
算数に使えるアイデアもいくつか紹介。
bo-yaとテンポよく進める講座は、やっていても楽しかった。 
最新コメント
最新トラックバック
またもや (カンカン の ひとりごと♪)
廊下パソコンコーナー②
決めつけてはいないか? (カンカン の ひとりごと♪)
涙のわけ
QRコード
QRコード
信州カンファレンスblog

信州特別支援教育
カンファレンス情報
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ