2009年06月12日



ちょっと前のことですが、ナムとご挨拶がてら、わが両親の故郷である鳥取へ行ってまいりました。しかも、京都からレンタカーで車旅。

途中、城崎なんかにも寄ったりしましたが、日本海沿いを走るその国道からの眺めは圧巻・・・といいながらも、ただただ運転に疲れ、鳥取に早く到着したかった私に、写真など取る余裕なし・・・(泣)。


で、先日某新聞では「これまで出身者にあったことの無い県、ナンバーワン」に輝いた鳥取県ではありますが、ご存知のとおり、鳥取砂丘なる有名観光ポイントございます。

一応宣伝。

じゃじゃーん。こんな感じです。

P1050110









凧揚げやウィンドスポーツ(なんていうの?ハンググライダーじゃないし・・・)を大胆に楽しむ人々もいっぱい。

P1050119








P1050120










ちょうど、砂像展が開催されていました。
世界各国の砂像製作家?が、砂像をつくって、その完成度を競い合います。

P1050165














P1050166
















美味しい日本海の幸もあります。これで1000円以下!

P1050173









以上。

運転は死ぬほど疲れ、当分ハンドルは握りたくない感じではありますが、おじいちゃんもおばあちゃんも親戚一同も大いに歓迎してくれて、とてもとても楽しい里帰りとなりました。

みなさま、鳥取に一度お越しあれ〜。

(23:59)

2009年04月14日



週末2日間、ベトナム人幼稚園生を那須でご案内しました。できるだけ色んなものを見せたい!と張り切って運転しまくりました( ´∀`)つ


1)那須ハイランドパーク。

50697_1







土曜日だったにも関わらず、がーらがら。全アトラクションに乗り放題ヾ(=^▽^=)ノ

ディズニーランドより安いし、長時間待たなくても良いし、何よりも高速アトラクション好きなお嬢ちゃんにはもってこい!

お嬢ちゃんは、初めて体験するものばかりで、大興奮でした。


ちなみに、入園券だけをゲットし(藤和リゾートの住人は無料。いぇい。)、アトラクションには乗らず、完全にガイド役に徹し、お嬢ちゃんの喜ぶ状態を見ているだけで満足だった自分に「あ〜、私もおばちゃんやなぁ」と遠い目( ̄∠  ̄ )ノ




ハイランドパーク内にレゴランドがあって、子供たちが自由にレゴで遊べます。

P1050012













P1050013













P1050015













この居眠り中のおっちゃんは、ちゃんと鼾もかいてます。

P1050017
















2)南ヶ丘牧場

馬に乗ったり、馬に餌をあげたり、ヤギや羊、ウサギと戯れたり。

P1050048









釣堀で虹鱒を釣って、そのままグリルして食べることもできます。

全虹鱒を飢餓状態にしてあるようで(笑)、釣り糸を垂れた瞬間、大量の鱒が食いつきます。お嬢ちゃんにも釣れるってことです

収穫物はランチに。お嬢ちゃんは、なんと虹鱒食べながらビールを飲みます・・・。

P1050052









3)茶臼岳

ケーブルカーで上のほうに上がったら、雪がたくさん残っていました。

お嬢ちゃんは、またまた人生初の雪に大興奮

P1050065












P1050055










4)那須ガーデンアウトレット

今年できたばかりのアウトレットパークへ。

でも到着が遅すぎて、全然お店を回れず、収穫物はなし。残念。

そもそも、自分がそんなに買い物好きじゃないもんで、アウトレットパークっていうものに来るのは初めてだったのですが、仙台や御殿場のアウトレットパークのほうが巨大なのかな(どっちも行ったことないけど)、という感じの規模でした。






そんなこんなで、2日間に、念願の雪も見ることができて、大喜びのお嬢ちゃん。
いつまでも那須での思い出を忘れないでいてくれたらいいなぁ・・・と、おばちゃんは願うのでした。


おまけ:

我が家の朝ごはん。

お嬢ちゃんは、生クリームで顔を書いては、スプーンで掬って舐めていました(-д-)ノ

P1050039

(12:30)

2009年03月15日



ザンビアについて、忘れないように備忘録。


気候が良いです。日差しは強いけれど、風が心地よい感じ。
とにかく広大です。人口密度がとても低いので、町並みもあふれる緑の中にイギリス風の建物ぽつぽつが立っている、という感じで、すっきりしています。
そして、ハノイにもカンボジアにもラオスにもない巨大なショッピングモールがちょいちょいあります。SUBWAYもSPARもあるのです


ザンビアは、さすがイギリス植民地であっただけに、教育システムや交通システムは非常に発展しているのですが、料理が発展途上のまま止まっている模様です。イギリスめ。

唯一の料理といえるのが・・・

シマ(nshima)という、コーン粉を水とともに沸騰させて練り練りしたもので、ペーストと蒸しパンの間のような食感です(写真右の白いもの)。味はないです。

P1040889







これを豚(Zampork)・牛(Zambeef)・鶏(Zamchick)・魚(ティラピア)のトマト煮、キドニービーンズ(まさにイギリス)、野菜炒めとともに手で食べます。


感想としましては、想像よりは美味しいけれど、お米と食べたらもっと美味しいだろうなぁ、という感じでしょうか・・・




ビールもあります。強いアルコールはあまり飲まないらしく。

P1040670













それよりもサイダーが美味しいです。リンゴ酒です。毎日飲みました。

P1040920















交通システムはすばらしいです。
東南アジアのあのハッスル(めちゃくちゃ運転、信号無視、ビープならしまくりetc etc)は全くありません。イギリスよりも交通マナーが良いくらいです。
運転免許も、まるでイギリス運転免許のコピーです。
ザンビア人が最近ひどくなった嘆く「交通渋滞」も、東南アジアに比べたら、交通渋滞には全く入りません。かわいいもんです。

P1040664







P1040662










教育システムもすばらしいです。
ザンビアではEnglish medium、すなわち小学校から完全に学校教育を英語で行います。
本屋さんで教科書を色々見てみると、教科書の内容もとてもリッチです。恐らく日本の教科書をはるかに凌ぎます。そして、公立も私立も学校によって制服が違うらしく、可愛らしい制服を着た小学生が田舎の道を延々と歩いているのをよく見かけました。

P1040924








例えば、中学1年生に『水処理の方法』とか教えないよね、日本。Boiling、Distillation、Decanting、Chemical treatmentそれぞれの仕組みと効果とか。私は、これ、大学でEnvironmental Science専攻でやっと学びました。他にも例えば『水産』として、様々な漁業と漁具、水産養殖の仕組みとか。これも水産専門の友達が感動していました。
思わず教科書買い込んで帰りました。

P1040925










どうりで、ドライバーですら、色んなことを広範に知っていて、たくさん説明してくれるわけだ。だから、小さな村に入っても、学校に通っている人は全員英語が使えるので、フィールド調査がとっても楽チンです(東南アジアと比較)。
しかも、人々がどこへ行ってもとっても明るく親切で、どんな質問にも真摯に答えてくれて、感動したものです。




(23:11)

2009年03月08日



昨夜無事帰国しました。
 
一言でいうなれば、ものすごく楽しかった!!!あたしゃ、アフリカに惚れました。

やっぱり見てみなくちゃ分からないことがたくさんあるなぁ、とあちらこちらで実感する旅でした。帰ってきたくなかったです、しょぼん。


丸1日の長旅は、良い映画を見まくれたことと(貧乏性なもんで)、途中横になってぐっすり寝られたこと(シンガポール−ヨハネスブルク)により、快適にあっという間に過ぎ。


しかも、わたしの体には体内時計というものが機能していないのか、幸運にも時差ぼけ的なものをほとんど感じておりません。


明日からいきなり研修参加、さらに数日中に博論修正を提出せねばならん、という悲しい状況なので、ゆっくり、でも忘れないうちにザンビア旅行記を綴りたいと思っております。



○●○●○●○●○


まずは・・・

乗り継ぎのヨハネルブルク(南ア)では、車を借りて市内を回ることができました。
海抜1000メートル以上ってことで、気持ちよい気候です。

ヨハネスブルクの町は、なんだかイギリスのBrixton(黒人さんの多いエリア)の道幅をアメリカ並みに広くした雰囲気で。

P1040627








P1040637








住宅地もまるで、ロンドン郊外の住宅地のよう。

P1040653








P1040658










中華街もありました。どこにでもあるだぁね。中国人については、ザンビアで困ったことがありまして、それはまた後ほど・・・。

P1040657








いまだに、黒人さんの住むエリア、白人さんの住むエリア、中国人の住むエリア、に分かれているそうです。へぇぇ。






By the way、私は海外調査ではできる限り現金使う派(海外のATMは信用しない派)ですが、カード使う派だったメンバーの1人がヨハネスブルクの空港で、キャッシュカード使って現金を下ろしたときに、スキミングに合いました。

旅行用の口座だったらしく、被害は20万ほどですみましたが、それでもザンビアで気づくまで(もう1度カードを使おうとしたら、使えなくなってた)の3日間に少しずつ引き落とされていました。こわいよぉ。

おそらくATMに細工がされていたものと思われ。

高い授業料になりましたが(私じゃないけど)よい勉強をさせてもらいました。

たとえ国際空港でも、海外のATMはやはり要注意だよ。みなさまにも気をつけていただきたいと思い、ここに記録しておきます。

海外では・・・

1.できる限り、現金か、トラベラーズチェックを使う。

2.キャッシュカードを使う場合は、残金がマイナスにならないように事前設定しておき、さらに旅行用の別口座を作って、万一盗まれても被害が少なくすむような金額だけを入れておく。

ってな感じでしょうか。有名なホテルやお店でクレジットカード使う場合は大丈夫だと思うんですが、道端のATMなんかは要注意かもしれません。






そんなこんなで、ザンビア日記につづきまし。





(23:49)

2009年01月05日



翌日、朝ナムオが「自動販売機を探してくる」と消えた後、帰ってこない。

そこで着替えて探しに行くと・・・


広い食堂でポツリと、宿のだんなさんと2人で茶を啜っているナムオ・・・


そして「この兄ちゃん、ベトナムから来たんだってなぁ」と嬉しそうなだんなさん。

ちゃんと会話はなりたっているようだ・・・


だんなさん、なんと京都出身で、スキーと山が大好きで40歳で一念発起して白馬のこの宿を買い、家族で移り住んだのだとか。そしてお兄さんは未だに京都で洋食レストランを持っておられるのだとか。今度探します

昨年脳梗塞で倒れ、山深い村落には救急車はたどり着けず、ヘリコプターで松本市内の病院まで搬送されただんなさん。翌日からリハビリが始まり、手は毎日マッサージしてくれたのが若い女性の作業療法士さんだったため、ずぐに元に戻ったけれど、足の担当は兄ちゃんだったため、残念ながら2ヶ月のリハビリでも上手く復活せず、結局今では片足ひきずる生活なのだとか・・・

結局そんな素朴で可愛らしいだんなさんと1時間近く語らって。



まずは宿から歩いて3分の小さなスキー場へ。

P1040474










私もナムオも、スキー場を拝むのは初体験でして、感動し、想像よりずっと急な山の傾斜に慄き、とりあえずスキー体験は次回ということにして、


「スキーしないんですけど、リフトで上へ上がって、そのまま下に降りてきたいんですけど、いいですか?


とリフトのお兄さんにお願いして、初スキー場リフト体験。

とりあえず・・・・・さみーーーー&こえーーーーでした

P1040498










でも、雪景色は最高でした。





さて、駅前に出ないとレストランがないがため、本日は徒歩1時間かけて、白馬駅へ下山することに。

こんな道をひたすら1時間歩きます。歌ったり、意味もなくスキップしてみたり

P1040509











後から知ったことですが、この山には熊やら狸やら狐が出るらしく、ただし熊は冬は冬眠しているので大丈夫だそうな(タクシー運転手さん談)


この日は結局ひたすら雪の中を歩き回り、長野オリンピックのジャンプ台も眼前に拝見

P1040533











あんな高くて長いジャンプ台から両手はなしてジャンプするなんて、人間のやることじゃねーっ。



そして、露天風呂を白人観光客が占拠する行きずりの温泉にも入り

P1040552










駅の横の観光案内所についてる無料の足湯にも浸かり

宿に帰ってちゃんと今度は女湯にも入り。

濃厚かつ健康的でまた凍える1日でありました。



(00:01)

2009年01月04日



元旦午後に東京を出発し、鈍行で白馬まで。

不幸にも八王子付近でこの元日に人身事故があり、出発が1時間半遅れ・・・こんな元旦から自らの命を絶つなんて・・・どんな事情がござったのかは存じませんが、殺生な・・・

さらに長野の鈍行の接続がずれ、松本で1時間半足止めを食らい

結局宿に着いたのが夜23時



そんな宿は1泊2600円だったのですが、何のことはない。白馬駅から徒歩1時間・・・

とりあえず遅かったのでタクシーを使うと、正月割増で、片道3000円!!!


そして到着した宿はこんなきすげ荘

P1040555









いわゆる合宿所? 畳の部屋がたくさんあって、体育館があって、部屋には懐かしの灯油ストーブとコタツがあって、布団は自分で敷いて。風呂はみんなで入る共同風呂があって。外には山のような漫画があって、兄ちゃんたちが遅くまで読んでます。

夜遅かったのですが、旦那さんがボイラーを沸かしてお風呂に入らせてくれました。男湯だけど、気にしない。。。

灯油ストーブの使い方が分らず、外で煙草ふかして漫画読んでる兄ちゃんに点けてもらったり、夜中に暑くてストーブ消したら、ガスが充満して部屋中臭くて死にそうになり、必死で窓を開けようとしたら、窓が凍って開かず苦心したり、そんなことも気にしない

えへ。続く。

(22:32)

2008年12月07日



先週NHKで、鈴虫寺という京都のお寺の話が出てきたので、場所を調べてみたら、なんとナムオ宅から徒歩圏内でした。

で、京都出張ついでに行ってみました。

P1040384











鈴虫寺では、中でお茶とお菓子をいただき、20分間のお説法を聞かされるのですが、これが素敵でした。


鈴虫寺には、わらじを履いたお地蔵様がいらっしゃって、1人1つだけお願い事をできます。

お願い事するときには、名前住所を言わないといけません。すると、お地蔵様が家までお願い事を叶えるに来てくださいます。住所が変わったら、住所変更をしないといけません

お願い事が誰かを不幸にするものだと、適いません。

また、物事には順序というものがあり、例えば相手もいないのにいきなり「結婚したいです!」と言っても、それは適いません。飛躍はいけません。

お願い事が叶ったら、お地蔵様にお礼を言いに来て、それでそのお願い事は終わります。すると、次のお願い事をまた1つできます。




1つしかお願い事ができないと思い、自分の頭の中で、これから達成していきたい事柄の優先付けをしていきます。そして、それを1つ1つ順番に叶えていく

その考え方が素敵だと思いました



早速お願い

P1040393

(23:45)

2008年11月19日



バンコクでちょいちょい遊んでもらっている友達にSちゃんがいます。
Sちゃんは韓国人で、Sちゃんの彼はタイ人です。

実は二人とも、私の到着の日に車で空港まで向かえに来てくれて、その日は彼らの自宅(っていうか、行ったら彼の実家だった)に泊まらせてもらって、その家のあまりの巨大さにびびって、日記書いてたんですけど、あまり個人情報はいかんかと思ってすぐに消去しました。でも、隠すほどのことでもなさそうなので、やっぱりまた書いちゃいます

彼の自宅は・・・

部屋が数え切れないほどあり、全ての部屋にトイレ・シャワーがついていて、ゲストルームはまるで大広間で、ダブルベッドが5台くらいあって、カウンターバーが居間にあって、外にはプールもあって、車が3台(メルセデス、日産、Rover)あります。。。

彼に「部屋、全部で何部屋あんの?」と聞くと「数えたこと無い」との答え・・・

そして、彼の母上は生まれてこの方料理なるものをしたことがないらしく、食事は全て高級料理店にて外食です。週末は全家族(4人兄弟の全夫婦が、彼の実家に住んでいます)でお食事・・・。

タイ国内の大きな大きな経済格差を目の当たりにします。




そんなSちゃんと彼と今日はタイスキを食べました。

たいには『MK』というチェーンのタイスキレストランがあるのは有名ですが、今日行ったのは、その名も『MK「金」ゴールド』

確かに『MK』よりゴールドな味がしました。

P1040339









P1040340











あと1日で日本帰国します。わいわい。
でも、またすぐにバンコクに戻ってくる模様。

(00:36)

2008年11月15日



今日から明日までの3日間はタイ国王のお姉さまのお葬式が執り行われるため、国民が黒装束で過ごしております(ちなみに、お姉さまが亡くなったのは1月ですが、金色の火葬場を建設し、お葬式の準備するのに10ヶ月かかったそうです)。

道を歩いても、7割くらいの人が白か黒を着ていまして、若干奇妙です。


私もちゃんと黒Tシャツを着ていました。そしたら、セブンイレブンのお姉ちゃんに「外人なのに偉い」と褒められました



ちなみに、タイ国王在位60周年記念の年には、国王の生まれた日が月曜日で、月曜日のカラーが黄色ということで、毎日国民が黄色を着ていたのは有名な話。

国王が入院して、その後退院された時にピンク色のジャケットを着用されていると、その後は国民の洋服もピンク一色に染まりました


んー、恐るべし。





昨日のタイ人の友達Kと私の会話

私 「タイにはオカマちゃんがいっぱいいるのは有名だけど、例えば学校ではクラスに何人くらいオカマちゃんがいたの?」

K 「同じ学年に300人いて、そのうち30人くらいかな。でも、そのうち15人はカミングアウトしたオカマで、残りの15人は隠れたオカマなんだ」

私 「1割ってことだね。タイ人にオカマちゃんが多いのは、パパイヤをたくさん食べるから、っていう説があるけど、ほんと?」

K 「うん、あと、タイ人が餅米をたくさん食べるから、っていう説もあるんだ。実際、北タイ人は餅米ばっかり食べてるから、鼻が引くいんだ(自信満々)」

私 「・・・

誰かコホート研究してみましょう。



大好き、ソムタム(パパイヤサラダ)

P1040242

(23:18)

2008年11月13日



バンコクで何をやっているのかと言いますと・・・

水の中で、まずマメタニシに住み着き、その後淡水魚に住み着く寄生虫がおりまして、肝癌などを引き起こすと言われておりますが、

そんなマメタニシや淡水魚をタイの片田舎から採取してきて

P1040250










マメタニシはうじゃうじゃいて(ボコボコしてるの、全部)

P1040215












取ってきたマメタニシは、小さなお家に小分けにして

P1040266










そこから泳ぎだした寄生虫の幼虫を顕微鏡で覗いたり。

魚とマメタニシを共生させて、わざと魚に、マメタニシに潜んだ寄生虫を寄生させたり。

P1040302










そんな色々です。

そして、夜は部屋で何とか論文を書こうと苦心しておりますが、なぜかすぐに眠くなります・・・



ところで、今日は早く終わったので本屋へ出かけたら

友達(タイ人)が日本の観光ガイドを出した、というのは以前に聞いていたのですが、普通にその本が売っていました。

P1040303














これが、中は観光ガイドというよりも、家族旅行アルバム・・・。

色々な意味で、恐るべしタイランドなのでした

(00:25)