Yajirobeのつぶや記

 Yajirobe(ヤジロベー)とは、不安定そうに見えながら結構安定している、そんなイメージで命名しました。 身体について、仕事について、私にはいろんな場面でヤジロベーのイメージが浮かんできます。ヤジロベーが気がついたこと、思っていること、仕事についてのあれこれ等、日常を綴ったブログです。以後、お見知りおきを!

2008年04月

値上がりですか?

 道路特定財源の暫定税率法案が再可決されましたね。福田君が、記者会見でうだうだ言ってましたが、こういうときにいろいろ言うのは、自信がない現れですね。
地方のの首長さん方が、「暫定税率がなくなると、道路が作れない」から税率を維持しろと言ってますし、もちろん自民党も言ってます。でもねぇ、非常に単純に考えて「暫定」ですからね。これってしばらくの間ってコトでしょ?やっぱり変だと思いますけど。
 道路が作れないと言いますが、それは今のままの状態が継続していればそうかもしれない。でも役所が運用している予算って、本当に無駄使いが多いんですよ。効率ってものを考えていないんです。それに自分の金じゃないってこともあるような気がします。自営だと安いものを買うときにも、どうしたら安く買えるか、を必死(?)で考えます。

 結局明日から再び高くなったガソリンを買うことになるのでしょう。
 でもこんなにガソリンが高くなった原因ってコトを考えると、それもまた世の中の矛盾を感じることになるのでした。

 そうして私もリッター当たり121円のガソリンを満タンにしたのでした。

宮が瀬

28日に宮が瀬に行きました。我が家からは約25キロくらいでしょうか。いつもは自宅から走って、そこからヤビツ峠なんかに行くんですが、今回は来週信州に行くための予行演習です。膝・腰の具合を確かめながら、どのくらい頑張れるかを確かめるんです。宮が瀬湖の湖畔まで車で行きます。そこから厚木方面に下り、途中から半原越をやります。ここが入口。
上り入口



















峠までは4.9キロ。標高差約350m。数字からはそんなにきつくはないですね。こんな気持ちのいい道を上っていきます。のぼり



















一度ウィンドブレーカーを脱ぐために止まって水分補給した以外は、順調にペダルを踏めました。主要時間26分。ペースとしてはまぁまぁじゃないでしょうか。半原越



















あっという間に下ります。途中の標識です。下り途中



















下りきって宮が瀬ダム方面の標識を曲がったとたん、この坂です。そんなに急ではないのですが、この「10%」の文字は結構心理的に圧迫されますね。10%



















坂は難なく上りきり、いくつ物トンネルを抜けると突然宮が瀬ダムが・・・。30年前に始めてこのあたりを走ったときは「中津川渓谷」というとっても景色のよいところだったんですけどねぇ。まぁ、これはこれでいいですけど。宮が瀬ダム



















ダムサイト。今日は月曜ということで施設はみんなお休みで、がらんとしていました。宮が瀬ダム1



















車を止めたところに戻ってきました。今日の走行距離20キロ。1時間ちょっとの走りでした。

血圧が下がった

今日いらしたOさん。
腰の痛みは全く感じなくなってきて、少し治療間隔をあけてもいいかな?そんなOさん、治療が終わったときに「こちらに来た4月から血圧が下がってるんですよ。お医者さんに『整体にいってます』といったら、『効果があるのかなぁ』と言ってました」と。

昨日健康雑学講座の第1回を行いましたが、そのときに皆さんに、
「治療と言うのは、今の状態を変化させることです」と言いました。

治療と言うのはいろんな面がありますが、究極的にはこれに尽きると思います。

そう考えると、Oさんの血圧が下がったのは、体が変化した結果だと言えると思います。それが私が何かをしたために起こったかなわかりませんが・・・。

体に変化を起こすのは何も薬に限ったことではありません。自分の考えをちょっと変えただけでも変化するコトだって大いにあり得ることなんです。

ちなみにOさん、ボルタレンの服用量が圧倒的に減りました。

工房?

 来週から「健康雑学講座」が始まります。でも会場(?)予定の部屋は自転車部品が散乱しておりまして、とても勉強会が出来る状態じゃありません。今日から数日かけて綺麗にしないとね。

 まずは工房の掃除。こちらに自転車を全部移動しなければいけません。掃除機をかけたり、ダンボールを片付けたり、干していた雨具をたたんだり、結構忙しいです。

 ここまでです。明日改めて写真付でご紹介しますね。その前にちょっとだけ工房のお写真を・・・。レストア前










上の工房を整理して、こっちの講座会場の自転車や荷物を工房に移動します。あまりにもいろんなものがあって・・・。
教室1


















教室2


















昨日今日と二日かけて工房はこんなに綺麗に。6畳程度の部屋に全部で5台が収まりました。平成16年から自転車遊びが復活したわけですが、ずいぶんいろんなものが増えました。それだけお金も使ったってことですが・・・。
工房1


















工房2


















工房3


















後の入れ物は全て工具類です。そして講座会場はこうなりました。
教室3

野暮用で・・・

 昨日は、恒例のお楽しみの日だったのですが、朝からの雨で断念。千葉の実家に行く用があったので、ついでに房総を走ろうと計画していたんです。ほんとに残念でした。

 そんなわけで、時間が余ったので、ちょっとした(いえ、ホントはかなり重要な)野暮用を片付けるために生まれ故郷(?)の東京江東区南砂町に行ってきました。いやぁ、砂町地区、えらい変わりようです。どこがどこか全然わかりません。親類の家もどこだったんでしょうか。判らなくなってしまいました。

 明治通りや永代通り沿線なんて、あまりの様変わりに声が出ません。いえ、車の中で「なんだぁ、ここ?」の繰り返し。

 中学時代の友人のところへでも行ってみようかとも思ったんですが、時間がなくなってしまいそれもなし。ちょっとしたカルチャーショックを感じながら生まれ故郷を後にしました。

はかり

今までずっと電池切れで使えなかった体重計。100均で単三を4本買ってきて装着。

体重66.5kg、体脂肪率17.5%と出ました。

体脂肪率は不明ですが、体重は顕著です。そう、自転車で100km近く走ると、非常に体重は落ちるようですね。月曜日に走ったせいでしょうか。

代えました

桜も今日の風で散ってしまったでしょうね。
そういうわけで、バックのデザインも代えました。

それにしても今日の風はすごかったですねぇ。落雷のオマケまでついて、散々な一日でした。

この頃、天候の変化が非常に激しい気がします。南極の気温も3度も上がって緑が出ているとか。地球温暖化が取りざたされて久しいですが、地球の歴史から見ると、それって結構小さなことのような気がします。もちろん昔の地球変動には人間は関係していない、今回は原因が人間だ、と言えばそのとおりですが、人間ってそれほど力があるんでしょうか。

人間が右往左往している現実は確かにありますが、実は孫悟空が三蔵法師の手の上で右往左往しているのと同様、地球(あるいは宇宙)にとって塵ほどにも感じていないでしょう。問題は人間だけにあるんで、要するにしっぺ返しを食らっているんですね。

「地球にやさしい」なんてコピーがありますが、なんてごう慢なんだろう、って思うのは私が変なのかな?

予報は当たった!!

昨日までの春爛漫の天気と打って変わって、今日は朝からどんよりです。それでも時々陽がさすこともあって、今日も予報がはずれかも・・・。なんて甘い期待を持って出かけました。所は五日市。車で当地まで行ってデポ。それから走り出すのですが、町田を過ぎた辺りから段々雲が厚くなってきたような気がします。実は、今日は雨が降ることも少し期待してもいました。5月の連休に信州に行くつもりなんですが、もちろん雨も考えられる、ということで雨対策の予行演習もしてみようと思っていました。
結果的には今の雨具では満足のいく対策にはなっていないことが露呈されました。

さらに1月に痛めた膝の具合も気になるところ。踏み込んで痛みが出るかどうかの確認もするつもりです。雨具よりもこっちの方が重大なんですねホントは。

今日は雨の可能性大なのでドロヨケ付のミニベロで出陣です。新しいのはまだもったいなくて。
ミニベロ


















十里木の駐車場にデポし、走り始めます。まず向かうは「入山峠」、盆堀川に沿って緩やかに上っていきます。林道基点の数百mはダートですが何のこともなく通過。
盆堀林道



















途中まで採石場からのダンプの往来が多かったのですが、そこを過ぎるととっても静かな林道です。伐採された杉の高く積み上げられたところを過ぎると、徐々にペダルが重くなります。さらに行くと、大きくヘアピンを巻ながら勾配がグンと急になります。ギヤもローローです。

いつもの雰囲気の道を進みます。

入山峠はあまり眺望が効きません。変な立て看板が乱立していて興ざめです。
入山峠



















早々と下ります。結構急勾配です。下りの途中に頂上にはなかったのトンネルがありました。下からロードの人が男女が上がってきましたが、女性の方がかなりアップアップの様子。でもスタイルが決まっています。私のようにジャージにポロシャツ、セーターとは訳が違う!

下りきって今度は醍醐峠へののぼり。上りきって下ると、有名な和田峠に出ます。ここはきつかった。急勾配が延々と続き、さすがに耐えられず何度も休む羽目になりました。
それでも一歩一歩峠に近づきます。鞍部らしきものも見えてきました。もう少し頑張りましょう。鞍部



















おっと、突然雨、それもかなり強く降り出しました。最初の検証であるポンチョを着ます。すぐムレムレ。足元が濡れる。10分程度で止んだからいいようなものの・・・。峠近くになって勾配も緩くなってポンと下りに変わりました。醍醐峠です。何の標識もありません。そこからダートを下り和田峠に出ました。和田峠



















11時です。早い!!十里木を出たのが8時半ですから、2時間半で3つの峠を制覇です。ここでお昼の大休止。

実は今回のラン、ここからが本当にきつかったのですよ。アップダウンの連続が続く道に、強い雨も降ってきて、雨具を着たり脱いだりが繰り返され、甲武トンネルの上りにかかるころには完全に足が笑っていました。辺りは段々もやっとして視界が利かなくなっています。雨模様



















強い雨のためにムレムレのポンチョを着けての上りには、どのくらいの時間がかかったことでしょう。乗っては降り、乗っては降りの繰り返し。トンネルが見えたときには心からホッとしました。甲武トンネル





















その後は下りのみ。桧原街道を一路デポ地に向かいます。いやぁ疲れました。
途中ではこんな光景も。もう少し待合所をずらせばいいのにねぇ。
待合


































下から


































今度のランでは、いろんな教訓がありました。雨具は考えなければいけませんが、膝の方は乱暴に使った割には痛みが少なく、信州も大丈夫みたいです。それにしてもテクトロのカンティは雨の中、全く効かなかった。

ミニコミ

 治療所で発行している「時節風」というミニコミ誌。と言ってもA4版裏表にプリンターで100部印刷して、玄関においておき、いらした方が自由に持っていけるようにしているんです。
 今まで100部印刷すると、大体3ヶ月くらいもったのですが、今回は2月に発行したのに3月下旬にはすでに全てなくなってしまいました。なくなる前に次のミニコミを発行することにしているんですが、今回は準備が間に合いません。未だに発行できないでいます。
 どうしてこんなに早くなくなってしまったんでしょうか?テーマを探すのに苦労しています。

 現在鋭意作成中ですので、もうしばらくお待ちくださいませ(拝)。

 なお、バックナンバーは治療所のHPよりダウンロードできます。

 また先ほど夜桜を見に行った記念(?)に、デザインを一時的に変更しました。

ペダル

夕方から、自転車いじりです。新しい自転車には、どんなペダルがいいかといろいろ迷っていたんですが、今回奮発して新しいペダルを買いました。最初は、昔ロードレーサーについていたシュパーブプロと言う結構高級なのがついていたんですが、いい靴がないので、なかなか乗りにくく、今までこのペダルをつけていました。シマノのPD-M324、片面ビンディング、片面フラットで、普通の靴でも乗れるし専用シューズでも乗れます。ビンディングって靴とペダルがくっついて非常に踏みやすいんです。もちろんスキーと一緒ですぐはずれます。でもこのペダル、500gを越えていてちょっぴり重いんですね。
pedal2




















それでこっちのペダルに換えようと思います。PD-A520、315gです。200g以上軽いです。これは片面フラットではないんで、普通の靴ではとっても乗りにくい。
pedal1




















比較してみると・・・。やっぱかなり小さいです。
pedal3




















付けてみました。そんなに違和感はないですね。回転もさすが新品。言うこと無しです。
pedal4



















今走って帰ってきました。ばっちりです。それに2階の部屋から道に下ろすときも、なんかやけに軽く感じます。心理的なものでしょうか??締め具合もちょうどいい。なんかすごく走り易くなりました。
ちなみに自転車の重さは、ライト装着、ボトル、ポンプ無しで、10.5圓任靴拭こんなものですね。
今度の休みは五日市だぁ。
月別アーカイブ
プロフィール

yajirobe_naka

  • ライブドアブログ