贅沢な旅となりました。新幹線を使ったお陰で旅費だけで1万円近くに・・。 その代わり食事は千円もかかっていないんですぅ。 長野県の軽井沢から群馬県の下仁田まで、県境をウロウロするサイクリングです。道路崩壊による撤退や恐怖のトンネルなど、終わってしまえば楽しいことだらけでした。 081104











新幹線で行きましょう。 karu01




軽井沢、雲場の池、紅葉の名所。時期は少し遅いですがやっぱり綺麗です。もう何度ここに来たでしょうか。いつきても裏切らない景色が大好きです。karu02














妙義荒船林道は、群馬と長野の県境の尾根を行ったり来たりする林道で、今回はそのうちの通行止めされていないところを走ります。群馬に入ったり、長野に入ったりしながら神津牧場を目指します。karu03














途中、上信越自動車道が見えます。karu04














ずっとこんな道が続きます。勾配も緩くとっても楽に走ることが出来ます。寒さも走っているとちょうどいい。空は真っ青、空気を吸うと冷たさが沁みわたります。karu05














神津牧場まで来るといっぺんに視界が広がります。360度の展望!!遮るものがありません。karu06














ベストショット。空と山、牧草の緑、そこにあるトラクター。いやぁ、いいですねぇ。karu07














その後内山峠からの下りを間違えて、長野側に下るはずが群馬側に下ってしまい、恐怖のトンネルを抜けなくてはならなくなりました。怖かった!!!! ここから星尾峠というちょっとした山道を越えて、田口峠に上り下仁田に下る、というコースを考えていたんです。お昼は星尾峠でゆっくりとしようと思っていたのに、この有様です。工事の人に丁寧だけど「絶対ダメ」と思わせるような説得を受け、スゴスゴ退散しました。karu09














そこで佐久平。小海線沿線は佐久平と呼ばれ、とても気持ちよい場所です。そこで今回は一度佐久平まで下って、改めて田口峠に上り返すことにしました。karu10














立派な神社がありました。「新海三社神社」大きなイチョウの木とこの鳥居。こんなところに・・・。すんごく豪華ですねぇ。karu11


























コーナーミラーを使ったいつものショット。このトレーナー、野暮ったくて嫌いなんですが、なかなか新しいのを買えません。karu12


























やっぱり自転車がすきなんですね。景色がどうとか言ってても、ペダルを踏んでいるときが一番幸せ。他のことを何にも考えない時って普段はありませんが、この時ばかりは、ずっとそんな感じなんです。 この勾配が二桁になると「やばい」って感じになるんです。karu13














峠に県境がない珍しい峠、田口峠。佐久側のおとなしい風景に比べると、上州側のなんとダイナミックなことでしょう。karu14














先週の九十九折れがここにも。こんな道が延々と続き、体を傾けブレーキを握りながら「最高!!」を連呼しながら下っていきます。下仁田までの道のりは本当に楽しいものでした。見る処は沢山あるので、今度は上りでゆっくり見たいなぁ、と思う景色がずっと続きます。 自転車好きな人が見たらたまらないでしょうね、たぶん。そして途中にある集落。昔上州ばかりを走るサイクリストがいましたが、その気持ちが分かる気がします。今度はここだけに焦点をあてて走ってみたいと思います。karu15














追記:田口峠に上る途中に「日本で一番海から遠い場所」の標識がありました。何でも一番はいいことです。