Yajirobeのつぶや記

 Yajirobe(ヤジロベー)とは、不安定そうに見えながら結構安定している、そんなイメージで命名しました。 身体について、仕事について、私にはいろんな場面でヤジロベーのイメージが浮かんできます。ヤジロベーが気がついたこと、思っていること、仕事についてのあれこれ等、日常を綴ったブログです。以後、お見知りおきを!

ツーリング

来年も・・・

河口湖畔の某所。
河口湖

 一年の最後の一日。

 大掃除で終わりました。来年は早々にツール・ド・神奈川の最後を締めくくるつもりなんですが、走るところがトラックが多いところなんで、なるべくならこのお正月休み中にやりたいと思っているんです。

 4日かな?この日に最後の130キロやりたいですね。本当は大晦日の夜遅くに出て、観音崎あたりでご来光なんて思ったりしましたが、やっぱり寒いのはいや!!


 来年も今年以上にいろんなところを走りたい気持ちで一杯なんです。

走った距離は?

あと3日、
TOEI 2750km
PANA 1670km
BIANCHI 80km
ZUNOW マシン上なので、不明αkm

しめて(4300+α)km

今日までの年間走行距離です。

これで最後でしょうかねぇ。ここまできたら4500を目指したい気もしますが・・・。

ツールド神奈川(5)−多摩川河口を目指して

12月に入り、横浜もずいぶん寒くなってきました。昨日の雨のお陰で、家から見える富士はもちろん、丹沢の山々もすっかり白く化粧されてしまいました。でも空は冬特有のすっきりくっきりで、自転車で走るには冬はいい季節です。ちょっと服装が難しいけど。
神奈川のなるべく県境に近いところを通って一周しましょう、という「自分だけのツール・ド・神奈川」も今回で5回目になりました。予定では4,5回で終わるかな?と思っていたんですが、やり始めるとけっこう大変。西側の山岳地帯もそうでしたが、平野部に入っても車のおかげでやっぱり大変でした。
でもはじめてみる光景もあって、やはりそれなりに楽しめましたし、やはり自転車に乗っていることが幸せなんですねぇ。


ここは境川サイクリングロードの出発地点。ここから境川の河口(江ノ島)まで所々切れ切れになりますが続いています。今日はここから魔のR246を通ったり、環状4号線を通ったりしながら多摩川を目指します。それも東京都に入らないようにしながら・・・。
ツール5-01


細かい道を選びながらで大分間違えましたが、やっと百合丘まで来ました。 ツール5-02


稲田堤です。ここから多摩川を河口まで25キロ、サイクリングロードを真っ直ぐに走ります。休日ならば多いであろうサイクリングロードも平日とあって、歩く人さえまばらです。  それにしてもやはり多摩川はでかいですねぇ。それに走っていくととっても橋が多い。 ツール5-03


多摩水道橋だと思うんですけど。  ツール5-04


これは二子玉川の町。高島屋が見えます。右側には二子玉川駅が・・・。二子玉川には整体協会の本部道場があって、時々講習にいったことがあります。 ツール5-05

そのままずっと走っていくと、行き止まりになって小さな砂地がありました。そこにこんな標識が・・・。このあたり、葦原があって水鳥たちがたくさんいるんです。アパッチケンが多摩川の自然のことをよく言ってますが、本当にたくさんいるんです。けっこう自然は豊かなんでしょうね。対岸は羽田空港です。 ツール5-06


飛行機は絶え間なく飛んでいきます。実はわたしジェット機に乗ったことがないんです。外国に一度も行ったことがないんですよ。益川先生とおんなじですね。私以外の家族は何度も行ってるんですけどねぇ・・・。 ツール5-07


ここどこだか分かります?隣の道は国道15号線。上にかかる橋脚は高速横羽線です。なかなかいいでしょ?ただこの左側はいわゆる沢山のホームレスの方たちが青いビニールシートを使って簡易住居を作っていました。「引ったくりに要注意」の看板がありました。でもここ、夜だったら歩けないですね。怖くて。 ツール5-08


なるべく海側を走ろうということで、わき道が見つかるとはいって見ます。鶴見線の安善駅です。すでにここまで90キロ走っています。 ツール5-09


やっと横浜の中心部まで来ました。みなとみらい21です。かなり日も落ちてきて(といってもまだ2時台ですが・・・)、急激に寒くなってきました。手先足先がジンジンとしてきます。今日はここから山下公園、本牧を廻り、三渓園を通過、磯子まで走ります。  本牧周辺は物流関係の会社が多いのか、大きなトレーラがひっきりなしに横を通過します。路肩も幅が狭いので、歩道を走ることになり、段差があるたびにガタンガタン衝撃を受けます。 ツール5-10


京浜工業地帯のど真ん中を走った今回のツール・ド・神奈川、今までとは違って車と一緒に走りました。やはりカンベンしてほしいですね。  磯子からは、行きつけの自転車やさんによって、自転車のホイールのブレを直してもらったり、今日の報告をしたり、興味ある話題をお聞きしたりして、結局帰宅したのは、6時を過ぎてしまっていました。  「どうせ自転車屋に寄ってたんでしょ。そうじゃなきゃ、こんなに遅くならないもん」 分かってらっしゃる!!
全走行距離は120キロになっていました。

よく走りました

 平成20年、まだ一か月近くありますが、この一年、私の自転車生活はとっても充実していました。

 若いときにずっと思っていた保福寺峠、大河原峠、それに妙義荒船スーパー林道などを走ることが出来ました。また細尾峠の落ち葉敷き詰められた道、右左口峠の悪路、田口峠の急峻でしかも趣のある下り、麦草峠への担ぎ上げ、などは今も思い出すとゾクゾクしてきます。


 電車で輪行したり、車でのカーサイクリングをしたり、自宅から走ったり、いろんな形態のサイクリングをしましたが、やっぱり輪行が一番いいですね。見知らぬ駅で自転車を組み立てて走り出す。分解や電車に乗る億劫さはありますが、これも慣れの部分がかなりあって、慣れてしまえばそんなに苦痛ではないようです。


 来年もまた楽しく走りたいですね。今ひとつ温めているのは、中央線:茅野から杖突峠を経て、分杭、地蔵、しらびそ、青崩、山住峠を越える、いわゆる「秋葉道」です。ここに行くにはやはり数泊必要で、なかなか休めない身では難しいのですが、今年は5月の連休がうまく休めそうです。一発計画してみますか。


 来年行きたいところ、
秋葉道
南会津:安が森林道、田代山林道、桧枝岐林道
栗原川林道
裏磐梯:中津川渓谷、雄国沼
井川雨畑林道:山伏峠
夜叉神峠、丸山林道、櫛形山林道


アーん、行きたいところばっかで、収拾がつきません。

今年最後の・・・

今年最後の紅葉めぐり。


房総半島、清和県民の森、亀山湖、養老渓谷をめぐる70キロのコースです。


それにしてもカーナビって難しいです。今日も目的地である「道の駅きみつ」に行くのに、なんと房総スカイラインを経由したんですよ!!地元の人はボウスカというらしいこの有料道路。300円も余計に払ってしまいました。


鴨川有料道路に向かう途中に香木原林道の分岐。たまにはアップで自転車を撮りました。
1月に新調してからこの自転車、2500キロを走りました。


kame1


房総はトンネルが多いので有名です。それに沢山の小さな林道があるんです。林道って、あの道路特定財源で整備するんじゃなくて、農林事業関係の予算から出るみたいですねぇ。コレは香木原林道のもの。


今日は香木原、淵が沢奥米、淵が沢、坂畑、大福山、女ガ倉、朝生原、戸面蔵玉、三石と、分かっただけでこれだけの林道を走りました。淵が沢奥米林道では、鹿にあいました。


kame2
 
kame3


淵が沢林道の紅葉。いい気持ちで写真を撮ったのはいいけれど、このあと犬に追いかけられてひどい目に会いました。熊が逃げると襲うといっていましたが、犬も逃げると追いかけるようです。荷物を落としてしまい、恐る恐る戻ってみると犬は「ウウー」とは言っていたものの、襲っては来ませんでしたが、自転車にまたがり、走り出したとたん追いかけてきました。


kame4


亀山湖の紅葉です。船に乗ってみるといいところがあるようです。

kame5
  
kame6
  
kame7



坂畑林道のグレーチング。この隙間にタイヤがはまって一回転したのは2年前のことです。それ以来、このグレーチングには最大の注意をしながら下っています。手前に見える黒い棒のようなものがタイヤです。


この後の大福山林道には大規模な産廃場があって、でかいダンプがひっきりなしにやってきて、雰囲気を台無しにしてくれましたが・・・。


kame8



養老渓谷の紅葉。平日だと言うのに、車がとっても多かったのは、やはり人気があるんでしょう。やはり赤が多かったために、綺麗さもまた格別でした。


kame9
  
081201-066.jpg


この後、再び亀山湖に出て、三石山に上り、笹山湖(片倉ダム)を経由して車をデポした道の駅に戻りました。

富士四湖周遊

 朝5時におき、今日の天気をPCで確認。何とか雨は降らない感じ。いざ出発!!!
 今日は富士五胡のうち、山中湖を除く四つの湖を廻ります。その後、ちょっとした林道で遊ぼうという趣向。

 でもでも、近づくにつれ雲が深く垂れ込め、河口湖に着くころには、ライトをつけなければ危なくて仕方がないくらいの状況になりました。
 道の駅「かつやま」で、自転車を下ろし朝食。少し雲は減ってきましたが、それでも山の上のほうは厚い雲に覆われて・・・。fuji01

 まずは河口湖北岸から。「紅葉の回廊」はすでに盛りを過ぎていましたが、それでも綺麗ですね。
 
 なんと!このあたりから急速に雲が切れてきて、陽がさすようになって来ました。すると富士の天辺まで顔を出してきて・・・。fuji02

 西湖です。こんなに晴れ上がりました。行いが良かったのでしょうか。これから車に戻るまで、太陽がさんさんと降り注ぎました。

 西湖の北岸も車がほとんど来ない自転車天国でした。fuji03

 シルエット

fuji04

 晴れていると、本当に気分がいいですねぇ。このあたりで気温は7度でしたが、日差しがあったので、ウィンドブレーカも要りませんでした。
fuji05
 ここも西湖。大きな看板の中に富士を入れて撮ったんですが、あんまりうまく撮れていませんねぇ。でもこのあたりからは、どこにいても富士富士・・・。
 本当にでかいお山です。頂上付近では、雲が湧きあがっているのか、風で雪が舞い上がっているのか、白い煙が盛んに舞い上がっています。
fuji06

 ここは本栖湖。ここはいいですねぇ。一番好きになりました。身延から上って行くコースなんかよさそうですねぇ。周辺を廻るだけでもヨサゲなところが沢山あります。

fuji07

 本栖湖から富士中腹の林道を走って、天神峠をやろうと思っていたんですが、選んだ道がなんと別荘地で関係者以外立ち入り禁止の看板が・・・。それも柵まであって。入口に監視カメラはあるし・・・。
 潔く諦めました。それにしても立ち入り禁止なんて。

 目的地変更で、紅葉台に登りました。この道、いいでしょう?昨日の雨のせいでぬかるんでいて、後輪が空回りしてしまいます。乗ったり押したりしながら上っていきます。

fuji08

 紅葉台のベンチに腰掛遅い昼食を摂りながら、ぼんやりと富士を眺めます。飽きません。ポカポカの陽気のせいでしょうか。眠くなってきました。

 「オー、マウンテンバイク。今日はどこから?」
 「へぇー、65キロ?そんなに走るんだ。」
 ずいぶん感動屋の人からいろいろ尋ねられました。マウンテンじゃなくて、ランドナーなの!いやスポルティフかな?

fuji09

 道の駅に戻ってきました。すると空が急速に暗さを増し、どんよりとしてきました。やはり行いがよかったんじゃないでしょうかねぇ。

fuji10

明日は・・・

今日・明日とお休み。富士四湖へ行く予定なんですが、今日の予報は午後から雨。それもしっかりと当たりました。
明日も予報では午前中雨が残りそう。どうしましょ。

当地はすでに紅葉も盛りを過ぎ、平日でもあって、人も少ないだろうと踏んでます。明日は山中湖以外の湖全てを廻って、それからちょっとすそ野のハードコースを行こうと思っています。

朝、雨が降っていないことを祈りましょう。
月別アーカイブ
プロフィール

yajirobe_naka

  • ライブドアブログ