焼山温泉ブログ

焼山のふもとに佇む秘湯の一軒宿。 雄大な焼山の山並みを眺め、のどかな自然に包まれた抜群の環境です。 焼山温泉 清風館のスタッフが、ちょっとした情報をつぶやいています。

今年もこのプランの季節がきました。
「越の丸茄子」見た目にも身がぎっしりと詰まっていそうな逸品。
6901














丸茄子はそのままを切って焼いても美味しいのですが、
当館では中をくりぬいてグラタン風に。これが相性抜群
とりわけ糸魚川地区名産の「越の丸茄子」は身が締まり、
味も濃厚な高級食材として都市部の高級料亭でも高い評価を頂いております。

この越の丸茄子をはじめ、夏の時期に旬を迎える野菜や、糸魚川産こしひかりなど
厳選された地元食材を使用した期間限定プランです!!

夏野菜プラン写真






















4名様以上1室
お1人様1泊2食付 11,400円(税別)
本日より予約受付開始です。
旬の地元野菜を創作料理でご堪能くださいませ

今年の「焼山温泉夏祭り」開催日が
決定いたしましたのでお知らせ致します。

日時:平成29年7月22日(土)

今年は温泉周辺にて・・・
バギーバイクと熱気球の搭乗体験もあり
他にもお楽しみが盛りだくさん
C_1Wd9sUQAA7bXV





詳細は又決定しだいこのブログにてご報告いたします

5月21日(土)
NST主催・2017焼山トレッキングに参加して参りました!
DSCN2591
当日は暑いくらいの快晴!
最近こういった温泉関係の外でのイベント日はほとんどお天気に恵まれます
テレビCMの効果もあってか、県内各地より大勢の方が参加してくださいました。
(最年長はなんと80代の方
DSCN2571

午前9時50分、スタッフ含め50数名。当館駐車場から片道7〜8キロの展望台へいざ出発。
DSCN2574

1.5キロほど歩いて笹倉温泉さん付近へ。私は既に足が痛い・・・大丈夫か。
DSCN2577

笹倉さんから少し上ったところには、まだ雪が残っているんですよ。
DSCN2579

さらに歩いて分かれ道。トイレ休憩の後左側の展望台へ向かいます。
ちなみに右側は焼山登山道への入り口で、現在は入山規制がありますので登山はできません。
DSCN2581

振り返るともう温泉はずっと下に。
DSCN2582 DSCN2583

しんがりを務める統括部長。山道の大ベテランで被り笠が似合いすぎです。
DSCN2586

さらに登って上早川地域が一望できる場所へでました。
夏になると当館ではお客様に星空案内をしておりますが、ここがそのポイントなんです。
ここは本当にきれいな星空が見えるんですよ
カップルのお客様の場合、夜に来て下を見るとちょっと素敵なものが見えるかも知れません
DSCN2593DSCN2595

更に又進むといよいよここから脇にある砂利の山道に入ります。広い第二展望台へ。
ちなみにこのまま道路を道なりに進むと、シャルマン火打スキー場が見える場所へでます。
DSCN2601DSCN2599
DSCN2604

ヒイヒイ言いながら展望台に到着!絶景かなDSCN2608

盛り上がった丘の上に祠がありました。下界を見守ってくださっているのかな。
DSCN2609

さあ、待望の昼食
温泉周辺で採れた山菜&以前ご紹介しました焼山製カレー
「疲れて食欲がない」と思ってもいざとなるとお腹にペロッと入っちゃうのがコイツの魔力。
あっという間になくなっちゃいました。
DSCN2610DSCN2615

真正面には焼山&焼山製カレー
DSCN2616

写真がありませんが道端のあちこちで山菜がありました。
ぜんまい、ワラビ、フキノトウまで。いいお土産になりました。
DSCN2619

そして下山後・・・当館駐車場にて豪華景品が当たる抽選会。
当選した方々おめでとうございました。
DSCN2622DSCN2623

怪我人もなく全員無事に下山終了!よかったあ
個人的には、トレッキング初体験で不安もありましたが楽しかったです。
周辺の山々に関しては正直知らないことも多かったので勉強にもなりました。
もちろん今日は筋肉痛ですとも

参加して下さった皆様、NST関係のスタッフの皆様etc・・・ありがとうございました。
参加者の評判も◎でしたのでまた来年、もしくは秋に第二弾が行われるかも知れません。
皆様、ご参加お待ちしております♪♪

大型連休の最終日、黄砂の影響もあまりなく良い天気です。
そしてここは焼山温泉から1キロほど下った、温泉オーナー宅の裏手にあります水田。
ここが米楽園(まいらんど)の特設ファーム。
きょうはこちらで田植えが行われました。
DSCN2536DSCN2529DSCN2528DSCN2538

米楽園とは、糸魚川青年会議所のメンバーが中心となり、
糸魚川上早川地区で手植えによる米作りをおこなっているまちづくり団体のことなんです。

今植えているこの苗が数ヵ月後・・・あの米焼酎「地王」の原材料となるのです

DSCN1117
手間ひまかけて作っておりますので色々大変なのですが、
今年もきっと美味しい焼酎ができると信じています。
稲刈りがまちどおしいなぁ

いつも焼山温泉清風館をご利用頂き誠にありがとうございます。
大型連休中の外来ご入浴につきましては、
5月3日(水)〜5月5日(金)の3日間、
日帰りの御入浴時間は14:00受付終了、15:00退館とさせて頂きます。
その他の日は通常営業を予定しております。

宜しくお願い致します。
2W_L2405_RGB

先日もご案内いたしましたが、本日焼山温泉清風館は休館日。
従業員総出で各設備の点検・修繕を行っております。

そして、こんな特別な日(?)にしか食することができないといわれる
フロントのS主任が腕を振るう「特製のまかないカレー」
まあこれが賭け値なしに本当に旨いんです
DSCN2520
S主任、ご馳走様でした!!
さあ、満腹になったし午後からも頑張ろう!!

(明日からは通常営業となりますので宜しくお願い致します

I山菜プランNO1
豪雪の下で育った山菜は一味違います!
春、この時期にしか味わえない新鮮な「季節の山菜」をご賞味ください♪
【こごみの胡麻和え】【ウドの天ぷら】【キャラブキ等】
焼山温泉周辺で採れた新鮮な山菜をご賞味いただけます。

期間限定5月上旬〜6月下旬
1室4名様以上 11500円(税別)


ご予約はHPから↓↓↓
http://www1.489ban.net/v4/client/plan/detail/customer/yakeyama-spa/plan/3423

さてこの和服姿が美しい外国人女性は誰でしょう?
DSCN2456




























彼女はCaduff Ana Nicolasa(通称ニコ)。
「ほこんたけ通信」で紹介されましたのでご存知の方もいらっしゃるかと思います。
本籍はスイス・チューリヒで、スペイン系の血もひく日本の麺類が大好きな23歳。
上早川地区の魅力を世界中に発信するため、6月までこの焼山温泉へ研修に来ています。
もちろん館内の仕事も見習い中。
今のところ日本語は発展途上中ですが日本語教室に通ったりしてどんどんレベルアップしています。
普段は館内を作務衣でパタパタと動いておりますので、
こんなニコさんを見かけたら是非「日本語又は糸魚川ことば」で声をかけてくださいね!!

I山菜プランNO1日頃より焼山温泉清風館をご利用頂きまして誠にありがとうございます。

4月13日(木)は館内清掃業務に伴い、
外来御入浴は18:00〜受付終了20:00とさせて頂きます。

また4月20日(木)は各設備メンテナンスの為、終日休館とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけ致しますがご理解の程宜しくお願い致します。


実は、遅ればせながら当館でもようやく売店での地酒販売を開始することになりました
DSCN1126

販売開始にあわせて新潟・糸魚川のお酒を愛してやまないこの私も
お客様に糸魚川のお酒のうんちくを語るための勉強中なのですが、
ものの本を読んでいると大変興味深いものを見つけたのです。
それが「酒飲礼儀」

元々は新潟県内のある酒造会社の社長が、
酒造りのプロとしての酒席での心得として考案したものだそうです。
「プロの技術屋が酒でケンカしては駄目だぞ」
「乱れてしまうようなお前の酒は誰も買わないぞ」等々・・・
ということを十一か条にまとめたもの。
私たちはお酒を造る蔵人ではありませんが仕事柄お酒の提供は欠かせませんし、
その内容はあらゆる宴席に通じるもので、
この十一か条をそのまま宴会場に貼り出したいくらいに共感致しました

以下、原文そのまま掲載致します
芸妓さんが登場するのも面白いですね。私たちでいえば仲居さんかな。


−酒飲礼儀−
酒は楽しく嗜むものなり。酒席もまた人格の顕れるものなれば、主、客の間、己の立場をわきまえ、これを道と心得きわめるべし。しかして、酒造りのプロを志さんとする者、自らの手になる酒を喰いて乱れるは論外のことなり。

一、席は主人の指図に素直に従うべし。遠慮は見苦し。
二、酔わぬは礼を欠く。その酔い様に品格の上下あり。
酔って悪しき態は、怒、長、淫なり。
三、主賓は酌を待つべし。みだりに席を離れるは困乱のもとなり。
四、芸妓へ礼を欠くべからず。
五、主人は特定の客のみと親しくするべからず。いわんや芸妓においておや。
六、酌をするに正面より相対して行うべし。側に並びて行うは、特別の関係を見せ、
座の白ける因なり。
七、主賓を一人に占めるはつつしむべし。また、絶え間なく酌責めするは馳走の間を与えず失礼なり。
八、盃をとらすは目上。目下が空盃を持ちまわるは失礼なり。
九、主賓去るまで退席するべからず。
十、酒席での約束事は酔醒めるとともに消えると心得おくことこそ肝要なり。
十一、酒造り人たる者は、仕事の話を尋ねられたるときは、これをひかえめに行うべし。
また、深酔、あるいは両日に連なる飲酒は厳につつしむべきことなり。


このページのトップヘ