2017年09月21日

「千疋屋総本店アトレヴィ信濃町店」信濃町

アボガドライスセット
デザート
一昨日、信濃町の神宮球場で東京6大学野球「東大対慶応3回戦」を観戦。慶応が13対10で勝利。東大は14年振りの2桁得点をしたが15年振りの勝ち点奪取は失敗。残念。その前に「信濃町駅」の駅ビル1階にある「千疋屋総本店」の支店で一人ランチ。午前11時50分位だったが、かろうじて待たずに入れた。その後、直ぐに満席になった。店内は圧倒的に女性客が多い。男性客は、私を含めて3名。1250円の「アボガドライス」にした。ドリンク、ミニデザート付き。ドリンクはアールグレイのアイスティーを選択。ミニデザートはレッドグレープフルーツのゼリー。少し待った後に登場。レモンと山葵醤油でいただいた。大き目のアボガドが美味しい。千疋屋ブランドに洗脳されたか、さすがに一味違う感じだ。ミニデザートも美味しかった。前から感じていることだが、こちらは食事の方が単品デザートよりも遥かにリーズナブルなお値段に感じる。満足。
店内
外観


yakiba0985 at 04:48|PermalinkComments(0)グルメ 

2017年09月20日

東京6大学野球「東大14年振りの2桁得点も15年振りの勝ち点はならず」神宮球場

東大対慶応3回戦昨日、午後、神宮球場で東京6大学野球、東大対慶応3回戦を観戦。試合は13対10で慶応の勝利。2勝1敗で勝ち点を挙げた。東大は、10安打5四死球で14年振りの2桁得点。10点を挙げたが15年振りの勝ち点奪取は失敗。残念。初回1点を先制したが東大のエースで先発の宮台が3回裏2死から慶応の4番岩見に打った瞬間、ホームランと分かる当たりの3ラン本塁打で逆転された。この日の宮台は、可もなし不可もなしの普通の出来。制球も、さほど悪く無かった。しかし、この時も2死からの四球が、きっかけ。この後ピッチャー返しの打球が足をかすめた安打から本塁打だけは駄目という場面で真ん中低めの直球を打たれた。失投といえば失投。勝負的には次の4回表の東大の攻撃で先頭の3番楠田が2塁打。この無死2塁を得点できなかったのが大きかった。ここで1点返していたら2対3で流れが変わったと思う。4番であっても田口にバントであれ何であれ走者を送ってほしかった。ここが無得点で終わっての4回裏、慶応の怒涛の5安打5得点。慶応は4番の岩見以外、無理に強振せずに、ピッチャー返しを心掛け、スクイズも織り交ぜた見事な攻撃。立教の宮台攻略の時も感じたが、無理のない攻撃で、かなり研究されている。宮台は、もっと緩急をつけないと、この後も他校に同じような攻撃をされる。結局、宮台は3回2/3で被安打7、与四死球2、奪三振1、失点8、自責点7で降板。ここで1対8。慶応のリーグ戦初先発の津留崎に5回まで初回の1点に抑えられていて大敗のケース。津留崎に少し疲れが見えたせいか6回から速球派の1年生佐藤が投げた。佐藤は、球は速いが制球が少し悪く、四球やエラーに適時打で反撃。とどめは3番手菊池から3番楠田が初球を2号3ランで6対8。楠田は通算3号本塁打。ここで残り2回で2点差。いけるんじゃないかとのムードが流れた。しかし、昨日は良かった3番手小林が、この日は制球が悪く2点取られ6対10。あ〜あという雰囲気が流れる。さらに8回裏、東大4番手柴田が、精彩なく3失点。これで6対13。正直言って柴田の代え時が遅い。この日の柴田は、見るからに精彩がなかった。ここは、宮本の方が良かった。5番手宮本が昨日と違って良かっただけに余計そう感じた。慶応は9回表に1回戦で撃ち込まれ負け投手になったエース高橋佑を登板させた。しかし、東大打線が1回戦に続いて高橋佑を辻居のリーグ戦初本塁打を含む5安打で、滅多打ちし4点返し、10対13。なおも2死1、2塁と攻めたが、ここで代打の土井が三振で終了。後一歩及ばず。東大打線は2回戦の高橋亮のように上手く変化球主体に緩急をつけられると打てないが一本調子ならば多少、球が速くても打てるという典型。とはいえ、東大打線も上級生のレギュラーが打てないとみると下級生を中心に起用。今のところ、これが成功している。守備も、まずまず。投手陣は、6投手でリーグ戦を戦う布陣だが宮台以外の場合、調子が悪ければ早めに交代させた方が良い。誰か最低1人は、調子が良い者が居そうだ。今季、これからも何勝か出来そうだ。15年振りの勝ち点、20年振りの最下位脱出は微妙だが、出来なくもない。頑張ってほしい。


yakiba0985 at 01:14|PermalinkComments(0)東大野球 

2017年09月19日

東京6大学野球「東大2回戦で慶応に惜敗、明日、決勝戦」神宮球場

慶応対東大2回戦本日は、午後、神宮球場で東京6大学野球「慶応対東大2回戦」を観戦。試合は4対1で慶応の勝ち。これで1勝1敗。3回戦へとなった。第1試合は明治が9対4で法政に連勝。勝ち点2でトップ。法政は連敗スタートとなった。東大の場合、1試合、勝利したり善戦しても、もう1試合は大敗するケースが多い。正直言って力が落ちるからだ。しかし、この試合は、善戦、勝てるチャンスもあった試合だった。とはいえ、慶応の先発、高橋亮が好投。5安打3四死球の1得点で終わった。チャンスは4回裏。1点先制されて、その裏、3安打などを集め同点、なおも1死満塁。ここで後続が凡退して逆転できなかった。勝負の流れ的には、ここが勝敗の分かれ目。東大の先発、2年生の濱崎は、制球は、悪かったが、なんとか抑えていたが次の5回の表に捕まり2点を勝ち越された。この試合、東大は4投手で四死球を8個。特に濱崎が毎回のように出して4回1/3で5個。試合前のキャッチボールから暴投を連発していて嫌な予感がしていた。2番手の宮本も四球こそ2回で1つだが制球が悪かった。高めのボール気味の直球を打たれていたので球威も、いまいちだったのかもしれない。いつから投球フォームをいわゆるライアンスタイルにしたのか分からないが、個人的には、これは嫌いだ。球威が増すわけでもないし、制球が悪くなる。3番手の小林は良かった。今季初登板。今後、2回戦は、小林先発でも良いかもしれない。打線は、打てなかった。相手の高橋は球速は140キロいくか行かないかだが制球が良く、変化球も良かった。東大の投手と違い無駄球がなく、2ストライクから三振を、どんどん取りに来る省エネ投法。東大は守備の乱れは、なかったが無死から3番楠田が死球出塁で反撃という場面で、盗塁時、1、2塁間で転んだのか、よく分からなかったが挟殺されるという凡走。これは、いただけない。正直言って東大の中軸は東大にしては長打力はあるが変化球に極めて脆い。これは各校に知られている。3番4番とは言え、犠打も必要だと思う。春季のレギュラーでも駄目だとなると、どんどん下級生に交代。これは今のところ成功しているし良いと思う。エース宮台は試合前、試合中、ブルペンで投球練習を入念にしていた。まだ、投げてみないと調子は分からない状態だが、3回戦では、是非、頑張って勝ち点奪取を期待したい。


yakiba0985 at 01:30|PermalinkComments(0)東大野球 

2017年09月18日

「Cafe Shakey's 」信濃町

ピッツァランチ
ピッツァランチ
一昨日は、神宮球場で東京6大学野球「東大対慶応1回戦」を観戦。試合は5対2で東大が快勝。9年振りに慶応に勝利し連敗を16連敗でストップさせた。先発のエース宮台が1年振りの勝ち星で通算5勝目。試合後、うきうき気分で、こちらで一人ランチ。かなり前から、こちらのお店はあったのだが、入る機会が無かった。午後2時過ぎだが土曜日とあって店内は、そこそこの入り。外のテラス席もある。神宮外苑に相応しいお洒落な雰囲気のお店。ホリデイランチメニューから1000円の「ピッツァランチ」にした。ツナとオニオン、コーンのピッツア。それにデリ、サラダ、ランチスープ、ドリンク付く。ドリンクは、5種類から選択でき、ウーロン茶を選択。味は、まずまず。
店内
外観


yakiba0985 at 04:34|PermalinkComments(0)グルメ 

2017年09月17日

東京6大学野球「東大9年振り慶応に勝利」神宮球場

東大対慶応1回戦
東大対慶応1回戦
昨日は、神宮球場で東京6大学野球「東大対慶応1回戦」を観戦。試合は5対2で東大が快勝。9年振りに慶応に勝利し連敗を16連敗でストップさせた。先発のエース宮台が1年振りの勝ち星で通算5勝目。東大はこの試合先発メンバーを一部入れ替えた。私は、東大が出来れば3点程度先行して試合を進められれば理想的と思っていたが、その通りの試合展開になった。3点先行した後、2点返されたが、直ぐ中盤に2点を加点。3点差を保ち試合を進められた。エース宮台は完投して被安打8、与四球4、奪三振1、失点、自責点が2、暴投1。制球は、それほど良いとは思わなかったが、大崩れしなかった。球速は140キロ前後で立教戦ほど早くはなく、打たせて取る投球となった。中盤以降、毎回安打をされ、味方の失策もあったが、何とかしのいで1年半振りの完投勝利。麻布高校出身2浪の2年生、新堀がリーグ戦初本塁打。オープン戦でも初本塁打していたが、これがダメ押しになった。同じ麻布高校、東大卒の問題の前文部次官、前川喜平氏が観戦していたとの情報もあった。それはともかく、10安打5点の打線も良かった。本日は台風で順延が早々に決まった。明日の対慶応2回戦で15年振りの勝ち点を期待したい。第2試合は明治が法政に8対4で快勝。

BIG6TV

yakiba0985 at 06:07|PermalinkComments(0)東大野球 

2017年09月16日

「百花百兆」信濃町

天せいろそば
天せいろそば
先週の土曜日。神宮球場で東京6大学野球秋季リーグ戦開会式と東大対立教1回戦を観戦。試合は立教が4対1で勝利。会場周辺に6大学学生模擬店も出て盛況だった。試合観戦後、遅めの一人ランチをこちらでいただいた。信濃町駅前にある慶応大学病院の敷地内にあるお店。信濃町駅界隈のレストランでは便利で安定して美味しく重宝している。この日は、土曜日の午後だったが病院が診察をしているせいか店内は、午後2時頃なのに、ほぼ満席。店内のディスプレイに患者さんの呼び出し番号が表示される。大学病院を受診しようとすると予約があっても半日仕事になる。まあ、人生は一に健康、二にお金だから仕方がない。この日は、あまり食が進まなかったので軽めの「天せいろそば」1220円にした。麺は、そば、うどん、相盛りから選択できる。一番カロリーの少ないそばにした。もともと、うどんよりも、そばの方が好きな関東人。病院レストランらしくメニューに、エネルギー、たんぱく質など様々な表示がされるので便利。味もまずまず。
天せいろそば
入口


yakiba0985 at 04:39|PermalinkComments(0)グルメ 

2017年09月15日

「銀座アスターお茶の水賓館」御茶ノ水

焼きそば
杏仁豆腐

店内
眺望
昨日は、午後、予約を取っていたお茶の水の「井上眼科クリニック」を受診。約1年半振りの受診。このところパソコンをある程度、使っていると目が疲れる。念のために眼科専門病院として有名なこちらを受診。予約といっても人気の高い病院なので病院に入ってから出るまで約3時間。幸い、大きな眼疾は、無かった。加齢と体質。仕方なし。終わってから同じビルの最上階に入っている「銀座アスター」の支店で遅めの一人ランチ。午後4時頃なので先客なし。それでも、午後の休憩時間が無いので、ありがたい。私の後に2組ほど来店。店内は大きな窓から東京医科歯科大病院などが見え眺望が良い。この辺りは大学病院などが多い一角。私も、近隣の「三楽病院」で腰椎ヘルニアの手術をしたり「東京医科歯科大病院」を受診したり、父は「駿河台日大病院」で53歳の時に脳出血で亡くなっている。それはともかく、今回は、税込み1836円の「焼きそば」を注文。上に餡が乗っている。麺は、揚げたものが良いか、焼いたものが良いか尋ねられたので、固くないものとお願いしたら、それならば、焼いたものが良いだろうとのことなので、それにした。いわゆる固焼きそばは好きでは無い。細麺でさっと表面を焼いているだけなので餡がしみ込んで柔らかくなるとのこと。美味しかった。井上眼科を受診した者にはハーフデザートのサービスがある。4種類ほどから選択できるのでオーソドックスに杏仁豆腐を注文。ばっちり、サービス料10%が付き合計が2019円。ウェイティングスペースに見事な象牙の橋の細工があった。今では入手困難だろう。診察の後の食事を終えて帰宅。
象牙の置物
入口


yakiba0985 at 06:22|PermalinkComments(0)グルメ 

2017年09月14日

「水明亭神宮球場内売店」信濃町

かけそば
外観
先日の日曜日、信濃町の神宮球場で東京6大学野球秋季リーグ戦、東大対立教2回戦を観戦。試合は、東大先発、宮台の立ち上がり制球乱調で8対1で立教の連勝。宮台は3回以降頑張り、久しぶりの完投。次回に期待したい。試合前に腹ごしらえ。球場内売店で私が一番美味しいと思っている、こちら水明亭で450円の「かけそば」を注文。売店そばにある台に乗せて立ち食いでいただいた。やはり、美味しい。今から45、6年前の高校生時代、友人と東大野球観戦の時に、おそらく、こちらの売店で、その時も、一番安い「かけそば」を購入。スタンド席に戻り試合を観戦しながら、いただいた思い出が鮮明に残っている。東大関係者でもないのに東大野球観戦に付き合ってくれた友人は、野球が大好きだったと後に弟さんから伺った。その時は、そんな素振りは全く見せなかった。その友人も3年前に、61歳で貰い事故のような亡くなり方をした。1杯のかけそばをいただきながら、そんなことを思い出す。当時の東大のエースは、その後、国土交通省の局長にまで出世した。

yakiba0985 at 06:27|PermalinkComments(0)グルメ 

2017年09月13日

「シビック・スカイレストラン椿山荘」文京区春日

松花堂弁当
松花堂弁当
一昨夜は文京シビックセンター26階会議室でのホワイトプロパガンダ漫画家「はすみとしこ氏」の新作「それでも反日してみたい」出版記念講演会に参加。参加費2000円で新作をいただき、はすみ氏と特別ゲストの千葉麗子氏のサインをいただいた。この本は昔「ガロ」というカルト的漫画誌を出していた青林堂という出版社から出て居る。約1時間のはすみ氏と千葉氏の対談の後にサイン会があり80人定員が満席になった。面白かった。その前に25階にある椿山荘が運営しているスカイレストランで一人ディナー。平日の午後6時ごろだったが、店内は、ほぼ満席。中高年のお客さんが多い。大きな窓からは、夜景が綺麗に見える。2050円の「松花堂弁当」をいただいた。刺身、煮物、焼物、茶わん蒸し、ご飯、味噌汁、香の物のセット。一口サイズで色々な料理が楽しめる松花堂弁当はお得。文京シビックセンターは基本的に文京区役所。区役所のレストランに椿山荘運営のレストランは素敵だ。
店内
入口


yakiba0985 at 05:17|PermalinkComments(0)グルメ 

2017年09月12日

「はすみとしこ氏出版記念講演会参加」文京シビックセンター

はすみとしこ氏新作
はすみとしこ氏
昨日は、昼間、大きな引き戸のガラス戸の戸車を大工さんに直していただいた。もう何十年も直していなかったので動きが悪かった。既に80歳近い大工さんだったが、上手に直していただいた。感謝。正直言って今、上手な職人さんは、各分野で少ない。終わってから暫く茶のみ話をしたが長生きしていただきたい。夜は文京シビックセンター会議室でのホワイトプロパガンダ漫画家「はすみとしこ氏」の新作「それでも反日してみたい」出版記念講演会に参加。参加費2000円で新作をいただき、はすみ氏と特別ゲストの千葉麗子氏のサインをいただいた。この本は昔「ガロ」というカルト的漫画誌を出していた青林堂という出版社から出て居る。約1時間のはすみ氏と千葉氏の対談の後にサイン会があり80人定員が満席になった。百田尚樹氏の推薦文付き。実はこの講演会は、共産党市議の妨害工作呼び掛けがあり開催が危ぶまれたが関係者のご尽力で無事開催された。ヘイトとかレイシストとか人権弾圧反対、言論弾圧反対などと声高に叫ぶ反日極左関係者の方が言論弾圧を日常的にする典型例。大手新聞、テレビが極左反日勢力に牛耳られ反日フェイクニュース垂れ流し放題。先頃の約500人が集まったTBS偏向報道糾弾デモと言い、ようやく、まともな日本を愛する日本人の反撃が始まった。充実した講演会、サイン会だった。

yakiba0985 at 06:40|PermalinkComments(0)愛国 
Profile
ランキング
一日一回クリックしてね。
人気blogランキングへ
こちらも、クリック、よろしく。
ランキングエントリー中!

記事検索
楽天市場
Amazonライブリンク
livedoor 天気
Archives