2007年01月12日

金丸銀三「利殖競馬入門」

 最近は、競馬には、ほとんど興味が無いので、あまりテレビでも見ない。それでも、30年ぐらい前には、5年間程、熱中していた時期があった。昭和50年前後「ハイセイコー」ブームの頃だろうか。前にも書いたが、好きだった馬は天皇賞馬「アイフル」。その当時、馬が好きというより、競馬の儲けで生活できないかと模索していた。結論は、無理。この当たり前の結論に達するまでに5年間、掛かった。いろいろな馬券投資法を研究したが、一番気に入ったのが、当時、TBSテレビの深夜番組に出演していた金丸銀三氏の著書「利殖競馬入門」に書かれていた「複勝馬券ころがし術」。これは、手持ち資金を13等分して今でいうG1クラス、重賞レースの本命サイド複勝式馬券を13等分の1の資金で1点買いする方法。外れた場合は次のレースに1回目の3倍の資金をつぎ込む。又、外れた場合には、次のレースに、さらに2回目の3倍の資金をつぎ込むという方法。G1クラス重賞レースの本命馬が3回続けて3着までに絡まないことは無いだろうという発想。さらに、配当も160円ぐらいは出るという前提のもの。馬の予想は、使用レースのローテーション、馬体重、過去の成績を考慮する。当時、結構、話題には、なった。続きは、明日。

yakiba0985 at 06:37│TrackBack(1)経済 | 経済

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「一部の競馬投資家が使う裏人気オッズ投資法」  [ ■「的中率66.8%で月収30万円プラスにする投資法」■ ]   2007年01月12日 11:21
7月から始めた無料メルマガでしたが、とんでもない的中率を誇りました。
Profile
ランキング
一日一回クリックしてね。
人気blogランキングへ
こちらも、クリック、よろしく。
ランキングエントリー中!

記事検索
楽天市場
Amazonライブリンク
livedoor 天気
Archives