やきとり屋の独り言2

やきとりたがみ主人のブログです。ライブドアに引越ししました。

ヒルナンデス放送予定です

黒門町に移転してから三か月弱。
少しずつてねすがこの狭さにも慣れてきました(笑)
12月14日に放送予定の番組です。
是非ご覧下さい。
image


お問い合わせ

黒門町 たがみ
03-5817-8968

東京都台東区上野1-17-3 1F


湯島 とりひろ
03-3834-1334

東京都文京区湯島3-36-10 1F

7月14日

何度もブログに登場する私の中学時代の恩師。
寡黙ではあるが、身体の大きさ以上に存在感があった。
今の私が在るのも、先生との出会いがあったからと言っても過言ではない。
高校入試に手こずっていた私は、野球までも諦めようとしていた。
そんな時に先生は、
「お前から野球をとったら、ろくな人間にならない。」と、強く助言してくれた。
あの一言で、私の腹は決まった。

絶対に甲子園に行く!

その為には…と、選んだのが堀越学園。
中学の卒業アルバムには「祝 甲子園出場」と、決意の約束を書いた。

あれから30年。

事ある毎に先生は祝って下さる。
息子の甲子園出場、息子の卒業、娘の卒業、娘の入学までも。

そんな先生が先日、いつもの様に山の帰りに寄って下さった。
帰り際、
「今日も美味しかった。ありがとうございました。」
と、深々と頭を下げられ、
「ところでタガさん。7月14日は、たがみの記念日だったよね。店は無くなっても、タガさんの原点の記念日だから…奥様と一緒に食事でも。」
と、私に祝儀袋を手渡しながら、左手を軽く挙げてサッと帰って行った。
私は驚きと嬉しさの余りに涙があふれた。

7月14日
原点の記念日…。

決して忘れる事のない日。



湯島 焼き鳥 とりひろ
お問い合わせ
03-3834-1334

東京都文京区湯島3-36-10
小出ビル1F

営業時間 (月~日)
17:00~24:00
定休日 不定休




 

心新たに…

20年間、商いを続けてきた地から離れてもう1ヶ月が経とうとしています。
閉店前から閉店後のこの半年間 、自分でも心のざわつきを抑えることに必死でした。
悔しさや虚しさの拠り所を探して、何かをやる事でごまかして…。
日々の営業の中で、決して忘れてはいけないあの日の営業を、今だからこそ思い出して…
お客様へのおもてなしの気持ちを大切にしていきたいです。

2013年10月のブログにも書きましたが、私にとって一番大切な営業となったあの日の出来事。
自らの死と向き合い「死ぬ前にたがみさんの焼き鳥が食べたいと思って来ました。」
と言ってくださり、人生最後の外食に私の焼き鳥を選んで下さったある青年とお母様。
私におもてなしの意味と、商いと、店主としてどうあるべきか?を、あの日あの晩の営業で教えられた様な気がします。
私にとって、サービスとは?の答えがあの親子であり、あの日の営業なのです。
今までもこれからも、それはずっと変わらない事でしょう。
迷ったり悩んだりした時に、いつも思い出すあの一日…。

原点に立って、心新たに…。

image












湯島 焼き鳥 とりひろ
お問い合わせ
03-3834-1334

東京都文京区湯島3-36-10
小出ビル1F

営業時間 (月~日)
17:00~24:00
定休日 不定休

 

2015 ボジョレーヌーヴォー

今年のヌーヴォーのレポートが仲田君より届きました。


さわやかな秋晴れの中、9月4日に収穫を行いました。
収量は対前年比でマイナス22%となりましたがぶどうは種まで完熟し、アルコール度数は13.3度に達しました。
アルコール度数が13度を超えたのは2003年以来12年ぶりですが、2003年は酸がかなり低かったのに対し、今年は2009年や2011年と同じレベルの酸が確保されており、甘みやコク、酸味のいずれもが、とても高いレベルで調和しております。
前回のレポートにも書かせていただきましたが、今年は収穫が早かったので、例年以上に樽熟成の時間をとることができす。
1日でも長い方が、微酸化効果によってワインに複雑味を与えることができます。
今年は約20日間の樽熟成を予定しております。
凝縮感のある濃厚な果実味と十分な酸、完熟によるなめらかなタンニン、より複雑な風味と、私にとっては申し分のない年になりました。
私がこれまで造ってきたヌーヴォーの中では、最良の出来となると思います。
ご注文をくださいましたすべてのお客様に、心よりお礼申し上げます。


2015年10月1日

メゾン・ルー・デュモン

仲田晃司

連休のお知らせ

毎度お引き立て有り難う御座います。

シルバーウィークのご案内

池之端「たがみ」

9月20日(日) 17:30より営業
9月21日(月)〜9月23日(水)まで連休させて頂きます。

9月24日(木) 18:00より通常営業致します。

03-3823-6834


湯島「とりひろ」

9月20日(日)〜9月23日(水)まで連休させて頂きます。

9月24日(木) 17:00より通常営業致します。

03-3834-1334


宜しくお願い申し上げます。

店主 

お盆休みのお知らせ

毎度お引き立て有り難う御座います。

下記の通り夏季休業させて頂きます。


湯島「とりひろ」

8月15日(土)   休業
8月16日(日)   休業
8月17日(月)   休業

8月18日(火)   17:00より通常営業致します。 


池之端「たがみ」

8月15日(土)   営業致します
8月16日(日)   営業致します
8月17日(月)   休業
8月18日(火)   休業

8月19日(水)   18:00より通常営業致します。



お問い合わせ

池之端「たがみ」 
03-3823-6834 
東京都台東区池之端3-4-18
営業時間 平日 18:00~22:30
日曜 祝日 17:30~22:30
定休日 月曜日

湯島「とりひろ」
03-3834-1334
東京都文京区湯島3-36-10 小出ビル1階
営業時間 17:00~25:00(ラストオーダー24:00)
定休日 日曜日 月曜日

 

関東一高 5年ぶり甲子園!!!

今年は少しばかり失策が目立ったが、危なげない試合運びで勝利を重ねた。

上位打線、特に2番の伊橋の出塁率の高さには目をひく。

トップバッターのオコエ君が出塁すれば確実に送り、好調の3番伊藤君がランナーを還す。

4番森山君のブレーキが気がかりだが、甲子園までにはキッチリ調子を取り戻してくれるだろう。

走塁面でも次の塁を狙う姿勢が徹底され、今日の試合でもセンター前ヒットを二つ二塁打にしている。

 投手陣は甲子園でも継投策でいくだろう。

 チーム一丸、関東一高の夏は終わらない。

  image

関東一高ベスト4

今年も関東一高の夏は順当に駒を進めてベスト4。

ここまでわずか失点1も、準決勝の相手はライバル校帝京。

今年の関東一高は攻撃力が魅力。

加えて機動力も健在で5、6点で勝負が収まるかどうか…。

先頭打者のオコエ君が鍵を握るだろう。

帝京高校もここまでは打撃好調。

両投手の立ち上がりを両チーム攻めたいところだ。

関東一高には愚息の同期がコーチ、帝京2番打者には娘の同級生がいる。

どちらも応援したい。

頑張れ関一!!!

頑張れ雷太!!!



お問い合わせ

池之端「たがみ」 
03-3823-6834 
東京都台東区池之端3-4-18
営業時間 平日 18:00~22:30
日曜 祝日 17:30~22:30
定休日 月曜日

湯島「とりひろ」
03-3834-1334
東京都文京区湯島3-36-10 小出ビル1階
営業時間 17:00~25:00(ラストオーダー24:00)
定休日 日曜日 月曜日

 

あなたの知らない上野駅 徒歩7分

「ねぎまの殿様」という落語がある。
話の筋は「目黒の秋刀魚」とほぼ同じ。
「ねぎま」より「秋刀魚」の方が庶民的な食べ物になったから、現在ではあまりやらない演目になってしまったのだろう。

ねぎまの殿様の舞台は本郷から湯島、上野広小路、現在の池之端1丁目界隈。
昔はマグロのトロの部分は捨てられていたもの。
それをネギと一緒に鍋にして、煮売り屋でねぎま鍋として庶民に出されていたのだ。

そんな「ねぎまの殿様」という落語を取り上げた番組に、ほんの数秒出演します。

普段は作らない「ねぎま鍋」の依頼を受け、私自身も勉強させていただきました。
たい平師匠ありがとうございました。

大間の本鮪の大トロ、千寿葱で贅沢にねぎま鍋を作りました。
煮売り屋で売られていたもの…ということで、あくまでもシンプルにぶつ切りの鍋です。味も昔を意識して少し濃い目に仕上げてみました。



番組名/「あなたの知らない上野駅 徒歩7分」

放送予定日/ 5月30日(土)

放送枠/NHK BSプレミアム

時間/19:30〜21:00




お問い合わせ

池之端「たがみ」
03-3823-6834
東京都台東区池之端3-4-18
営業時間 平日 18:00~22:30
日曜 祝日 17:30~22:30
定休日 月曜日

湯島「とりひろ」
03-3834-1334
東京都文京区湯島3-36-10 小出ビル1階
営業時間 17:00~25:00(ラストオーダー24:00)
定休日 日曜日 月曜日

伯父さんとの思い出

伯父の杵屋五三吉さんが亡くなり、昨日と今日が葬儀でした。

小学生の頃、春日のお宅にお邪魔する時は、お稽古をされている為いつも静かにしていなければなりませんでした。

テレビのボリュームもなるべく小さくして、ジッとお稽古が終わるのを待っていた記憶があります。

お稽古が終わると楽しみにしていたレストランへ連れて行って下さるのです。

伯父さんの家に行くとご馳走が食べられる…。

なかなか贅沢が出来ない頃の、唯一の楽しみだった様な気がします。

長唄三味線をやられている為、声の通りや張りが凄くて、子供の頃は大きな声がとても怖かったです。

実際には怒られたことは一度も無く、とてもとても優しい伯父さんでしたが…。

野球も好きだし、食べる事も好きだったので、何かと応援して下さりました。

私が23歳の時、ある悩みがあり伯父さんのもとへ相談に行きました。

明確な答えを出して下さり悩みはその場で解決出来ました。

その後は2時間以上伯父さんの話を聞いていました。

「やってみたい仕事が二つある。それは高校野球の監督とオーケストラの指揮者だ!」

と、珍しく目尻を下げながら語り続けていました。

あんなに楽しそうな表情を見たのは、この時が初めてだったので、少しの驚きと、伯父さんの大きな声と楽しい夜が記憶の中から今でも蘇ります。

私が店を始めた頃、最初に一人前の扱いをして下さったのも伯父さんでした。

調理場に立つ私を名前で呼ぶ親戚達の中、伯父さんだけは「大将」と、呼んで下さりました。

「旨い!」と美味しそうに食べて下さった伯父さんの優しさが、今思うとあの頃の自分には、どれほどの支えとなっていたのか計り知れません。

湯島の「とりひろ」の向かいの角は昔、伯父さんが住んでいた家でした。

そんな事も、何かと不思議な縁を感じます。

仕込みをしていると「元気か?」と、よく顔を出して下さいました。

今でもあの元気なお姿が目に焼き付いています。

「人の死」には、自分の気持ちは追いつかないものです。

だからこそ、今の自分を精一杯生きるしか方法は無いのですね。

今日、この現実を枯らさない為にも…。

伯父さん。

ありがとうございました。

夢に向かって頑張ります。





お問い合わせ

池之端「たがみ」 
03-3823-6834 
東京都台東区池之端3-4-18
営業時間 平日 18:00~22:30
日曜 祝日 17:30~22:30
定休日 月曜日

湯島「とりひろ」
03-3834-1334
東京都文京区湯島3-36-10 小出ビル1階
営業時間 17:00~25:00(ラストオーダー24:00)
定休日 日曜日 月曜日


記事検索
リンク
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ