やこっちのメンターとして慕わせてもらっていて、友人でもあるKEIこと八納啓造氏がこの度出版される本「わが子を天才に育てる家」(PHP研究所)のご紹介です

八納氏は本業の建築家として、またライフワークナビゲーターとしても活躍されています。

彼がライフワークとして定期的に開催している〈自分らしさを発掘する〉ための「はじめのいっぽ」という勉強会に昨年の秋から参加し始めました。
この勉強会を通じで大切な仲間達と出会うこともでき、ここで受け取った様々なことが身の肥やしとなって今があります
そんなこんなで色々と感銘を受け、今では会のボランティアスタッフとしても楽しく関わらせてもらっています

実は彼と知り合う以前から、奥様ともご縁があり、今ではご夫婦共に親しくさせてもらっています。お二人はやこっちの理想とするご夫婦で、将来いつの日にかKEIにお家を建ててもらうことを夢見ています


八納啓造からのメッセージ

建築家の八納啓造です。この度PHP研究所から「わが子を天才に育てる家」を出版いたしました。

天才と言うと、特別な人の特別な才能のように感じる方もいるかも知れませんが「その子本来の才能に気付き、ワクワクしながらそれに取り組んでいる状態はまさに天賦の才=天才」というところから天才とつけています。

天才は誰にでもある才能で、それを住環境がどのようにすれば後押ししてあげることが出来るか?をテーマにまとめた本です。

具体的な内容は下記の通りです。

==============================
プロローグ 勉強部屋なんていらない!本当の理由

第1部 個室は子供にこんな影響を及ぼす

 ・もともと日本には子供部屋という概念がなかった
 ・部屋を欲しがる子供の本音とは?
 ・一人きりの勉強部屋が子供に及ぼす影響とは
                                    ・・・など

第2部 わが子の才能を育むために知っておきたい家造り13のポイント

 ・子供特有の家の機能を知って活用しよう
 ・子供目線での子供部屋の機能を理解しよう
 ・家の規模別による子供部屋の広さや機能を押さえよう 
                                    ・・・など

第3部 家族が幸せになる!子供がクリエイティブに育つための住まいの
     Q&A

 ・完全な個室にしたほうがいいでしょうか?
 ・子供にとって危なくない家にするにはどうすればいいでしょうか?
 ・天才を育てるには天井が高いほうがいいのですか?
 ・家造りを考える際、子供の意見はどこまで取り入れるべきでしょうか?
 ・子供がクリエイティブに育つ間取りというのはあるのでしょうか?
                                    ・・・など

==============================

今回、この本の内容をより理解していただけるように「わが子を天才に育てる家」を3倍詳しく理解できるインタビューCDを作成しました。出版記念キャンペーンで11月17日〜11月末までにオンライン書店アマゾンで購入いただいて、キャンペーンに申し込んでいただけると、上記CDやそれ以外にも特典をプレゼントさせていただきます。詳細は下記をご覧ください。
http://www.keizo-office.com/wagako-amazon.html

また、広島近郊の方には12月7日に広島で開催する「本田健×八納啓造ジョイント講演会」の無料招待プレゼントもキャンペーンで開催していますので合わせてご覧ください。
※こちらのほうは先着30名さまになっていますので枠が無くなり次第終了いたします。

八納啓造


ご紹介を最後まで読んでいただいてありがとうございました

〈建築設計の現場から浮かび上がる、空間創りを通したコミュニケーショントラブルの解決法〉のお話しがあるという情報を得て、「一体、建築家の方が人間関係についてどのようなお話をされるんだろう??」と興味を持って、KEIがスピーカーを務めるセミナーに参加したのが彼を知るそもそものきっかけでした

今回の書籍も、お子さんがいらっしゃる方、これからお家を建てる予定のある方の参考になることもさることながら、「空間」とそこに住む「人」との人生の繋がりについて、何らかのヒントが得られる本になっているのではないかと期待しています。

本が手元に届くのが楽しみです

わが子を天才に育てる家わが子を天才に育てる家
著者:八納 啓造
販売元:PHP研究所
(2010-11-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る