今日、人とお話ししていて貰ったメッセージ

「ビジョンに生きるのではなく、ミッションに生きる。」
ビジョンだと自分の力でなんとかしなければならないけど、ミッションだとあちらからの力が働く。

確かにな〜。
ゴールを設定するのにある程度目標(ビジョン)は必要だけど、
ビジョンばかり見ていると不安になってしまう。

目標があるということは、現状では自分は目標に達してないとうことだから。

ビジョンを達成しようとして、頑張るのではなくて、
今の自分が目の前の状況や人に対してできること、
今、今日の自分の使命・ミッションに忠実に行動していくこと。

それが大事になってくる。

ビジョンが決まってしまえば、ミッションに従ってそこまでのプロセスを経ていくだけのこと。

ビジョンだけを追いかけると、目の前のことがおろそかになり、
周りの人を大切にできなくなり自分自身も大切にできなくなってしまう。

今日、今の自分のミッションは何なのか、
他でもない今の自分ができる一つのことは何なのか。

ビジョンから見るとギャップに情けなくなり、それすらも手につかなくなってしまう。

ビジョンを俯瞰する自分は手放しでそこに置いておいて、
今の自分はミッションに委ねて、
心の中の感情を羅針盤に、
心地よい方に従って行くだけのこと。
何気ない日常のひとつひとつが立派なプロセスなんだ。

出来ない自分やダメな自分も認めつつも、今自分にしかできないことがあるはず。

特別に人のために何かやりなさいと言っているんじゃない。

自分の為だっていい。
自分の為じゃなくて、誰の為にやるのか?
自分を満たすことは、悪ではないよ。

本当の自分は何がしたいか、自分の中の真実に光を当てていこう。