農場の手折りアスパラガス。ブログアドレス変更のお知らせ

2009年06月11日

簡単アーティチョークのグリル焼き

今週は日本から家族が遊びに来ていたので、バタバタしていてブログを更新できませんでしたー!頂いたコメントに少しずつ返信しつつ、ぼちぼち更新もしていきますのでよろしくお願いいたしますー!!

さて。このあたりは特にコレといった観光地がない地域なのですが、この一週間、大好きな家族に「アメリカ現地体験」をしてもらおうと色んな場所に行ってきました。…と言っても、観光地巡りではなく、ガレージセールやアンティークショップめぐり、教会での結婚式体験、メジャーリーグ観戦、お洒落スーパーや大好きなパン屋さんへのお買いもの、ナイアガラ観光、湖畔のレストランランチ、ゴルフや森林浴、ファーマーズマーケットめぐりetc…と、ここにいればいたって日常的なイベントがメイン。それでもこの田舎町でしか出来ない事を満喫出来たと、かなり好評でした(^^)それに、私的にも普段は静かな2人暮らしなので、大人数での生活は合宿みたいですっごく、すっごく楽しかった!!また皆で集まれたらいいな〜・・・と楽しい余韻にひたりつつ、とりあえずしばらくぶりのブログ更新は先日作ったお料理upから始めたいと思います〜^^)
 
 それでは早速…まもなく旬が終わってしまうSalaの大好きな野菜:アーティチョークを使って出来る、お手軽な前菜をご紹介(*^・ェ・)ノ
 アーティチョークといえば、アメリカでは瓶詰め&缶詰ものが四季を通じて購入できますが、フレッシュを自宅で処理して味わうそのお味は、加工品の何倍も美味しい!!・・・でも。扱い方が分からなかったり、丸ごと鍋でゆでる(一般的には1時間程といわれてますしね)のが面倒だったりして、なかなか手が出ない・・・という日本人も多いみたいです。もちろん私も最初は鍋で丸ごとゆでてましたが、試しに電子レンジ下処理したところ、簡単・スピーディで味もほとんど変わらない事が判明!!それ以来、Salaは電子レンジを使ってアーティチョークを下調理しています


写真:アーティチョークのグリル。
レンジで下処理した後、焦げ目をつけるだめにオーブントースタで再加熱。こんがり焼けたら出来上がり〜!超簡単なのに美味しい季節のオススメ前菜です。



写真:アーティチョークの下処理。
写真は下処理(花弁のぬきとり)が終わり、塩、オリーブオイルをかけたところ。このままラップをしレンジで5分加熱。その後トースターで少しあぶれば簡単オードブルの完成です!




 フレッシュアーティチョークの香りの良さ、歯ごたえ、深みのある味を一度味わったら、絶対に病みつきになるはず!それに・・・栄養学的にも、痛風&糖尿病予防効果、便秘解消効果がある体にも良い食材なので、積極的にチャレンジしたいお野菜。アーティチョークといえば日本ではかなりの高級食材・・・アメリカでだって普段は高いけど、旬の今時期だけはリーズナブルに食べられるので、興味のある方は是非ぜひチャレンジしてみて下さいね


【アーティチョークのグリル焼き】材料:4〜6人分
・アーティチョーク(中)・・・2〜3個
・レモン・・・1/2個(果汁だけでもOK)
・塩・コショウ・・・適量
・オリーブオイル・・・適量(たっぷり)

【下準備】
・大きな容器に水を張り、レモン果汁をぎゅっとしぼる。果肉もそのまま水に浮かべる。
・アーティチョークの茎は約1センチを切り落とす。上部の1/3を包丁で切り落としてから縦半分にカット。半分にカットしたら真ん中にある紫の固い花弁と毛を完全にナイフで切り取り、またレモン汁へ浸しておく。
※大きな容器にたっぷりの水とレモン1/2個(もしくはレモン汁)をいれ、作業毎に断面を浸す事(レモンで断面もこすってもOK)。レモン水をしっかりつけないと切ったそばから茶色くなるので要注意!

【作り方】
1)大きな耐熱容器に下処理(花弁のぬきとり)済みのアーティチョークを並べ、塩、オリーブオイルをたっぷりかける。
2)ふわりとラップをし、電子レンジで4-5分加熱(中心が透き通り柔らかくなる)。
3)トースターに移し、周りが少し焦げるまであぶったら出来上がり!中心に近い柔らかい部分だけを歯でしごいて召し上がれ!


【ポイント】
・アーティチョークの豆知識、下処理方法はこちらからも確認できます。


下記ブログランキングに参加中です。「生のアーティチョーク、美味しそう!」と思ったら下記バナーをクリックしてくださいね(皆さんの1クリックでブログの順位が上がります)。いつも応援して下さる皆さん、ありがとうございます(。・ω・)ノ゙
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ
ファイブスタイル ブログランキング



yakubonse at 19:09│Comments(8)TrackBack(0) (前菜)サラダ・野菜料理 | 珍しい野菜で作る料理

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 絵留萌   2009年06月12日 12:39
アーティチョークまだ食べたことが無いの。
美味しいってことは知ってるんだけど・・・
初めは缶や瓶じゃなくフレッシュなのを食べてみてと思ってるんだけど。。。
ナカナカ見かけない
来年食べれるように、植えてみよっかな〜〜〜と思ってるこの頃です。
今が旬ですよね?
2. Posted by sofy   2009年06月13日 10:16
どうも!この間はお世話様でした♪
アンティーチョークやっぱり食べとくべきだったかな??現地でしか味わえない貴重な体験本当に楽しかったよ!!
ぜひまたおじゃまさせてね♪
今日は全★!!
sofyもさっそく更新したよ!!
3. Posted by あびまま   2009年06月13日 14:43
アーティーチョーク、うちのがきんちょの大好物です。
レンジでもできるのね〜。茹でるの時間かかるからなー
今度やってみます!!
4. Posted by ひー   2009年06月13日 14:55
5 Salaさん、おひさしぶりです〜
ご家族がいらっしゃっていたのですね。
それは案内にも気を使われたことでしょう。
でも一度、そういうことをしてみたかったなぁ。
わたしのときは、あまりの遠さに恐れをなして、
ついに誰も遊びにこなかったので。笑
アーティチョーク、実は一度もその姿を
日本で見たことありません。
一度食べてみたい野菜です。
シンプルなグリル焼き、すごく美味しそう!

5. Posted by Omamama   2009年06月14日 07:52
Salaさん、お久しぶり〜!Sofyちゃん達と楽しい毎日が過ごせた様で何よりです。合宿みたいで楽しいなんて、聞いているコチラも参加したくなっちゃうほど♪(笑)

アーティチョークは私未だに生のものをTryしたことがないの。やっぱり面倒なイメージがあって。ビン詰めばっかり。レンジで楽チンならいいね!うれしいレシピをありがとう♪ 今日も応援星☆
6. Posted by ton   2009年06月14日 18:45
コメントありがとうございます。

はじめて見る食材です。
どんなお味がするのでしょうか?
その地の旬のものはどこでも美味しいのだと思います。

コメントのお返事はそちらのブログへ書くようにしています。
ご了承くださいね。

>紫陽花、気に入ってもらえて嬉しいです☆
7. Posted by まっころ   2009年06月15日 01:37
こんにちは! 日本からご家族がみえてたんですね。
色んなところに行って、楽しく過ごしましたね♪

アーティチョーク、美味しいね〜。
やっぱり野菜って、缶詰めとフレッシュでは大違いよね!
私もイギリスで、ヤングコーンがフレッシュだと
こんなに美味しいものかとビックリしました。
8. Posted by hitsuji   2009年06月15日 09:54
salaさん、
私もアーティチョーク大好き!
アメリカでフリットをいただいて、
すっごくはまってしまいました。
グリルもよさそう!

そっか、妹さんたちがいらしていたのですね!
楽しそう〜!
それに、salaさんがつれていらしていた
ところ分かるなあ。
なんか、いわゆる観光地より、
アメリカの生活の醍醐味を知ることができるのは
ガレッジセールとかファーマーズマーケットとかかもしれませんね。
私は少なくともそういうことがすっごく楽しかったので。
それにしても大人数のお客様のおもてなし、おつかれさまでした〜!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
農場の手折りアスパラガス。ブログアドレス変更のお知らせ