2009年03月16日

可憐Girl's(54) 可憐Girl's の一番長い日(2)(絶対可憐チルドレン)5

k












 

 3月14日。雨。

 可憐Girl'sの、「任務完了」イベントの日。

 イベントは15時からですが、13時から物販開始。

 CD購入者、先着50名にサイン入りポスタープレゼントもあり、

 11時30頃から並んでました。

-----------------------------------------------------

 並んでる最中にも、聞こえる会話。

 「CD54枚買った奴とか、馬鹿じゃない?」

 その馬鹿が、お前のすぐ前にいるんだよ!

 可憐馬鹿で上等だー! おらおらおらおらー!!!

 心の中で、倒しておきました(笑)

-----------------------------------------------------

 並んでる間にも、次々と届くフラワースタンド。

 リハーサルの間に届いてたから、

 可憐Girl'sの3人も、全部は、見てないかもしれません。

k














k
























k























k























k























k























k























---------------------------------------------------------------

 お台場のイベントで会った人と偶然の再会。

 彼も、今回CD30枚以上買ったとのこと。

 世の中には、こっそりと、必死な人もいるんですよ(笑)

 まあ、これだけ買えば、必然の再会かもしれません(笑)

-----------------------------------------------------------------

 他にも、沖縄や、広島など、全国からファンが駆けつけました。

 広島のファンの方に、素敵なグッズを譲ってもらいました。

 「可憐girl's MISSION COMPLETE Tシャツ」です。

 (自主制作・非公認グッズ)

k























 「任務完了(MISSION COMPLETE)」にふさわしい一品。

 私のブログを見て、声をかけていただいたそうで、感謝です。

----------------------------------------------------------------

 可憐Girl'sの3人にもプレゼントしたそうなので、
 
 もし3人が、どこかで着てくれれば、

 「Tシャツがー おそろだよ なにげにね!」と

 とっぷしーくれっとの歌詞のようです(笑)

 普段の日に、着るのは、もったいないけど(笑)

---------------------------------------------------------------

 ライブでは、シャツの下に、これを着て参加しました。

 客席が暗かったから、3人に見えたかどうかわからないけど、

 最前列にいたので、見えたかもしれません(笑) 

--------------------------------------------------------------

 会場は、渋谷BOXX。

 横10m、縦9mの、定員280名の、小さなホール。

 欠点が一つ。

 ステージが低いんです。(60cm)

 可憐Girl'sの平均身長は、約150cm。

 150cmに60cm足して、210cm。

 前方に170〜180cmの奴らが立つので、

 後方では、その差30〜40cm分(頭1つ)しか見えません。

------------------------------------------------------------

 そのため、急遽、MCの時は、高さ30cm位の箱を3つ持ってきて、

 その上に乗って、話すという状況に。

 ほとんど見えなくて、イライラした人もいたようで、

 後ろからの強引な割り込みも、かなりありました。

 3人の最後の舞台で、いざこざはゴメンですが、

 そうじゃなかったら、絶対もめてたとおもいます。

 今後のイベントでは、改善してほしいところ。

------------------------------------------------------

 会場右側には、「お子様エリア」なるものまで存在。

 フロアより1段高くなって、柵で囲われています。

 アミューズのキッズ?や、関係者招待?のお子様がたくさん(笑)

 6歳位の可愛らしい女の子が、待ち時間に広場で

 「Over The Future」を振りつけバッチリで踊ってて、

 会場のアツイ視線を集めてました(笑)

 他にも、いかにも芸能人の卵みたいな子がいて、

 すぐ横には引率の、アミューズのおねえさん(笑)

----------------------------------------------------------

 3時10分頃に、ようやく開始。

 司会は、元ニッポン放送アナウンサーで、

 今はアミューズ所属の、荘口彰久さんとのこと。

 40歳には見えない(35歳くらい?笑)、軽いノリのトーク。

--------------------------------------------------------

 注意の後、なぜか、可憐Girl'sを呼ぶ前に、

 「ミニパティ」なる、幼女3人ユニットが登場。

 目がクリクリした、可愛らしい子たちです。

 パティ=パティシエ(お菓子職人)の意味らしく、

 3人ともコックさんの帽子をかぶってるのに、

 ミニスカ、黒ニーソ、絶対領域の衣装です(笑)

 なんと、特定層を狙った、あざとい衣装なんだ。

 ずるいぞ、アミューズ!(笑)

 可憐Girl'sの前に、より幼い子を出して、浮気心を試すのか(笑)

--------------------------------------------------------------

 さらに、汚い展開が(笑)

 荘口「ミニパティは、『可憐Girl'sの妹分』ですので、よろしく!

    彼女たちが「Over The Future」の振り付け講座をします」


 可憐Girl'sは「Perfumeの妹分」と宣伝されたのに、

 単なる幼女3人組が、さらに「可憐Girl's」の妹分だと?

 MIKIKO先生が振り付けをするならまだしも、

 「小学生3人組」だけで、「妹分」というには、無理が・・・

 次は、このユニットを応援してね!

 妹分だから、浮気じゃないよ! という、大人の戦略なのか?

--------------------------------------------------------------

 可憐Girl'sは1年間で中学生になってしまうけど、

 幼女3人組なら、数年間は大丈夫!という戦略なのか?

 安易に2匹目のドジョウを狙おうとする?、

 大人のズルさを、少し感じてしまいました。

 ちなみに、舞台では小学校低学年に見えた3人組も、

 実は小学5年生みたいです。2年間は活動できるのかな?

-----------------------------------------------------------

 とはいえ、幼女に罪はありません。

 うるさい男たちも、すっかり「ミニパティ」の言うがままに、

 いぇい!

 ぜったい!

 だいたーん!

 と、振りつけの練習をしています(笑)


 練習が終わって、退場する時に「行かないでー」と叫ぶ奴も(笑)

 お前、今日何しに来たんだよ(笑)

-----------------------------------------------------------

 ミニパティの前座?振り付け講座が終わって、

 ようやく可憐Girl's登場。

 トークなしで、いきなり歌から始まったっけ。

 1曲目は、「Over The Future」

-----------------------------------------------------------

 ライブハウスなので、照明が消えた状態で3人がスタンバイ。

 アニサマと同じ感じかな。

 「かなりキテル!」で始まり、まぶしく照明があたります。

 もう、いきなり点火して、スイッチオン!!!

 会場が一気にヒートアップ!!!


 いえい!

 ぜったい!

 だいたーん!


 大合唱と振り付けもバッチリ(笑)

 ここまで来る客なら、基本ですな(笑)


 衣装は、アルバムの白セーラー服。

 初のお披露目です。可愛いねえ。

--------------------------------------------------

 2曲目は「ぴかっときらっと!Dash girl's」

 「1回! 10回! がんばれ!

  何回目? 大成功!」

 と、このコールも、会場はバッチリ。

 みんな、ちゃんと練習してます。

---------------------------------------------------

 この振り付けを見るのは初めてなのですが、

 結構目まぐるしく動いて、3人を均等に見ることができません。

 右サイドに来てくれた子か、ゆいかちゃんに視線が(笑)

 結局、どんな振付か思い出すことができません(涙)


 このイベントのためだけに、1曲の振り付けするとか、

 そういう意味では、なかなかぜいたくです。

 3人も、よく練習したことでしょう。

------------------------------------------------

 いったん、荘口さん登場で、トークに。

 お立ち台も、準備されます(笑)

 順番があいまいなので、トークの内容は、後でまとめて。

------------------------------------------------------

 3曲目は「とっぷしーくれっと」

 「けい! えい! あーるいーえん!

  はい! はい! れっつごー!

  けい! えい! あーるいーえん!

  はい! はい! おっけー!」

------------------------------------------------------------

 どれだけ飛ばしていくんだ?という、怒涛のラインナップ。

 客のコールもバッチリです。というか、かなりエキサイト。

 ソロパートの後に、それぞれの名前を呼んだり、

 お台場よりもコールが洗練されてきました。 

--------------------------------------------------------

 この振り付けは、お台場で2回見てるので、少し覚えてます。

 (少しかよ!(笑))

 「おっけー!」の時に、頭の上で「〇」を作るように、

 お猿さんポーズが、可愛らしい曲です。

 是非ともDVD化して、振りつけが全部見たいです。

------------------------------------------------------

 次に、またトーク(略)。

 これだけ飛ばす曲ばっかりで、

 今日はどこまでやるつもりなんだ? と、高まる期待。

--------------------------------------------------------

 なんと!


 「次が、最後の曲になります」


 ええええええええーーーーーー

 えええええええええええええええーーーーーーーーー

--------------------------------------------------

 会場、大ブーイング(笑)

 無料イベントとはいえ、まさか4曲とは。

 アンコール1回くらいあるかもしれないし、

 早く終われば、握手会でもあるのか?

 微妙に、裏を考えてしまいます。

----------------------------------------------------

 4曲目は、「MY WINGS」

 今回は、お台場のうるさいコールと違って、

 ソロパートでは、みんな、おおむね、聴き入っていました。

 ソロパートに、名前かぶせる人もいたけど、

 どっちがいいのか、よくわからなくなってきました。

 ライブ用に、多少アレンジしても、面白いかなー。

--------------------------------------------------------

 で、曲が終わると、さっと引っ込む3人。

 まじかよ!

 イベントだと、アンコールを求めないのも一部のお約束らしいけど、

 照明もつく気配もありません。

-------------------------------------------------------

 これは、アンコール行くのか?

 拍手が継続し、一部ではアンコールと聞こえてくる中、

 右隣の奴が「可憐!(か・れ・ん)」と叫びだす。


 うん、そうだよな。

 そっちの方がイイわ。

 それに乗っかって、私も「か!れ!ん!」で、叫ぶ。

 
 みんな考えることは同じなのか、

 自然と広がる「か!れ!ん!」の輪。

 か! れ! ん!  か! れ! ん!

 か! れ! ん!  か! れ! ん!

---------------------------------------------------------

 結構早めに、3人が再登場。

 (舞台袖で、行ってもいいか、スタッフに聞いて、

  スタッフに「ハイ!」と合図されてる姿が、見えてました(笑))


 当然、盛り上がる会場!!!


---------------------------------------------------------

 また、司会者とミニパティ登場で、MC。

 お立ち台が3つしかないのに、

 可憐とミニパティの6人を乗せるという、危険な状態に。

 彩未ちゃんが落ちそうになって、一歩後ろにズレてました。

 主役の可憐が隅に追いやられて、

 ミニパティが3個中、1.8個分の台を確保してました(笑)

 天然なのか、芸能界はサバイバルゲームなのか(笑)

------------------------------------------------------------

 ミニパティが

 「可憐Girl'sさんは、歌もダンスも上手なので、

  可憐Girl'sさんみたいになりたいです!」

 と、泣かせるコメント。

------------------------------------------------------------

 Perfumeという大きな目標があった、可憐の3人が、いまや、

 さらに下の世代から、目標にされる。

 アミューズの内輪の話とはいえ(笑)、うれしいことです。

-------------------------------------------------------------

 5曲目は「Over The Future」

 彩未ちゃんの

「3人で歌う、本当に最後のOver The Futureです!」

 の曲紹介だけで、泣かせます。


 アツイ会場に、さらに火をつけてしまいました。

 後ろから、露骨にタックルとか、突進してくる人が、見えてました。

 ある意味、無法地帯、一歩手前の、激しい盛り上がり。

-------------------------------------------------------------

 その熱いテンションを冷ましつつ、

 もう一度火をつけるような、これまでを振り返るトーク。

------------------------------------------------------

 ゆいかちゃんと彩未ちゃんは、涙がポロポロ。

 両眼から泣いてて、ほっぺたの上あたりに、宝石のように、

 丸い涙の粒が見えるくらいの、ゆいかちゃん。

 両眼や、まぶたが、赤くなって、声が震える、彩未ちゃん。

--------------------------------------------------------------

 最後のあいさつを終えた、と思った瞬間、

 照明が明るくなって、

 いきなり始まる、「Bye!Bye!Bye!」

----------------------------------------------------------------

 あー、やっぱり歌ってくれたよ!

 悲しみの中にも、なんかホッとする、うれしさ。

 涙を浮かべながらも、歌い続ける3人。

 会場も、泣きたいような、苦しいような気持ち。

---------------------------------------------------------------

 3人が歌詞につまりそうだと、観客が自然に歌ったり。

 というか、関係なく全部歌い続ける人や、

「絶対に忘れないよ!」とか、

 「またいつか逢える!」とか、

 みんな、必死に叫んでました。

---------------------------------------------

 観客も、泣きそうになるのを、歌うことで、

 悲しい気持ちを、必死に振りはらおう、

 解散を打ち消そうとしているようでした。

----------------------------------------------------------

 そして、最後の挨拶。

 マイクがオフになり、地声で会場に話しかけます。

 会場がうるさくて、聞こえない人もいたかも。



 「ありがとうございました!!!!」



-----------------------------------------------------------

 会場からも、わき起こる「ありがとう!」の声。

 なんか、悲鳴のような、絶叫のような声。

 とにかく、会場がすごい状態でした。


 いっぱい手を振ってくれる3人は、

 そのまま、舞台袖に消えていきました。

-------------------------------------------------------


 こんなテンションで終われるかよ!


 無料イベントだろうが、有料ライブだろうが、関係ねえ!


---------------------------------------------------------

 自然と起こる、「か!れ!ん! か!れ!ん!」コール。

 その大声は、なんと「本日のイベントは終了しました」の声が、

 完全に聴こえなくなるほどでした。


 放送を打ち消したいぐらいに、みんな真剣でした。

 それぐらい、みんな声出してました。

 燃え上がった、時間でした。

--------------------------------------------------------------

 しかし、大人は残酷(?)です。

 無情にも、それでイベントは終了です。

---------------------------------------------------

 「恒例の3本締め」は、ありません。

 みんな、意地でも締めたくないのか(笑)


 目立ちたがり屋は多くても、みんな

 可憐の活動を締めたくないのは、ちょっとイイ感じ。

 締めたら、本当の終わりみたいだよ!(涙)

---------------------------------------------------

 一緒に可憐コールした右隣の人と、熱く語ったり、

 外に出たら寒かったけど、気持ちはずっと冷めなかったり。

 いつまでも、興奮さめやらぬ者たちは、

 会場の外で、あれやこれやと、語り合っていました。

 気がつけば、軽く1時間以上・・・

 会場を出て、家に帰るまでが、ライブなんです!



yakushimaruhiroko at 02:09│ 可憐Girl’s 
武藤彩未.JP


武藤彩未.JP
2013.4.29

ma-image
武藤彩未
ayami


ayami











シクラメン「舞い桜」PV

三吉彩花
ayaka


ayaka3












ayaka2



















さくら学院 旅立ちの日に
さくら学院 アルバム
2011年3月23日発売延期
2011年4月27日発売
sakura_gakuin55

さくら学院
s


12月8日発売
「夢に向かって/Hello! IVY」
news_large_sakuragakuin_sg_jk
















バトン部 Twinklestars
「Dear Mr.Socrates」
002











可憐Girl's 高校生編
karen

2013.9.27 shibuya AX
可憐Girl's 中学生編
(島ゆいか)
yuika






















yuika2





























(武藤彩未)
ayami
























ayami2























(中元すず香)
suzuka















suzuka2


















とある可憐Girl's
y























a























s





















可憐Girl's ソロ活動
(島ゆいか)
yuika

















(武藤彩未)
a



















(中元すず香)
suzuka
















可憐Girl's メンバー
YUIKA
YUIKA



















AYAMI
AYAMI



















SUZUKA
SUZUKA



















可憐Girl's 1stアルバム
Fly To The Future(初回盤)
2009年2月25日発売
Fly To The Future











(通常盤)
Fly To The Future










可憐Girl's 2ndシングル
MY WINGS (初回限定盤)
2008年11月26日発売
MY WINGS







可憐Girl's










最新記事
記事検索
Archives
アイマスRadio
ラジオ大阪
「アイマスRadio」
2007年4月8日放送(第53回)
投稿採用(釘宮理恵)

2007年4月15日放送(第54回)
投稿採用(たかはし智秋)
投稿採用(豚姫楽園)

2007年4月22日放送(第55回)
投稿採用(ダンス審査員)

2008年6月22日公開録音
2008年6月29日放送(117回)
投稿採用(下着の実演販売)
茅原実里
radio minorythm
第72回
2008年9月13日 公開録音
(渋谷C.C.Lemonホール)
投稿採用(鮭弁当)