2015年10月09日

薬剤師求人サイトでCRC薬剤師として企業に転職する

薬剤師のCRC(治験コーディネーター)としての仕事について

 

CRCの業務内容としては主に以下の通りです。

 

・患者さんに対する治験内容の解説

 

・患者さんの治験に対しての不安等精神的負担の軽減・除去

 

・患者さんの来院・検査予定等スケージュル管理

 

・検査資料の整理整頓及び管理

 

CRCでは病院における医療従事者、つまりドクターや看護師、薬剤師、あるいは製薬企業のモニター等、様々な職種の人と関わることとなります。

 

その為、医薬品、病院について豊富な知識を身に付けるということも大切ですが、コミュニケーションが強く問われる職種となっています。

 

加えて、患者さんに対しても、患者さんに理解してもらえるように丁寧で解りやすく、治験内容を解説することができなければなりません。

 

企業勤務薬剤師のCRCとしての仕事のやり甲斐
 

治験を実施することになるドクターは日々の忙しい一般診療の合間を縫って治験を行いますから、インフォームド・コンセントが不足しているケースもあります。

 

その為、ドクターに代わって充分に時間をかけて、患者さんが納得できるように、丁寧に解説するという重要な役割をも担うこととなります。

 

CRC(治験コーディネーター)は新薬開発に携わることとなりますから、新薬を待望している患者さんにも大きく貢献することのできる職業となっています。

 

薬剤師求人サイトを活用して、CRCとして転職するメリットとしては、新薬開発の最前線に携わることができる、という点が挙げられます。

 

また、患者さんと直接関わってコミュニケーションを取ることができるということも勿論ですが、ドクターを含めて、看護師や薬剤師等、様々な職種の医療従事者と関わることのできる仕事です。

 

薬剤師求人転職支援ナビ

企業の薬剤師求人案件を見付ける為に

薬剤師の求人では、
CRCのみに限ったことではなく、企業による薬剤師の求人は決して少なくありません。

 

また、非公開求人も多く、一般的には募集していない求人案件も存在します。

 

その為、企業勤務の薬剤師として転職することを考えた場合、薬剤師求人サイトに登録することは必要不可欠と言えます。

 

薬剤師が転職する場合、はじめは薬剤師求人サイトに登録を行うことからスタートする場合がほとんどです。

 

薬剤師求人サイトのコンサルタントに積極的に相談することで、あなたの探す条件に合致する求人案件を紹介してもらいやすくなりますから、有効活用しましょう。

 

 Yahoo!知恵袋 薬剤師 求人



yakuzaishikyuujin at 16:03|PermalinkComments(0)薬剤師 転職 | 薬剤師 求人

病院薬剤師として薬剤師求人サイトを利用して転職する

薬剤師求人サイトで病院薬剤師に転職する場合

病院薬剤師として薬剤師求人サイトの転職コンサルタントを活用して調剤薬局や企業勤務の薬剤師が転職するに際して、病院の求人案件の大多数は慢性期病院の求人となっています。

急性期病院の求人は基本的にはほとんどなく、3月はじめ等欠員が出た場合のみ募集がかけられるケースがほとんどです。

その為、急性期病院の病院薬剤師として転職することを希望する場合、薬剤師求人サイトのコンサルタントに対して予め希望を伝えておくことで、急性期病院の求人案件が出た際に優先的に紹介してもらえる可能性が高くなります。

ただし、急性期病院勤務の薬剤師として働きたいと考えている場合、30歳になるまでには急性期病院に転職することです。

急性期病院への転職に際しては年齢がネックとなります。

一方で、慢性期病院勤務の薬剤師として薬剤師求人サイトに登録して転職することを考えた時、年齢に縛られることなく転職することが可能です。

ですが、転職の回数を重ねれば重ねるほど、以降の転職活動がやり難くなるということは覚悟しておかなければなりません。

薬剤師として転職することは難しくありませんが、年齢を重ねる毎に、転職の回数を重ねる毎に、転職が困難となります。

転職に際して慎重になるに越したことはありません。

本当に自分の求めている病院の求人なのかどうか、本当にあなたに合う病院なのか、薬剤師求人サイトのコンサルタントと念入りに相談して見極めましょう。


薬剤師としてCRC(治験コーディネーター)に転職する

薬剤師として働くことのできる職業は病院や薬局、ドラッグストアのみに留まりません。

企業勤務の薬剤師という道も選択肢として考えられます。

調剤薬局や病院から製薬企業に転職する場合、ハードルは高くなりますが、同じ企業に転職するにしても、CRC(治験コーディネーター)として転職することは難しくありません。

また、企業勤務となりますから、土日は基本的には休日となるという点も見逃せないメリットです。

土日休みの薬局は珍しい現状、土日が休みという企業は魅力的でしょう。

これを踏まえて、薬剤師として転職するにあたって、最も選択肢として候補に入りやすい職種はCRC(治験コーディネーター)となります。


治験コーディネーターについて

新薬の開発にあたって、臨床試験は必ず行わなければなりません。

この際実施される臨床試験のことを治験とも言います。

この治験をよりスムーズに実施する為に、医療機関に出向いて患者さんに対して治験の解説や、スケジュールの管理を行うのが治験コーディネーターの仕事です。



yakuzaishikyuujin at 15:46|PermalinkComments(0)薬剤師 転職 | 薬剤師 求人

薬剤師求人サイトで転職して病院薬剤師になる

薬剤師転職・求人 病院薬剤師勤務について

薬剤師として薬剤師転職サイトの転職コンサルタントを有効利用して転職することを検討するにあたって、多くの薬剤師は転職先の求人として調剤薬局をチョイスします。

何故調剤薬局に転職したいと考える薬剤師が多いかと言いますと、新しく病院薬剤師として転職することは困難であると考えている薬剤師が大半だからなのです。

ですが、実際のところ、病院薬剤師として転職することはそこまで難しくはありません。

調剤薬局勤務の薬剤師や、企業勤務の薬剤師から病院勤務の薬剤師として転職した人は実際に少なからず存在します。

例えば調剤薬局で鍛えた薬の知識や、患者さんとのコミュニケーション能力はそのまま病院薬剤師としても活かせます。


病院薬剤師として働くということ

ただち、注意しなければならないことは、調剤薬局や病院の薬剤師では、そのシステムや考え方が大幅に異なるという点です。

勤務形態が異なるということは勿論ですが、診療報酬等、何もかも全く別物となります。

基礎的な医薬品の知識には違いはないのですが、新しく覚えなければならないことが大幅に増えるということは覚悟しておかなければなりません。

また、調剤薬局勤務の薬剤師や企業勤務の薬剤師の方で、病院薬剤師として転職することを考えた場合、基本的には薬剤師求人サイトに登録して転職活動を行うこととなります。

急性期病院等、大病院に転職することを考える場合、年齢がネックとなります。

また、中小病院に転職する場合でも、それぞれ病院によって要求されるスキルは違ってきます。

数多くある病院の求人案件の中から、あなたが実際に転職して働きたいと考えている転職先に対して希望している条件に沿った求人案件を、薬剤師求人サイトのコンサルタントに紹介してもらうことができます。

薬剤師求人サイトのコンサルタントを有効に活用することで、病院の情報を調べる手間や求人案件の条件をチェックする手間を省いてスムーズに転職活動を行うことができます。

また、病院の求人案件の中には未経験者を歓迎する病院も少なくありません。

様々な病院が存在する中で、あなたの求めている条件に最も適した転職先を探すにあたって、薬剤師求人サイトは無くてはならない存在となります。

実際にあなたを受け入れてくれる病院の求人案件を独力で見付けることは困難です。

ですが、薬剤師を専門とする就職・転職・復職のプロフェッショナルである薬剤師求人サイトのコンサルタントを有効に活用することで、あなたの転職活動をより快適なものにしてくれます。


yakuzaishikyuujin at 15:31|PermalinkComments(0)薬剤師 転職 | 薬剤師 求人

薬剤師求人サイトを活用して病院に転職する薬剤師

薬剤師として求人サイトで病院に転職する

薬剤師として転職することを検討するに際して、転職によって病院薬剤師になるということも不可能ではありません。

たとえば、企業勤務の薬剤師から病院薬剤師への転職や、調剤薬局勤務の薬剤師から病院薬剤師に転職するということもできます。

とは言っても、所謂大病院に転職したいと考えた場合は厳しいでしょう。

大病院に転職することを考えた場合、年齢的なことも考慮しなければなりませんから、現実問題として、薬剤師として大病院に転職する場合は30歳を越えると難しいでしょう。

一方で、中小病院であれば問題なく薬剤師として転職することができます。

中小病院とは言いましても、200床以上など、それなりに規模の大きい病院の求人案件はあります。

私の知る限りでは、企業勤務の薬剤師として65歳で定年を迎え、その後病院薬剤師として転職して現役で活躍している人もいます。

今までの経歴に関わらず、病院薬剤師として転職することは困難ではありません。


薬剤師求人サイトのコンサルタントを活用して病院薬剤師に転職する

単に病院とは言いますが、病院にも様々なバリエーションが存在します。

大きく分類すると、“急性期病院”“慢性期病院”“ケアミックス(混合型病院)”の三種類にわけることができます。

急性期病院・・・症状の推移が急な急性期の患者さんが入院する病院です。

慢性期病院・・・症状がある程度落ち着いた患者さんに対して長期間の入院を提供しています。

ケアミックス・・・急性期病院、慢性期病院の機能を兼ね備えた病院です。

急性期病院においては、患者さんの症状が日を追って変化しますから、処方箋や薬の種類もそれにつれて変化してきます。

つまり、それだけ忙しいということが言えます。

また、薬剤師として充分な知識が要求されることとなります。

薬剤師としての業務にやり甲斐を追求するのであれば、急性期病院では、様々な病状の患者さんと触れ合うことができる病院となっています。

その為、急性期病院は若いエネルギー溢れる人の適した転職先と言えます。

また、医師から学べることも豊富で、高い専門性を持って医師と関わっていく中で、自分のスキルアップにも繋がります。

一方で、慢性期病院においては、基本的に毎日ほとんど変化のない薬が処方されることとなります。

その為、急性期病院と比較した場合、落ち着いて業務にあたることができます。

病院に転職するにあたって、病院の種類についても考えるようにしましょう。

OKWave 薬剤師 求人

yakuzaishikyuujin at 14:59|PermalinkComments(0)薬剤師 転職 | 薬剤師 求人

薬剤師の求人・転職!ドラッグストア勤務薬剤師と土日勤務について

薬剤師の求人・転職・ドラッグストアと土日勤務

薬剤師として薬剤師就職支援サイトの転職コンサルタントに相談してドラッグストアに転職する場合、調剤薬局における薬剤師の給料と比較して、ドラッグストア勤務の薬剤師の給料の方が平均して高い傾向となっています。

また、ドラッグストアとは言っても、調剤併設のドラッグストアが増加していますから、調剤薬局で行う業務と同様の業務を行うことになるドラッグストアも少なくありません。

こういったことを考えた場合、薬剤師として調剤薬局に転職するよりも、ドラッグストアに転職した方が良いように思う人もいるでしょう。

ですが、必ずしもドラッグストア勤務の方が良いとは言い切れません。

例として、ドラッグストアにおいては、調剤薬局では取り扱うことのないOTC(一般用医薬品)も多種多様に揃えていますから、これらOTCについても患者さんに対して総合的にアドバイスを行うことができなければなりません。


土日営業が基本のドラッグストア薬剤師

また、大半のドラッグストアは土日祝日も営業しています。

調剤薬局と比較して高給ですが、土日祝日についても出勤しなければならない場合がほとんどです。

ですから、土日祝日の休みの条件を譲れない人にとっては、ドラッグストアでの勤務はオススメできません。

ですが、より多くの年収を稼ぎたいと考えている薬剤師であれば、薬剤師転職サイトを活用してドラッグストアに転職するということも、選択肢として検討する価値は充分にあると言えるでしょう。

ちなみに、勤務するドラッグストアや店舗によって、夜遅くまで働く必要の無いケースも存在します。

たとえば調剤併設のドラッグストアで、薬剤師の勤務は平日は18:00まで、土日は休み、というドラッグストアも存在します。

一般的にドラッグストアで勤務することをイメージした場合、夜遅くまで働く印象を持つ薬剤師が多いのですが、ドラッグストアや店舗にやって薬剤師の扱いには大きく差が生じる場合があります。

ですから、一般的なドラッグストアのイメージにとらわれず、予め条件について詳細にチェックしておくことを忘れてなりません。

薬剤師としてドラッグストアに転職することを考えた場合、以上のような特徴が存在します。

ドラッグストアのそれは調剤薬局とはまた異なる性格のものとなっていますから、ドラッグストアで調剤併設であったとしても、給与体系や土日勤務の有無、勤務時間についてはそれぞれ変わってきます。

ドラッグストアの具体的な業務内容について詳しく知りたいと言うことであれば、薬剤師転職サイトでコンサルタントに相談することで手っ取り早く理解を深めることができます。

また、あなたがドラッグストアに向いているかどうかについても相談することができますから、薬剤師転職サイトは積極的に活用するように心がけましょう。


yakuzaishikyuujin at 14:43|PermalinkComments(0)薬剤師 転職 | 薬剤師 求人

薬剤師転職サイトの求人薬剤師としてドラッグストアに転職する

薬剤師としてドラッグストアに就職する


薬剤師として薬剤師転職サイトの求人を利用して転職するにあたって、薬剤師の多くは調剤薬局という転職先を選択することとなりますが、調剤薬局の次に薬剤師の求人が多いのがドラッグストアです。


また、給料のみを見た場合、調剤薬局に比べてドラッグストアの方が高給である傾向にあります。


ですが、調剤薬局における薬剤師とドラッグストアにおける薬剤師では業務内容が全く異なりますので、この点については把握しておかなければなりません。



薬剤師転職サイトの求人でドラッグストアに転職する


薬剤師として薬剤師求人サイトの求人を活用して調剤薬局で勤務することになったとして、調剤薬局での薬剤師の主な業務内容は患者さんへの服薬指導及び薬の調剤や監査となります。


一方で、薬剤師としてドラッグストアに勤務する場合については、調剤併設のドラッグストアでない限りこれらの業務は実施しません。



ただし、今は調剤併設のドラッグストアが増加していますから、調剤併設のドラッグストアで薬剤師として業務を行う場合については、患者さんに対して服薬指導を適切に行わなければなりません。


ですが、ドラッグストアで調剤併設であったとしても、市販薬にかぎらず、サプリメントや日用品についても取り扱うこととなります。


調剤併設のドラッグストアで薬剤師として業務を実施するにしても、調剤業務や服薬指導以外のドラッグストアで働く上での様々な知識を身につけることとなります。


加えて、ドラッグストアにおいて薬剤師として勤務する場合、店舗運営や商品の管理といった雑務もこなさなければなりません。


ドラッグストアでは商品の陳列やレジ打ちについても薬剤師の仕事ですし、店舗の清掃、備品の整理整頓等、全ての業務を自分で行うこととなります。


調剤薬局や病院勤務の薬剤師のように、事務が代わりに行ってくれるということではありません。



調剤薬局とは全く異なるドラッグストア業務

薬剤師としてドラッグストアで勤務するにあたって、調剤業務や服薬指導といった薬剤師としての業務以外の雑務はしたくないと考える人も少なくありません。


一方で、調剤室にこもって業務を行うのではなく、一般的な店舗の店員と同じように、お客さんと接する接客業務を楽しいと捉える人も多いです。


このように、薬剤師として薬剤師転職サイトを利用してドラッグストアに転職する場合、人によって向き不向きがはっきり別れる職場になるということは覚えておきましょう。



yakuzaishikyuujin at 14:20|PermalinkComments(0)薬剤師 求人 | 薬剤師 転職

薬剤師として求人サイトで調剤薬局に転職するケース

調剤薬局に薬剤師として転職するケース

 

薬剤師として調剤薬局に転職する場合、調剤未経験等の不安を感じる薬剤師も少なくありません。

 

今まで企業勤務で調剤業務を実施したことが無い、といった薬剤師の場合、調剤薬局への転職に不安を感じる薬剤師も多くいます。

 

ですが、基本的には調剤未経験でも全く問題はありません。

 

未経験者を歓迎する調剤薬局は多いのですが、それでも不安を感じるということであれば、県あるいは市で開催している薬剤師会の勉強会に参加することをオススメします。

 

臨床知識を事前に学ぶことで、ある程度不安も解消されることでしょう。

 

今ベテラン薬剤師としてバリバリ働いている調剤薬局勤務の薬剤師も、誰もが皆、右も左もわからないヒヨッコ薬剤師からのスタートです。

 

また、新卒で社会経験ゼロの新米薬剤師だとしても、ゼロからスタートすることとなります。

 

はじめから全ての仕事を完璧にこなせる人はいません。

 

むしろ、はじめから全ての仕事を完璧にできなくて当たり前なのです。

 

良い意味で、はじめは期待されていません。

 

多くが薬剤師不足の傾向にある調剤薬局において、たとえ未経験であっても、薬剤師を欲している調剤薬局は少なくありません。

 

ですから、自分が未経験であることを不安に思うことはありません。

 

気楽に考えて転職に臨み、自分の最も希望する条件に合った求人を見つけましょう。


転職してから一人前の調剤薬局薬剤師になるまで 

 

はじめの内は患者さんに対して服薬指導を行うことはないにせよ、調剤薬局において薬剤師として勤務する場合様々な業務が存在します。

 

例としては、粉薬の作製には時間を要する為、先輩の薬剤師の代わりに粉薬の作製を行うことで大きくサポートすることができます。

 

また、一包化の処方箋についてもとても時間のかかる作業となりますから、これらの作業を率先して引き受けることで貢献することもできます。

 

患者さんにもよりますが、一包化の内容が既に決まっている場合には事前に用意しておいても構いません。

 

これらの作業を行い、次に、たとえば高血圧の薬一種類のみ飲んでいる患者さん等に対して簡単な処方箋から服薬指導に慣れていくこととなります。

 

これは余談となりますが、かく言う私も調剤業務については全く知識のない状態から調剤薬局に転職した経験があります。

 

徐々に業務を覚えて一人前になれば良いのですから、未経験であることを不安に感じることはないのです。

NAVERまとめ 薬剤師 求人 



yakuzaishikyuujin at 14:07|PermalinkComments(0)薬剤師 転職 | 薬剤師 求人

2015年10月08日

薬剤師転職サイトのコンサルタントを活用した薬剤師転職

薬剤師として調剤薬局に転職することを検討するにあたって、ほとんどの薬剤師が利用することになる薬剤師求人サイトを活用することは非常に大切です。

あなたが転職したいと考えている求人の条件を薬剤師求人サイトの転職コンサルタントに予め教えておくことで、あなたの希望する条件にそった求人を回してもらうことができます。

また、求人サイトによってはコンサルタントが求人先の企業と交渉を行ってくれる場合もあります。

面接後の断りの連絡についてもコンサルタントに一任することができますから、あなたの転職活動をよりスムーズに運ぶ手助けをしてくれます。


薬剤師転職サイトで薬剤師として調剤薬局に転職する

薬剤師として薬剤師転職サイトの転職コンサルタントを活用して転職することを考えた時、最も転職先の候補として選択肢に上がりやすいのはやはり調剤薬局です。

調剤薬局は絶対数が多いということも勿論ですが、多くの調剤薬局では薬剤師が不足している傾向が強く、薬剤師の需要が高いということも大きな理由の一つです。

調剤薬局では、起業経験者であるとか、未経験者で調剤業務に携わったことの無い薬剤師に対しても、薬剤師でさえあれば広く迎え入れる姿勢にあります。

その為、薬剤師として働くことを考えた時、調剤薬局という選択肢は、薬剤師の資格さえ保有していれば門戸の広い、転職に成功しやすい職場ということが言えます。


薬局のバリエーション

単に薬局と言っても様々なバリエーションがあります。

基本的に調剤薬局における薬剤師の年収の相場は平均して400万円~500万円となりますが、管理薬剤師であれば500万円~600万円の年収が見込めます。

ただし、調剤薬局の中でも大手チェーン店の調剤薬局の場合、年収平均がやや低い傾向にあるということには注意しましょう。

反対に年収の高い調剤薬局は地方の僻地等、中小薬局です。

また、調剤薬局だけではなく、病院の目の前に構えた門前薬局や、あるいはあらゆる医療機関から処方箋を受ける面分業薬局等、様々なバリエーションが存在します。

内科に隣接する薬局ということであれば、ありとあらゆる薬を取り扱うことができるでしょう。

対して、耳鼻咽喉科や眼科、皮膚科の場合、特定の薬のみを取り扱うこととなります。

取り扱う薬の種類が少ない分、眼科や耳鼻咽喉科では調剤業務に慣れやすいというメリットが挙げられます。

これら様々な薬局が存在する中で、どのような薬局で働きたいのか、ある程度具体的に考えておく必要があります。


yakuzaishikyuujin at 15:33|PermalinkComments(0)薬剤師 求人 | 薬剤師 転職

薬剤師転職サイトを利用して限定社員の求人を探す

限定社員の薬剤師として転職する

これから薬剤師として就職、あるいは転職、復職するに際して、多くの人は正規職員もしくはパート薬剤師として働くことを選択するでしょう。

あるいは派遣社員としての選択肢も存在しますが、これらの勤務形態以外にも、“限定社員”の薬剤師として勤務するという選択肢も存在します。

例えば調剤薬局やドラッグストアにおける薬剤師としての勤務形態については、店舗にもよりますが、限定社員という勤務形態が存在している場合があります。

今回は限定社員の薬剤師として働くということに注目して解説させていただきます。
 

薬剤師の限定社員とは?

正規職員としての勤務形態であれば、残業や異動、転勤といったことは日常茶飯事です。

あるいはヘルプと称して自分の働いている職場以外の薬局を手伝いに行くということも珍しくありません。

ですが、薬剤師として働きたいと考える人の中には、転勤や異動、残業を希望しない人も非常に多くいるのです。

このような需要に応える為に、勤務形態の限定された勤務形態として限定社員という働き方があります。

限定社員としての勤務形態では、具体的には勤務する曜日や勤務時間、勤務エリア(店舗)が限定されることとなります。

ですが、保険、福利厚生などについては正職員とほとんど同等の扱いとなります。

派遣社員やパート・アルバイトとしての勤務形態については、正規職員とは区分されることとなります。

これに対して、限定社員として勤務する場合、一般的な正規職員と同様に勤務することができます。

ただし、異動や転勤、残業等のある、どのようにでも使える正規職員とは異なり、勤務時に条件が限定された社員といったポジションとなります。

ただし、限定社員については薬局やドラッグストアによって条件の詳細が異なるので注意が必要です。

一例を上げるなら、同じ限定社員でも、務める薬局が異なる場合、ボーナスが出ないところと出るところが存在します。

これについては実際にその求人先に確認しなければ判断できません。

加えて、限定社員としての求人は紙面を見ただけでは判別しにくいということも難点です。

あるいは、非公開求人であり、一般的には応募していないケースも少なくありません。

正規職員として働きたいと考えていて、異動や転勤、残業といった勤務時間や勤務場所を限定したいと考えている場合、限定社員の薬剤師として転職することを検討してみてはいかがでしょうか。


yakuzaishikyuujin at 15:17|PermalinkComments(0)薬剤師 求人 | 薬剤師 転職

薬剤師求人サイトで派遣薬剤師に転職したいと望む薬剤師

薬剤師転職サイトの派遣薬剤師求人

薬剤師として転職することを考えた時、薬剤師としての資格さえ有していれば、経験の有無に関わらず広く受け入れている薬局は多いです。

ですから、薬剤師で派遣社員として働く場合、一般的な職種における派遣社員と聞いてイメージするような暗い印象は薄く、むしろ薬剤師で派遣社員として働く場合、非常に自由度の高いライフスタイルとしての派遣社員と考えることができます。

これを踏まえた上で、具体的に派遣薬剤師を希望して薬剤師転職サイトを利用する薬剤師はどのような理由で派遣薬剤師になりたいと考えているのでしょうか?

派遣薬剤師として働くことを希望している薬剤師の多くは、できるだけ様々な店舗での勤務を経験したい、と考えている人です。

また、薬剤師以外の道に進むことを考えて、正職員として腰を据えるのではなく、一時的に期間限定で勤務することを考えて派遣薬剤師を希望する人もいます。

あるいは、育児中で土日休み、残業なしで働きたい場合や、夫の転勤が多い等の理由で正職員になることができず、パート・アルバイトよりも高い時給を稼ぎたい場合なども派遣社員を選択するケースが多くなります。

派遣社員として働くことの利点やデメリットをきちんと把握することができていれば、あなたが今置かれている状況やあなたのライフスタイルを考慮した上で、派遣社員という勤務形態も充分に選択肢の一つとして検討して良いでしょう。

薬剤師の派遣社員は自由度が高く、短期的に集中して稼ぎたい時に有効性の高い勤務形態となります。


正規職員、パート・アルバイトに次ぐ第三の選択肢

正規職員やパート・アルバイトの勤務形態はしっかり把握していても、派遣社員という勤務形態を詳細に理解している人は少ないことと思います。

ですが、“自由度”という観点から業務形態を考えた場合、正規職員と比較しても非常に融通を効かせやすい小回りの利く勤務形態であるということが言えます。

また、パート・アルバイトと比較した場合、派遣社員の時給は高くなります。

正規職員か、あるいはパート・アルバイトとして働くか、ということを悩んでいた薬剤師の方は、是非“派遣社員“として勤務するということも検討してみてはいかがでしょうか。

薬剤師として転職する場合、基本的には薬剤師転職サイトに登録を行って、求人を紹介してもらうことが一般的となります。

派遣社員として勤務することを望む場合、薬剤師転職サイトのコンサルタントに対して自分の要望、条件を本音で伝えることがとても大切です。

sooda! 薬剤師


ハロウィンコスプレ・▲被リンク思考は現実化するリンクとは

yakuzaishikyuujin at 14:54|PermalinkComments(0)薬剤師 転職 | 薬剤師 求人