四方山話

私が開設しているHP千里川の散歩道の更新履歴を兼ねています。

部屋の本を片付けました。

18-11-07_1DX_9360LRhp

#写真をクリックしてご覧ください。

今日はのんびりと朝を過ごし、昼寝してから本の整理。PCのHDDも一杯になってきたので、新しいHDDを購入しようと考えましたが、そのためには読み終えた本を片付けないと未使用のHDDリムーバブルケースがいくつ残っているかわからない。重い腰をあげて部屋に積まれた本を片付けました。

本のコレクションも趣味のひとつ。実は中学生の頃から買い集めた文庫本や新書などは全て残してあって本箱にぎっしり詰めています。床が抜けると脅かしを受けていますが、いやそんなことはないと言い切ってため込んでいます。

通勤の行き帰りを中心に読書をしていて、読んでいる本の内容にもよりますが、少なくとも月に6冊ぐらいのペースで本を読んでいるのではないかと思っています。読んだ本は自分の部屋に積み上げていて、今回はビール瓶1ケース分ぐらいあった本を片付けました。

本は大ざっぱに「新書・教養本」「SF・ファンタジー(海外)」「SF・ファンタジー(国内)」「推理小説・サスペンス他(海外)」「推理小説・サスペンス他(国内)」「ライトノベル」に大ざっぱに分かれていて、著者やシリーズ順に並べています。

最初に買った文庫本がE.E.スミスのレンズマンで、アイザック・アシモフやアーサー・C.クラークにはじまりラリイ・ニーヴンなどを経て今に至ります。ペリー・ローダンシリーズも今では570冊を越えました。今読んでいるのはデニス・E・テイラーの「われらはレギオン3」で、なかなか思考遊戯としては面白い設定です。
なお、SFの古典ですが、ジョージ・オーウェル「1984」が今の時代に当てはまってきたと、ふと思うときがあります。

海外SFから国内に目が向いた作品が、神林長平の「戦闘妖精 雪風」かな?「敵は海賊・A級の敵」かも。Wikipediaによるとジュブナイル小説になるようですが、今は鷹見一幸の「宇宙軍士官学校シリーズ」が面白い。

推理小説・サスペンスと言えば、シャーロック・ホームズですが、中学生のときはF・W・クロフツにはまっていました。今はユッシ・エーズラ・オールスンの「特捜部Qシリーズ」かな。北欧を舞台にしたストーリー展開が面白い。国内では、月村了衛の「機龍警察シリーズ」がお勧め。半ばSFの範疇にはいるかもしれませんが。

「ライトノベル」は最近の傾向で、そもそも西尾維新の「物語シリーズ」から手を染めました。少し前には復刻版ですが奈須きのこの「空の境界シリーズ」が本になったので、思わず買っちゃいました。山口幸三郎の「探偵・日暮旅人シリーズ」なんかも読んでいます。私には似合わないけど、佐野徹夜「君は月夜に光り輝く」は感動モノでした。ライトノベル恐るべしです。今度映画になるみたいですね。

あとは、ちょっと前にも触れたブルーバックスで科学一般教養を磨き、地政学や現代社会の問題などちょっときな臭い時代になってきたので、あれこれ一般書を読んでいます。東のジャイアンと西のジャイアンに挟まれたのび太君の生き残り戦略。隣のスネ夫君もちょっかいを入れてくるし、舵取りが難しい時代になってきました。

さて、今週の「New Photo」では、ちょっと縦構図に挑戦してみました。

子供の頃好きだったこと

18-11-07_1DX_9321LRhp

#写真をクリックしてご覧ください。

年末という訳じゃないけど、先週末から3連チャンの夜更かしは疲れました。いやぁ、寝不足は良くないです。今日のお休みは寝不足解消でのんびりと1日を過ごしました。ふと空を見ると、いい具合に雲が茜色に染まっていて、いい夕日だったかもしれませんね。

あるとき、子供の頃の話が話題になって、ふと、小さい時って何が好きだったのかなと思い出してみました。そう言えば・・・

・運動は苦手で、本がばっかし読んでいた。
 ルパンからファーブル昆虫記まで。北里柴三郎などの伝記やドリトル先生航海記なんかも。
・漫画が好きだった。手塚治虫のワンダースリーを今でも覚えている。
・アニメもよく見ていて、海のトリトンはものすごく印象に残っている。
 もちろん男の子なので、マジンガーZにガッチャマン、宇宙戦艦ヤマト、銀河鉄道999なども。
・実写ではウルトラQ、ウルトラセブンの印象が強いかな。仮面ライダーV3も大好きだった。
 小学生の頃に見た白黒の大怪獣ゴジラの映画がものすごく印象に残っている。
・飛行機とかロケットが好きで、小さい時はそんな夢の絵ばっかり書いていたらしい。
・小学生のときはプラモデル。零戦よりもFW190とかスピットファイアが好きだった。
・親の里の農村風景が何故か原風景として残っている。
・中学の先生の影響でハイキングによく行った。
・小学生の時、意外にもオーケストラを聞いていた。
・高校の芸術選択科目は消去法で音楽としたが、何故か舞台に立っていた。

大人になって何を趣味としているかと言えば
・相変わらず読書
 SFが中心ですが、ライトノベルも推理小説も読むし、新書や科学の一般書も読みます。
・アニメも見ます。
 中には脚本がしっかりしていて、色々考えさせられるものもあります。
・もちろん写真撮影。
 飛行機写真が中心ですが、旅先のスナップとか何でも撮っています。
・少しばかり軍事オタク?
 ちゃんと地政学の一般書は読んでいます。今でもF-14、FA-18といったUS海軍派。
・稲作など
 趣味というより親から受け継いだものですが、良い運動にもなります。
・VOCALOID、アニソン、吹奏楽など
 今の歌謡曲とか、ちょっと好きになれなくてマイナーに陥っています。
・お酒
 趣味というより嗜好ですが、これがないと寂しい。(^^ゞ

比較してみると、子供の時の興味がそのまま受け継がれたという結果です。男はいつまででも子供のままなんですね。
しかし・・・今のお仕事とはどういう関係があるのかなぁ。子供の時の夢には入っていなかったけれども縁と言うのは不思議です。おそらく2020年の定年まで勤め上げることができそうなので、私に合っていないということはなさそうです。

さて、今週の「New Photo」は、雨の日の伊丹スカイパークです。300mmレンズで小さめに飛行機を捉えてみました。

動的平衡

18-11-07_1DX_9333LRhp

#写真をクリックしてご覧ください。


あっと言う間に師走です。(^^ゞ

私の普段の読書はSFがほとんどです。中学1年生から文庫本を買い集め、確か最初に手に取ったのが「レンズマン」(E.E.スミス)で、今に至ります。推理小説もファンタジーもこよなく愛し、最近のライトノベルにも手を伸ばし、アニメから西尾維新にも入り浸り。まあ、2020年に定年を迎えるサラリーマンの読書歴としては、ちと恥ずかしいかも。

もう一つの流れが、実は科学関係の一般書。算数ができない私ですが、数学的素養があれば、間違いなく「科学者」になっていたかった昔の夢が今も渦巻いています。・・・そう、あくまで「夢」です。

最近手に取ったのが、新版「動的平衡」(福岡伸一)。まだ読書の途中ですが、「生命」をどう考えるのか、私としては久々に勉強になる視点を教えて頂いたように感じています。

要は、川の流れの中のよどみみたいなところが生命であって、絶えず中身は変わっているけど、動きながら持続的な生命を維持している。生命を細かく分割し、複製しても、時間軸、川の流れのなかの平衡を再現できなければ、「命」に到達できない。

生命は平衡のうえに成り立つので、たとえ病気を薬で治しても、それは平衡を乱す行為であり、生命に負担をかける。個々の命だけでなくその周りの環境も含めて相互作用のうえに成り立っていることを忘れてはならない。

一人の生命活動はエントロピーに対する抵抗だけれども、でもやがて老化によりエントロピーの流れに帰していく。しかしながら種としての生命は、子孫に受け継がれ、サスティナブル、持続可能性のある生命を引き継いでいく。

生命は(あるいは世の中の動きの多くは)、「動的平衡」のなかにある。そう考えないと本質を見失う。

私自身も毎年高齢者の仲間入りをしていきます。高齢化社会の諸問題があるなかで、このような生命の根源にかかわる考え方というのは、心の平安をもたらす大事な素養と考えています。

さて、今週の「New Photo」は、久々に千里川土手に戻ってきました。月初めですので表紙の写真も変更しました。

恒例のみかん狩り


18-10-15_1DX_0514LRhp

#写真をクリックしてご覧ください。


この休みに12月恒例のみかん狩りをおこないました。(‥ゞ

いつもみかんの収穫は12月に入ってからおこないますが、最近急に寒くなったためかみかんが熟してきました。私の暇なときに採ってしまおうと、はさみと収穫用のケースをもって庭?でみかん狩りです。

今年はなぜか豊作で、みかんの木にたわわに実が付いて・・・よく台風で木が折れなかったと思います。花を適宜つんで実が多くつかないようにしていたつもりでしたが、今年は思いのほか多くの実がなりました。

早生(わせ)のみかんは家内が適宜採っていたので、11月の中頃から食卓の上にはみかんが置かれ、暇なときは水代わりに?みかんを食べていました。

今年は、昨日と今日、2日間かけて15ケースほどみかんでいっぱいにしました。小さいみかんは12月に入ってから採るつもりですので、まあ、収穫はみかん全体の7割程度でしょうか。1月になれば、不知火(デコポン)やオレンジを収穫します。

みかんの木のお手入れといえば、原則年1回の殺虫剤(マシン油)の散布と適当に肥料を入れるぐらいですから、棚からぼた餅のようなものです。まあ、ワックスを塗るわけでもなく見た目が悪く傷だらけですが、案外甘いのでよく食べています。

最近会社でもワークライフバランスとか色々言っていますが、ふと自分を考えれば、結構前から実現しているなぁと思います。言葉はカタカナになって、なんか難しい定義がありますが、私の小さい時、昭和中期には兼業で家の仕事を手伝ったりしている人が多かったように思います。

いつからか収入がサラリーのみの人が増えてきて、親との同居もなくなり、みんなが長生きするので、定年後の生活が難しくなってきたのかなと、ふと思います。

さて、今週の「New Photo」は、先週の続き、RWY14運用のときの写真(その4)です。この日はカメラのメモリーが一杯になるまで撮影していました。

お酒について

18-10-15_1DX_0455LRhp

#写真をクリックしてご覧ください。

今日はのんびりと休日三昧。朝から少し調子が乗らず、家でお留守番。まあ、これも夕方にちょっと昼寝?したら元に戻ったので、単なる寝不足だったかな。

まあ、余った時間を使って、近くの酒屋さんに買い出しにでかけました。

歳とともに健康管理に留意して毎日の晩酌を止め、休日、休日前に飲むお酒は芋焼酎が多くなりました。蒸留酒は糖分も少なく体にいいと勝手に思っています。今日もお安くなったサービス品を調達です。

また、以前にもここに書きましたが、最近のお気に入りは、京都産ドライジン。ショットバーで教えてもらったお酒ですが、これは「良いことがあったとき」に開けるお酒と決めています。まあ、毎日飲めるようなリーズナブルなお酒ではないですし・・・。

もうひとつ、自分へのご褒美はワインと決めていています。家族で飲むと言いながら、7割から8割は私が飲んでしまうので、次の日の朝もぐっすり寝ることが出来ます。これも赤ワインは心臓病にいいと聞いて、というのは若干?誇張がありますが、ワインを買ってくる理由にしています。勿論、サービス品です。(‥ゞ

ウィスキーは、会社の同僚などと飲むことが多いので、家で飲むことはないです。最近は日本のウィスキーの一部が販売していないと聞いてちょっとびっくり。想定していた以上に日本のウィスキーがよく飲まれるようになったようです。

私がお酒を嗜むのを周りも知っていますので、ビールは家にたいていあります。夏でもないので、最近は自分で買うことが減ってきました。

日本酒(地酒)は好きですが、ついつい多く飲んでしまう傾向にあるので、少し差し控えています。と言いながら、今日は在庫処分でノーベル賞授賞式に出される日本酒があったので、値段を見てつい買ってきました。このお酒は飲み比べたことがあって、かなり良い品だと思っています。いい酒は、やっぱり美味しいですし、次の日も楽です。

最近は梅酒もいいのがあって、これも体にいいかなと勝手に思い込んで購入することがあります。家族用に買ってくるという建前でしたが、ブランデーが入っているような梅酒は、ちょっとアルコール度数が高くて・・・私専用になりました。(‥ゞ

最後は、家族への罪滅ぼしに、アルコール度の低いチューハイを買ってきて、今日の買い出しはおしまい。これで正月まで乗りきることができるでしょう。たぶん。

この文章を読み返してみて、このように飲んでいるお酒の種類を列挙すると、まるで大酒飲みのようにみえますが、決してそんなことはないので、誤解のなきようお願いします。その時々の気分や料理に合わせてお酒を楽しんでいるだけです。

さて、今週の「New Photo」は、先週の続き、RWY14運用のときの写真(その3)です。

写真の整理

18-10-15_1DX_0494LRhp

#写真をクリックしてご覧ください。

少しお休みを頂いて、月曜日から3連休としました。まあ、時間ができたので京都に紅葉撮影にと意気込んでいましたが、お休み初日の朝、収穫した重さ30kgの米袋を持ち上げると・・・「ゴキッ!」と腰から音がして・・・あえなく腰を痛めてしまいました。

それほどひどくなかったので、生活には支障がないものの、無理はできないと湿布を貼って、家で静かに暮らしていました。まあ、これから宮仕えも忙しくなるので、この間にと写真の整理、データのバックアップをおこないました。

テクニックでも説明していますが、私の写真撮影後のワークフローは、概ね以下のとおりです。
(1) 撮影後のデータを閲覧ソフトの「FastStone Image Viewer」(フリーソフト)でPCに取り込む。
(2) DPPにより等倍によるチェック、除外画像の削除、リネーム(撮影日追加)。
(3) Adobe 「Lightroom」に取り込み、RAWの現像。
(4) ホームページ用の画像は、TIFF形式に変換のうえ、Adobe 「Photoshop Elements」でWeb用に画像データの圧縮、文字入れ加工、Jpeg保管。

この中で面倒なのが、(2) のチェック作業と(3) のRAW現像です。普段は撮影してカメラの画面で不要な写真を削除したうえでPCに撮影データを取り込みますが、ここでほっとして作業が止まります。
(2) のチェック作業と(3) のRAW現像は、会社帰りの暇なときにおこなうことが多いのですが、結構時間がかかるので、どちらかと言えばおざなりになります。

ここで大事なのがこのHP更新で、これをするためには、原則(2) のチェック作業と(3) のRAW現像をやらないと更新ができません。それでいつもHP更新に間に合わないと頑張って現像しています。

今年は一時期撮影を止めていた時期があって、更新ネタがなくなると撮影を頑張っていましたが、ちょっと最近は消化不良気味でした。まあ、それでも秋から冬は撮影シーズンなので、時間があれば出かけています。

それと、撮影データは、HDD(ハードディスク)2台に保管するようにしていますが、上記のデータ整理がある程度まとまってからとか思っているうちに保管用HDDへデータコピーが滞っていました。今回手を抜いていましたので・・・夜中3時間ほどかけて差分データをコピーしました。これで一安心です。

これも1か月ごととか、ちゃんと定期的にしないと意味がないですね。

久々にHDD(2TB)の容量を調べると残り200GBほど。今年いっぱいで新しいHDDを購入して入れ替えるつもりです。あまり撮りすぎると持たなくなりますね。(‥ゞ

古いデータも年単位で区切ってHDDで保管しています。探せば2000年のPC事始めのときからデータを残していますので、まあ、まめにやって来ましたね。感心、感心。

さて、今週の「New Photo」は、先週の続き、RWY14運用のときの写真(その2)です。

記事検索
プロフィール

やま2

千里川の散歩道を主催しています、やま2 (「やまに」と呼んでください。)と申します。自宅が近いため、ほとんど伊丹空港を中心に旅客機の撮影を行っています。

ギャラリー
  • 部屋の本を片付けました。
  • 子供の頃好きだったこと
  • 動的平衡
  • 恒例のみかん狩り
  • お酒について
  • 写真の整理
  • 街で声をかけられました
  • 稲作の終わりと夜撮広角事情
  • 福岡空港写真展出品作品 Airport~夕陽を浴びて~
アーカイブ
  • ライブドアブログ
h1#blog-title, h1#blog-title a, p#blog-description, p#blog-description a { color: #fffff; } h1#blog-title, p#blog-description { text-shadow: 0 1px 0 rgba(255, 255, 255, 0.6); }