18-11-07_1DX_9360LRhp

#写真をクリックしてご覧ください。

今日はのんびりと朝を過ごし、昼寝してから本の整理。PCのHDDも一杯になってきたので、新しいHDDを購入しようと考えましたが、そのためには読み終えた本を片付けないと未使用のHDDリムーバブルケースがいくつ残っているかわからない。重い腰をあげて部屋に積まれた本を片付けました。

本のコレクションも趣味のひとつ。実は中学生の頃から買い集めた文庫本や新書などは全て残してあって本箱にぎっしり詰めています。床が抜けると脅かしを受けていますが、いやそんなことはないと言い切ってため込んでいます。

通勤の行き帰りを中心に読書をしていて、読んでいる本の内容にもよりますが、少なくとも月に6冊ぐらいのペースで本を読んでいるのではないかと思っています。読んだ本は自分の部屋に積み上げていて、今回はビール瓶1ケース分ぐらいあった本を片付けました。

本は大ざっぱに「新書・教養本」「SF・ファンタジー(海外)」「SF・ファンタジー(国内)」「推理小説・サスペンス他(海外)」「推理小説・サスペンス他(国内)」「ライトノベル」に大ざっぱに分かれていて、著者やシリーズ順に並べています。

最初に買った文庫本がE.E.スミスのレンズマンで、アイザック・アシモフやアーサー・C.クラークにはじまりラリイ・ニーヴンなどを経て今に至ります。ペリー・ローダンシリーズも今では570冊を越えました。今読んでいるのはデニス・E・テイラーの「われらはレギオン3」で、なかなか思考遊戯としては面白い設定です。
なお、SFの古典ですが、ジョージ・オーウェル「1984」が今の時代に当てはまってきたと、ふと思うときがあります。

海外SFから国内に目が向いた作品が、神林長平の「戦闘妖精 雪風」かな?「敵は海賊・A級の敵」かも。Wikipediaによるとジュブナイル小説になるようですが、今は鷹見一幸の「宇宙軍士官学校シリーズ」が面白い。

推理小説・サスペンスと言えば、シャーロック・ホームズですが、中学生のときはF・W・クロフツにはまっていました。今はユッシ・エーズラ・オールスンの「特捜部Qシリーズ」かな。北欧を舞台にしたストーリー展開が面白い。国内では、月村了衛の「機龍警察シリーズ」がお勧め。半ばSFの範疇にはいるかもしれませんが。

「ライトノベル」は最近の傾向で、そもそも西尾維新の「物語シリーズ」から手を染めました。少し前には復刻版ですが奈須きのこの「空の境界シリーズ」が本になったので、思わず買っちゃいました。山口幸三郎の「探偵・日暮旅人シリーズ」なんかも読んでいます。私には似合わないけど、佐野徹夜「君は月夜に光り輝く」は感動モノでした。ライトノベル恐るべしです。今度映画になるみたいですね。

あとは、ちょっと前にも触れたブルーバックスで科学一般教養を磨き、地政学や現代社会の問題などちょっときな臭い時代になってきたので、あれこれ一般書を読んでいます。東のジャイアンと西のジャイアンに挟まれたのび太君の生き残り戦略。隣のスネ夫君もちょっかいを入れてくるし、舵取りが難しい時代になってきました。

さて、今週の「New Photo」では、ちょっと縦構図に挑戦してみました。