四方山話

私が開設しているHP千里川の散歩道の更新履歴を兼ねています。

飛行機

フレンドシップ・ディ

18-04-24_1DX_1688LRhp

#写真をクリックしてご覧ください。

ちょっと農協に行く用事があったので、昔から気になっていたヒイラギの生け垣の葉っぱが褐色から白変する現象にについて聞いてみました。早速病気や害虫の本を調べて頂いて、結果は「ヘリグロテントウノミハムシ」による被害と判明しました。早速HPで対処方法を調べてみると、まずは褐色に変色した葉っぱを切り取って処分する。そしてスミチオン乳剤などの殺虫剤を散布してみる。

これと言って確実に効く方法はなく、なかなか大変そう。

幼虫は、葉っぱの中に潜って内部を食害するし、テントウムシに似た成虫も葉っぱを食べる。関西地方では昭和61年頃から突然発生しはじめた害虫で、ヒイラギやキンモクセイを食べるらしい。

お陰で生け垣の新しい葉っぱはことごとく食害を受けていたので、全て切り取って捨てる羽目に。農薬も散布しましたが、これから暫く春先は注意が必要かなと。

いや、疲れた。

そうそう、この5月5日は岩国のフレンドシップ・ディに行ってきました。朝の始発に乗って帰ってくるという強行軍でしたが、素晴らしい曲技飛行に、1日があっと言う間に過ぎてしまいました。東アジア初のF35Bのデモフライトもカメラに納めてきました。VTOLも安定しているようで、何の不安も感じさせません。

なんか、護衛艦「みずほ」や「かが」への離発着を検討しているようですが、どうなることやら。1隻の空母を四六時中稼働させるのには、3隻のグループで「作戦行動中」「訓練中」「修理中」を繰り返す必要があるようで、そこまで防衛費につぎ込む覚悟があるのかな?

そうそう、驚きと言えば、基地祭の展示機であったA-10が近より放題、さわり放題で開放されていました。何ら機密事項がないってことと思いますが、30mmガトリング砲の銃口は迫力そのもの。思わずライフリング(銃砲の銃身内に施される旋条)に触ってきました。(‥ゞ

さて、今週の「New Photo」は、岩国基地でのウィスキーパパと室屋義秀さんの曲技飛行からです。

C-3PO特別塗装機

17-01-24_5D_IMG_3651LRhp

#写真をクリックしてご覧ください。

ちょっと仕事に余裕もできたので、振替休日の消化です。たまたま3月19日(日)を休んだら、STAR WARA C-3PO特別塗装機が伊丹から飛び立つというので、出かけてきました。

まずは、朝に出かけて飛行機が伊丹にいることを確認。出発時刻など情報収集をして本番に臨みます。

車で伊丹スカイパークに向かいましたが、駐車場は満車で入ることもできず、一旦家に戻って自転車に乗り換え。早めに出かけてよかったと思います。

この日は、本当に春らしい天気で、気温も高く厚着をしていたら汗をかく始末。空は青空ではなく、春らしい霞んだ空。普段なら家にこもっている天気ですが、まあ、特別塗装機の初飛行となれば、行かずにはおられません。

勿論飛行機目当ての人も多かったですが、子供連れの家族も多く、伊丹スカイパークを楽しんでいました。


どこで撮ろうかと思案したあげく、乗客なしで飛ぶから早めの離陸になると考えて、公園の真ん中からやや北側で陣取ります。視程が良くないし陽炎もいっぱいで、ややテンション低めのスタートでしたが、やっぱりC-3POが目の前にやってくると、テンション上がり放し。

日差しがあったお陰で、それなりにまとめることが出来ました。国内線用ですから、これからひとつ楽しみが出来ました。夏の青空と白い雲の中に納めたいですね。

さて、今週の「New Photo」は、そのC-3POの写真です。こんな旬な話題は新鮮なうちに公開します。(^O^)v

今日のお散歩

16-11-29_5D_IMG_3246LRhp

#写真をクリックしてご覧ください。

伊丹空港のA滑走路、RWY32R側の防音林がバッサリ切られたと聞いて、偵察に行ってきました。

しかし、あっさりと切っちゃいましたね。目の前に新しい視界が広がり、いわゆる東側水門の近くですから、飛行機を間近に見ることができます。思いついたのが昼からでしたので、残念ながら逆光からサイド光の中での撮影でしたが、結構楽しめました。これから朝の撮影スポットとして楽しめそうです。

但し、それなりの脚立が必要と思われます。私は軽四トラックの上から3段の脚立を立てて撮影していました。(‥ゞ

車を離れて、ちょっと散歩しているとANAの整備工場の前に、いわゆる鯖塗装のB787-8が駐機していました。この特別塗装は今回はがされると聞いていたので、これはラッキーと整備工場の前へ。最後の?鯖塗装を見てきました。

平日というのに、フェンスの前には航空ファンが集まっていて、あたかも撮影会の様相を呈していました。流石におじさんとしては気が引けつつ、でも誘惑に負けてフェンス越しに記念撮影。宮仕えの身としては、会社側とすると迷惑だろうなぁと思いつつ、控えめに撮影です。(‥ゞ

その後日が落ちてきたので千里川へ。歩いているときにFLOWER JETが降りてきたので、離陸を狙おうという魂胆。勿論千里川からの夕日も大事なポイント。

結局FLOWER JETは、日没後、日の当たらないタイミングでの登場となりましたが、今まで撮っていなかったので、至極満足して帰途につきました。

最近夜間撮影が多かったので、久々のお手軽装備、100-400付きEOS-1D MarkIIIと16-35付きEOS5D MarkIIでの撮影は楽しかったです。

さて、今週の「New Photo」は、千里川に戻って夕方の景色あれこれです。


三式戦闘機「飛燕」

先週、無事に収穫も終わり、天候不順の中、昨年と同等以上の収穫ができて一安心。今週は少し残務整理をしたものの、総じてのんびりと暮らしました。


160904_mk3_2083lrhp


今日は少し出かける用事があったので、ついでに神戸ポートターミナルで開催されている「川崎重工創立120周年記念展」を見てきました。目的は旧日本陸軍三式戦闘機「飛燕」です。日本で唯一現存する飛燕(昨年まで「知覧特攻平和会館」で展示)を一般財団法人日本航空協会の依頼を受けて川崎重工岐阜工場で復元したものです。


今回の飛燕は、II型改試作17号機で、米軍への接収後横田基地で展示されており、奇跡的に生き残ったものだそうです。


私ぐらいの年代だと、子供の時にまだ第二次世界大戦で活躍した飛行機のプラモデルとか流行っていましたので、そのときの戦闘機を格好いいと単純に思っていました。


日本の場合は海軍の「零戦」が有名ですが、陸軍も「隼」にはじまり、「鍾馗」、「飛燕」、「疾風」、「五式戦」と幾多の戦闘機が活躍していました。その中で三式戦闘機「飛燕」は、ドイツのダイムラーベンツの水冷式エンジンをライセンス生産した、唯一の水冷式エンジンを積んだ戦闘機として、格好いい存在でした。


要するにドイツのメッサーシュミットBF109みたいな、と言っても解らないかもしれませんが、そんな飛行機です。


現実には水冷エンジンを製造する技術が日本に無く、悪戦苦闘の連続で評価もバラバラで、エンジンの製作が間に合わず、空冷式のエンジンを積んだら五式戦闘機になったという、いや、大変な飛行機ですが、それでも3000機近く製作されていたようです。


実物はというと、思ったより凸凹があり、良くこれで飛んでいたなぁと。それに私が思っていたほどスマートではなく、少し全長が足りない感じでちょっと残念。これに比べると流石に今の戦闘機は綺麗です。


今では考えられませんが、当時の日本の技術では、ドイツと同じ精度のエンジンは作れず、設計が良くても後が続かない。世界基準に満たなかったことが、結局戦争に負けた原因の一つのように思います。国力の差ですね。


まあ、2年間しか持たないのが解っていて、それでもやった戦争ですから・・・。 海軍は冷静に世界を見ていたような気がします。


自分の都合の悪い情報を聞き入れない。世の中の為政者によくある話ですが、そんなTOPを持った国は、先が見えている。そんな気がします。


最近、色々きな臭い話が横行していますが、世界が自由貿易経済を守れなくなったとき、また昔に戻るのではないかと危惧にしています。もう一度「地政学」の立場から、日本を考える必要があるのかもしれません。というか、そんなことを考えなくてはいけないほど世界は混沌としているように感じます。


民主主義の先は、どこに行くのでしょうか。個人の素行に対する中傷よりも、国の指導者として相応しいかどうか、そういう次元の討論を政治家には期待したいです。


さて、今週の「New Photo」は、久々に良い雲が出ていた日の写真です。12-24mmレンズを持ち出して遊びました。


千里川土手近くの駐車場

別に宣伝料貰っている訳ではありませんが、なんと千里川土手の近くにTimesができました。


160618_5d_img_1704lrhp


160618_5d_img_1699lrhp


160618_5d_img_1697lrhp


空港線から千里川土手に上がる点滅信号に向かって走ります。点滅信号を右折すると右手、千里急配のトラックヤードの向こうにタイムズの看板が見えます。 サンクス豊中南原田店から点滅信号に入ってこられる方は、点滅信号をそのまま直進、右手にタイムズが見えます。 1時間200円、最大500円です。


千里川土手の近くは、少なくとも週末の夕方には警察の取り締まりもありますし、マナーの悪い駐車をするとトラックが曲がれなくて困ることもあります。近隣の迷惑になりますので、こちらを利用されてはいかがでしょうか。


さて、私の写真生活と言えば、なにかと忙しくて下降気味かな。ちょっと部屋も物だらけになってきたし、ゆっくりできたらいいなぁと思います。


昨日も駐車場の写真を撮って、千里川土手にいたのがほんの1時間ぐらい。夜の会合があって、ひょっとしたら化けるかもしれない夕空を後ろ目に退散。


日が長くなってきて、丁度夕食時が日没になるので、ちょっと困ったかな。まあ、いざというときは遅くなると言って出かけますが、流石に家人の評判はよろしくないです。食事の用意と片付け、面倒ですから。ホント。


あと、若干物欲が出てまいりまして、この上の写真ですが、直ぐにゴーストが出るから気になっています。やっぱりEOS5Dsのカタログに載るくらいのレンズにしようかなと。


それよりも良い空巡り会いたいですね。なんか中途半端な雨で困ります。理想は雨だけど晴れ間から太陽が覗く状況ですね。虹が出るかもしれないし・・・。


さて、今週の「New Photo」は、840mmの夜です。


STAR WARS 特別塗装機第2弾


相変わらず仕事はバタバタ、休日はおうちでごろんごろん。なかなか疲れはとれません。(^^ゞ


この11/22は、ANA STAR WARS特別塗装機の第2弾。全日空整備からぴかぴかのB767が出てくるというので、朝早くから待機したものの、お天気は最悪の曇り。視程もいまひとつで、結局証拠写真に終わりました。まあ、そのうち伊丹にもくるからいいや。どうせ11/23も同じような天気だし・・・。


151122_1dx_5730lrhp_2


一応11/22は、夜に捉えてみようかなと思ったのですが、生憎伊丹から羽田に飛んだら早速エンジントラブルだそうで、羽田で一泊。いやはや関係者はきっと悔しがっていたでしょう。


でもね、苦言を呈すると、やっぱり特大シールだとデザインの本気度が感じられなくて、追っかける対象にはなりえないです。国際線の機体って成田便でやってこないかな。第3弾のB777-300の特別塗装の方が気になります。


さて、今週の「New Photo」は、先週の続きですが、思いつきで写真の大きさをUPしました。今時どき横1024ピクセルのモニターを使っている人は、いないかなって勝手な判断です。お許しを。


記事検索
プロフィール

やま2

千里川の散歩道を主催しています、やま2 (「やまに」と呼んでください。)と申します。自宅が近いため、ほとんど伊丹空港を中心に旅客機の撮影を行っています。

ギャラリー
  • 子供の頃好きだったこと
  • 動的平衡
  • 恒例のみかん狩り
  • お酒について
  • 写真の整理
  • 街で声をかけられました
  • 稲作の終わりと夜撮広角事情
  • 福岡空港写真展出品作品 Airport~夕陽を浴びて~
  • 福岡空港写真展
アーカイブ
  • ライブドアブログ