山口山岳会

山口山岳会では「山に登り自然を尊び、自然を愛し、自然に親しむ気持ち」があれば拒まずの姿勢で入会制限はしていません。 山岳会の行事としては、毎月第一木曜日の例会(情報交換)と月1度の月例登山です。 その内、年に3回程度は他県の山に遠征登山(宿泊付)をしています。 一緒に登りませんか!!

2024年度 事業計画

山口山岳会 2024年度(令和6年度)事業計画

令和6年度「市民登山教室」実施案内

「市民登山教室」実施案内
申込者多数により、今年度の入会受付は中止しました。
申し訳ありません。お許し願います。

2024年 「市民登山教室の会」 第1回目登山 今山

今山 284.8m (山口市平川・大内)
・実施日:令和6年6月2日(日) 天候:晴れ
・参加人数:89名(教室会員67名、山岳会員22名)
・行程:平清水八幡宮駐車場 08:00 → 08:37  210mピーク → 多門寺歴代住職墓地
           08:54 → 多門寺跡 → 09:12今山山頂(ミニ展望台) → 分岐 → ゴルフ練習場
           横 → 高速道側道 → 旧多聞寺登山口 → 平清水八幡宮 10:30着
                                                                           【行程時間(1班):2時間30分】
            ※ 途中の210mピークへは 元気組は急坂を、ゆっくり組は巻き道で実施  
            ※ 下山後、食事休憩&安全登山講習会 11:30解散
***********************************
今年度1回目のお山は「今山」。皆さんに親しまれた、歴史あり、見晴らしありの
とても歩きやすい山です。
今回の登山口は室町時代に建立された平川地区の平清水八幡宮。
境内は地区地元の方々により手入れされ、とても清々しく凛とした空気が漂う。
(今朝も清掃作業をしておられました)

image_original (1)
今回は沢山の参加者だ。開会のあと、各班毎に自己紹介とストレッチ体操をして、

image_original (5)
8時出発。境内横を通過し、

IMG_4023
中国自動車道に懸かる橋を渡り登山道に入る。今日は幼子も参加。

image_original (13)
 登山道脇すぐ左手に養蜂箱有り、まだ蜜が取れる時期なの?
T字分岐を右へ(左に行くと降って古くからの登山口に至る)。

image_original (17)
長年の落葉でふかふかの足元は、踏みしめる感覚がなんとも心地よい。
今山へ登る人は少ないと聞くが、道は歩きやすくシダなどの生い茂りもなく快適だ。

image_original (20)
しばらく進んで、我ら1~3班の元気組は旧来の本道をヒョイと外れ、急坂の藪道を
登り始める。木を掴み、足を引き上げて詰める先は210mのピーク(ゆっくり組の
4班~6班は急登を避け、巻き道からピークに至る)だ。

image_original (19)
平川大歳方面の展望を眺めていると、巻いて登ってきた4,5班と合流。
ピークは小さく満席となった。

image_original (22)
歴代のお坊様のお墓を通って、しだれ桜が有名な多聞寺跡へ。
 
IMG_4045
この枝垂れ桜、今は谷の木で見えづらくなったが、開花期には離れた場所の
あちこちから、維新公園からも咲いているのが見えるそうだ。

image_original (24)
多聞寺の説明板を読み、

image_original (25)
基壇に上がると、

IMG_4046
鉄製の宝珠が残っている。

image_original (29)
分岐に戻って山頂を目指す。一旦、ピークらしき所に上がるが、チョット降って、
又登り、

IMG_4030
檜の植林地を抜けると、

image_original (34)
284.8mの山頂には三等三角点。この表示板、デザイン文字が良いですね。

image_original (35)
奥のミニ展望所からは菅内・小鯖地区が見渡せる。
 
IMG_4037
遠くの山並み、中央の鍋蓋つまみの様なピークが仁保の蕎麦ケ岳。

image_original (40)
山頂を後続班に譲り下山開始。多門寺分岐を通過し、また分岐、右に行くと
大内千坊。我らは直進。

image_original (43)
どんどん下る。

image_original (46)
林道に出た。

IMG_4047
足元にゴルフボールが?と思ったらゴルフ練習場。側溝には一杯・・・・・、
左手に今日歩いた稜線を望む。あの端が展望ピークだね。
道を左に取り、溜池を通過、そのまま高速道路の側道をずんずん進む。
側道はかなり荒れていた。

IMG_4048
今朝、渡った自動車道の橋の手前に来ると案内板と石段が続いている。
多門寺への旧道登山口(階段の先には丁塚があり、登りに通ったT字分岐に至る)
です。通過し、中国道の橋を渡り八幡宮駐車場に到着。 
各々、木陰に場所を決め、食事休憩しながら最終班の到着を待つ。

image_original (49)
最後に、安全登山のお話。
・マダニ、蜂、マムシ、ハゼ・漆など、登山中に出会う危険な動植物への備え、
 見分け方
・山歩きのポイント・・・・・ 体力、知識、経験 疲れにくい歩き方
・立案・計画、装備、保険・・・・・ 準備の大切さ
 「数あるスポーツの中で、一番命を落とす危険があるのが登山」
  改めて、気をつけないといけないなと再認識したお話でした。

image_original (61)
次回も楽しい山をご一緒しましょう!   【Y.I】

「ルート図はこちらをクリック」

ギャラリー
  • 2024年 「市民登山教室の会」 第1回目登山 今山
  • 2024年 「市民登山教室の会」 第1回目登山 今山
  • 2024年 「市民登山教室の会」 第1回目登山 今山
  • 2024年 「市民登山教室の会」 第1回目登山 今山
  • 2024年 「市民登山教室の会」 第1回目登山 今山
  • 2024年 「市民登山教室の会」 第1回目登山 今山
  • 2024年 「市民登山教室の会」 第1回目登山 今山
  • 2024年 「市民登山教室の会」 第1回目登山 今山
  • 2024年 「市民登山教室の会」 第1回目登山 今山