山遊び、川遊び-2

旅行用自転車とフライフィッシングと四輪駆動車

2014年01月

昨晩、フジTV  の「世界行ってみたらホントはこんなトコだった」で南米はチリ共和国をやってましたなぁ。
思わず見てしまったのですが、
北部に広大に広がるアタカマ砂漠、懐かしかったぁ。。。
 
実はわたくしめは約7年前の2007年4月18日~5月7日まで、
その砂漠の中にあるスペンスってトコの銅の採掘場へ出張で行っておりました。
 
空路  で成田~ダラス~サンチアゴでチリに入国しまして、
そこからまたまたチリの国内線  に乗り換えてカラマへと移動。
トランジットや待ち時間を入れると、移動だけで40時間近く掛かったような記憶があります。
 
イメージ 2
 
 
カラマの空港にて、
真ん中がわたくしめ
 
ちなみにこれは
帰りの時の画像でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
夕方にカラマに到着後、その近くのホテル  に泊まり
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
ホテルの中庭
 
 
 
 
 
 
 
 
翌日は身体検査やらワークパミット(労働許可証)の申請やらを行いまして
そこから仕事場まで車  で移動したのですが、街からちょっと出ると一面の砂漠の中に。
まぁ、すでに街中も砂漠ぽかったんですけどね。(笑)
 
イメージ 5
                            カラマの街中
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
片側一車線ですが、
これでもハイウェイです。
 
砂漠の中の一本道です
 
 
 
 
 
仕事場の景色と現地の方々と記念撮影(笑)
イメージ 3
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チリの方々は気さくで陽気な方々でございまして楽しく仕事が出来ました。
 
しかしわたくしめはある日突然インフルエンザ  になってしまい、ここから3時間近く掛かる
海沿いのアントファガスタってところにあるミリタリーホスピタル  に救急車  で担ぎ込まれました
ここで3日間の入院です、、、
 
が、病院に担ぎ込まれたのはいいのですが、
母国語である日本語もたどたどしいのにスペイン語なんて分かるわけも無く、
担当になった2人のお医者さんとはゼスチャーでの会話でございましたが、
火事場  のク○チカラではないですが、まぁなんとかなるもんですな。(笑)
 
でも、その中の1人の女医さんが若くて可愛かったなぁ。。。。
(って、なんと呑気な
 
ちなみに入院中にあてがわれた部屋はだだっぴろい豪華1人部屋 
(インフルエンザですからね。でも部屋は無駄に広かったなぁ。(笑))
看護士さんに「シャワーもあるからどーぞ」などと言われましたが、
左腕にず~っと点滴をしている状態ではシャワーを浴びるのも大変そうですので止めておきました。(泣)

でも、点滴やタミフルのおかげで無事に治りまして
退院した日の帰りに分かったことですが、仕事場からアントファガスタまでは街ってモノが無く
(ちょとしたちっちゃぁ~い町がひとつだけありました。)
砂漠の中の一本道だったんですけど、
わたくしめの搬送時、救急車  は律儀に砂漠の中をず~~~っとサイレンを鳴らして走ってました。
ん~、陽気なチリ人も職務に忠実で素晴らしいですなぁ
 
ま、そんなこんなで色々とアクシデントを乗り切り
いろんな方に大変にお世話になりながら、なんとか仕事をヤッつけてサンチアゴに戻りまして、
現地でコーディネータ役をしてくださったUさん(サンチアゴ在住の日本人)
にサンチアゴの街を案内していただきました。
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
緑が多くて綺麗な街でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

その中でも
印象深かったのは「モネダ宮殿」
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
昔は造幣局だったそうですが、
今は大統領宮殿
 
 
 
 
 
 

簡単なボディーチェックを受けるだけで中に入れます
って、中庭だけなんですが。
 
イメージ 8
 
 
 
これだけでも政府の国民に対する姿勢が
分かりますね。
 
しかしこんなことは
日本じゃ絶対に無理でしょうなぁ。
でも首相官邸って
我々の税金で作ったはずなんだよね。
 
 
 
 

イメージ 10
 
                     夜のモネダ宮殿、綺麗ですなぁ。。。
 
この後空港に行き、一路日本に向けて  帰ったのでした。
 
イメージ 11
 
あの雄大な砂漠に、そして綺麗な街サンチアゴにまた行ってみたいなぁ。。。
 
 
 
以上!

プラド君のバッテリーの点検も無事終わりまして、
お次は
今年に入ってから、何故かナニかにとりつかれる様にやっている部屋の整理を行いました。
 
この一連の部屋の整理は
断舎利って程ではないですが物置部屋状態から脱却するってのが目的でもあります。
 
今回は
本の整理が一段落しましたのでカセットテープでございます。
 
ちなみにあの本達はですね、
その後古本屋に持ち込んだところ、古かったりいろいろ難ありだったりして、
引き取りと言う形になりまして、収入は無しでございましたぁ(笑)
 
話題を戻しまして
普段はステレオCDラジカセを使っているので、カセットを聞くのには問題ないのですが
LPレコードからダビングしたものやFMエアチェックしたもの(エアチェックなんて懐かしい言葉だなぁ。)
等がありましてですね。その数80数本
 
LPレコードは数年前に処分しましたが、枚数は50数枚ありました。
で、LPレコード購入時に全てをカセットにダビングしたのでそのまま保存しておいたのですが、
その後CDを買ったりしましてそれと重複しているカセットがあったり、
もう聞かないだろうなぁ、、、なんてのもありますので
必要ないものを処分します。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
画像は整理後の画像なんですが
整理前は
上の段にCD
下の段は前後2列状態で
カセットが満載状態でした。
 
 
 
 
 
整理した結果は
イメージ 2
 
 
 
 
 
これ+8本が処分の対象です。
全部で25本
 
 
 
 
 
 
保存しておくのは
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
この画像の分56本
 
って56本もあるのね、、、
 
 
 
 
 
 
イメージ 4イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お~、今さらながら懐かしいアーチストばかりだなぁ。(笑)
 
 
今は音楽ソフトをダウンロードして購入するのが一般的みたいですが、
われわれ世代はやはり形が欲しいって事で、保存するカセットと同じCDを購入して
CD購入後にカセットを順次処分する予定です。
 
あ~、テープって言えば、
ビデオのVHSテープなんてのも整理しないとなぁ、、、
 
って事で、しばらくは部屋の中での物品との格闘が続きます
 
 
 
以上!

折角の土日ですが、
今日明日は野暮用があったりして自由に動けません。
 
日頃お付き合いいただいている
自転車  のお仲間の皆さんは「ハンドメイドバイシクルフェア」なんかに行ったりして、
休日を満喫したりしているのでしょうなぁ。

羨ましいなぁ、、、
 
自由に動けないと言っても、身近にちょっと気になる事があったりしましたので、
時間の隙間を見つけてチョコチョコっと作業をしました。
 
そのひとつめが
プラド君  のバッテリーでございます。
わたくしめの空気頭の中では、たしか4年くらい前に交換をした様な記憶なんです。
ですからそろそろバッテリー液の液量がどんなもんなのかが気になってました。
 
そこでお昼のお弁当用のおかず(冷凍食品なんですが)を買い出しに行ったついでに
ホームセンターでこんな物を買ってきました。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バッテリーの強化液です。
 
 
 
 
 
バッテリーの液量が減っていたらこいつを注入するべく
早速ボンネットを開けまして、バッテリーの点検します。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
洗車して1ヶ月経過していないのに
もう土ぼこりだらけです、、、
 
 
 
 
 


イメージ 3
 
 
 
 
 
おや、、、
バッテリーの上部に何か貼ってあります。
 
 
 
 
 
 
 


イメージ 4
 
バッテリーを交換した日付を記入した
ラベルです。
 
11 1/9 と読めますねぇ。
って事は2011年の1月9日に
交換したんですねぇ。
 
1年も記憶が違ってました。
 
って、バッテリーは
わたくしめ自身で交換したんだよなぁ。
 
 
 
このバッテリーは交換して3年めで
交換後の走行距離は約12500Kmです。
 
外側からセルを覗く限りは液量は大丈夫そうですが、
キャップ周りの汚れを綺麗に拭き取り後、キャップを外して内側からもしっかりと液量の確認しました。
 
イメージ 5
 
 
やはり問題無しでございました。
 
でもあと1年でこのバッテリーに交換して
4年めです。
 
来年は車検のですので、
バッテリーも交換のタイミングになるかも
しれません。
これからは液量の変化にも気をつけた方が
いいですな。
 
 

今までの経験では
バッテリーの液量が減りだすと、
ある日突然「ありゃぁエンジンが掛からん~」って事になってましたからね。
それが交換後4年経過したくらいからの事例でした。
 

ついでにエアクリーナーも見てみました  が、
 
イメージ 6
 
 
 
 
こっちも綺麗で
まったく問題なしでございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

以上!

イメージ 1
 
撮影日:2014.01.19

折角の日曜日だってのに、
朝から北風  が強いですなぁ。
オマケに連日寒いですし、、、 
まぁ冬だから寒いのはしょうがないのでしょうが、風だけはイヤですなぁ。
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
で、今日は部屋の片付けと言う事で、
整理(処分)したい雑誌、本関係を
かき集めました。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
成果?としては
 
雑誌(The LCとOut Rider)と極楽スキー
Out Riderはもう20年近く前のものです。
The LCは保管しておきたい号以外を処分です。
 
CYCLO TOURISTなんてもの見えますが、
何故か2冊買ってしまった号(vol.3)がありまして
その1冊を処分します。
 
 
 
 
この結果として
イメージ 2イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Before                                After
 
車、自転車関係の書棚に多少は余裕が出来て
すっきりしましたかねぇ。
でも予定ではもっと空間がとれるはずだったんですけど。
 
あとはこれを古本屋に持っていって換金する予定です。
と言ってもたいした金額にはならんでしょうな。
多分コンビニ  で100円のお菓子が1つ買えるかどうか位の金額  にしかならんでしょう。(笑)
でも黙って回収日に出してしまうよりは、気分的には良いですね。
 
それからここには写ってませんが
10年くらい前のパソコン系の雑誌(Mac People)なんてのも出てきましたので、
これも処分する事にしまして、こっちは市の回収日に出す予定です。
こっちは古本屋に持っていっても迷惑なだけでしょうしねぇ。(笑)
 
そして天袋からは
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
おぉ~
パソコン関係のものが。
 
これも廃品回収日に突き出す予定です。
 
 
 
 
 
 
普段から
あまり溜め込めない様に気をつけているつもりなんですが、
なんだか溜まっていってしまうもんですなぁ。
これからは今まで以上に、もう少し気をつけましょう
 
 
 
以上!

って、決してブロ友の極楽さんの事ではないですよ。(笑)
 
実は
今日部屋を掃除してましたら、こんなモンが出てきました
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「GOKURAKU SKI」
でございます。
 
懐かしいですなぁ。。。
 
 
 
 
 

 
一番左が一番最初に出た本ですが、1987年12月発行です。
その後1989年、1990年と出ました。
 
そして1990年版は
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
VHSのゲレンデガイドまでありました。
 
 
 
 
 
当時はこんなモンまで買い込むほどスキーに嵌まっていたんですなぁ。
 
ま、当時は毎週末の様にスキーに行ってまして、
5年間くらいは1シーズンに少なくとも40日はスキーに行ってました。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
ですから
運動オンチでも
ここまで滑れるようになったんですね。
 
 
 
 
 
しかし今振り返れば
イメージ 4
 
 
1989年版に
「豊かなスキーヤーはみんな買う」なんて帯が
ついてましたが、
「おバカなスキーヤーはみんな買う」
だった様な気がします。



内容も
書きたい放題のハチャメチャですし。(笑)
 
 
 
 
面白い本でしたが
この本たちももう処分しますかね。
情報も大分古いですし、いい年したオッサンがいつまでも大事に持っていてもねぇ。
 
って事で。
 
 

以上!

今日は今年初の通院  の日。
最初は自転車  で行こうかと思いましたが、軟弱なわたくしめはあまりの寒さに耐えられず
素直にプラド君  に乗って病院に行ってまいりました。
あまりの寒さのためか、病院に通院してくる方もいつもより少なかったですなぁ。(笑)
 
で今日は、
エンペラー君に続きまして
2012年の3月にフレームを入手して、
去年の10月の終わりに完成したケルビム君  の現在の仕様を確認しておきます。
 
と言っても、
気に入ったパーツを収集し、それを使ってここまで完成させてしまうと
もういじるところは無いと思われますがね。
 
イメージ 1
 
振り返れば
パーツ集めや組み立てやらで1年7ヶ月もの日数を掛け、また思わぬ障害に四苦八苦しながらも
やっと完成する事ができた、愛着ある自転車です。
 
下の表がパーツ構成でございます。
 
イメージ 2
 
またまた白黒が反転してますぅ、、、
 
パーツ名の前のに★印があるものは、明らかに新品で購入したものです。
 
 
コンセプトとしてはフロントはサイドバッグの使用も考慮しまして、
長期の旅に使えるグランツーリスムとしております。
グランツーリスムって普通はリアにパニアキャリアで、パニアバッグなどを使用するんでしょうけどね。
 
それとリアにはサドルバッグが搭載できるようにしておきました。
 
あとはわたくしめの体力(脚力)  と休暇の問題だけですなぁ。(笑)
 
 
 
以上!

↑このページのトップヘ