山遊び、川遊び-2

旅行用自転車とフライフィッシングと四輪駆動車

2018年08月

手の内を明かす様ですが、
10月に予定されている左肩の再手術&入院までには
やっておきたい事がありまして、

イメージ 1




 その為にオールランダーバーと
 ブレーキレバー等のその周辺で
 必要なパーツ一式を買いそろえて
 あるのです。




イメージ 2




  それを皇帝君に取り付けて
  自宅周辺だけでも良いから
  手術前に乗っておきたい
  って訳なんです。
 
  そんな元気には走れんだろうけどさ。


オールランダーバーならば
肩にそんなに負担がかからずに乗れるのではないかと。

再手術すれば自転車に乗るどころか直にやってくる冬のスキー
自粛しなければありませんし、、、
(絶対にコケなければ滑ってもいいそうですが、まぁ無理はできないですしね。)

ただこのパーツをですね
皇帝君に取り付ける時間がなかなか取れない状況なんです。
それになにをするにしても暑いしね。
この場に及んでそんな事言ってる場合じゃないじゃろ。って気もしますけど。
でもなんとか取り付けて乗っておきたいなぁ。
と思う今日この頃です。
はてさてどうなりますやら。

って事で。



以上!

今日は

イメージ 1




  ちょいと大きめの箱が
  届きました。
   





イメージ 2





  それも
  はるばる北海道からです





イメージ 3
イメージ 4











モノはCDプレーヤーです。
でかいなぁ~。と思って幅を測ってみたら44cm近くもあります。

イメージ 5



   早速置いてみます。

  アンプやチューナーの幅の
  倍近くあります。

  いや~デカい



イメージ 6






  今回はオクに出品されていた
  これをポチいたしました。




これでスピーカーとCDプレーヤーはヤマハ製となりました。
AIWA&YAMAHAのシステムとなった訳です。
で、モノは2005年製なんですが
ちょっと前の製品だと思ったけど、2005年ってもう13年も前なんだねぇ。
トレーのベルト交換やピックアップレンズの清掃やレベル調整といった
メンテがされているとの事なので落札した次第です。

プレーヤーからのコード類を接続して
スピーカーをアンプに接続すれば使える状態となりますが、
そー言えばスピーカーケーブルをまだ買っていない気がするなぁ、、、

なので
お楽しみはまだまだ続くのでした。(笑)

って事で。



以上!

今回はファン様までの限定記事です。

いきなりですが
部屋の模様替えを始めました。

イメージ 1
イメージ 2











あまり綺麗じゃないってか、はっきり言って部屋が汚いのでね。
ご覧の通りもうモノがゴチャゴチャです。

早速作業を開始~

イメージ 3



  
  今使っているステレオを
  






イメージ 4





  別の部屋に持って行き。






イメージ 5





  ここで箱が登場






イメージ 6




  メタルラックを2組 
  購入しました。


  まず1組を組み立てまして



イメージ 7



  こんな感じでコンポを
  載せました。
  下の段はCDの棚です。
  あとはCDプレーヤー
  届くのを待つばかりっす。




とりあえず今日はここまで~
で、
週末にもう1組のメタルラックを組んで

イメージ 8


  局免が失効して使えなく
  なっちゃったパーソナル無線
  やら、
  局免の申請をしようか
  どうしようか考え中の
  アマチュア無線機が入った棚と




イメージ 9




 棚の上に乗っかっている
 フライフィッシング用具の
 入ったバッグ等を移動します。






これで少しは綺麗に整理できるかな。
できると良いけどなぁ、、、

って事で。



以上!

今日は朝からリハビリの日。
気温も低くなってきたので今日は電車で移動。

なので
病院の最寄りの駅で電車を降りれば

イメージ 1





  イヤでも目に入ってしまう
  って訳で。






イメージ 2




 自宅で
 朝食を食べた身ではありますが、
 リハビリ前に腹ごしらえをして
 行きました。(笑)




最近駅の立ち食い蕎麦屋に寄ると
食べるのは蕎麦ではくてうどんばかりでしたが
今日は掻き揚げ蕎麦を。

揚げたての掻き揚げと以外と少し甘めで優しい味のおつゆと
ちょっともちっとした蕎麦で美味しく頂けました。

イメージ 3




 そしてその後のリハビリは
 相変わらずの痛さでして






今回も担当の方がお休みでしたので
以前お世話になった代わりの方にやってもらったのですが
肩周りも以前と相変わらずの硬さだそうで、、、
これがまったく進歩がないんですなぁ。

なんでも左肩を大きく動かすと
肩の筋肉と肩甲骨周りの筋肉が別々に動かずに
一体化しちゃってるそうです。
手術まであと1ヶ月ちょっと、
それまでにこの事態をなんとか解決させておきたいのですが
果たしてどーなるか。
これからは自宅での自主トレならぬ自主リハビリも
少し気合いを入れてやっておく様です。

気が付きゃぁ今週末でもう9月に入っちゃいますよ。
まったく月日が流れるのは早いし、こりゃぁモタモタしてられんなぁ。

って事で。



以上!

昨日入手してきた

イメージ 1





   このフレーム。






これで4台目となるフレームです。
このフレームに手を加えて、ってか
どこかの工房でフレームに手を加えてもらったり、
フロントキャリアを作ってもらったり、と
我が空気頭の中でプランがグルグルと回ってる訳なんですけども、
その前にこのフレームの色をどーすっぺか。
って基本的なところで悩みだしました。(笑)
ちょっとこの色だと暗めであまり好きくないのでね。

過去には2台以上の自転車を所有した事がないもんで、
どーしようかな。と、
なんかどーでもいい様な、でも大事な事で悩んでおります。

ちなみに皇帝君は薄い赤色、
ケルビム君はオレンジから明るめの黄緑色に塗り替え、
futaba君は濃いめのブルーで塗ってもらいました
3台とも共通しいているのはメタリックカラーって事。
ま、当たり前ですが、それぞれが好きな色で揃えてあります。
(マスプロ車の皇帝君は最初からこの色でしたけどね。)

んでですね、
実はこの3色以外で使いたい色が無く、、、
どーもブルーとかグリーンを使いたくなっちゃうんですよねぇ。
赤は金下赤なんてのも魅力的だしさ。

ですのでここでふと思ったのが
少なくとも4台以上お持ちの方で
フレームの色が同じ自転車なんてのをお持ちの方はいるんでしょうかねぇ。
なんて事なんですね。
中には車種に関係なく全部同じ色で揃えている方が居るそうですけどね。

同じ色調だけど濃さが違うのが2台あるヨン、
なんて方が居そうな気がしますけど。

街行く車や自転車などを眺めては
どーしようか考えている今日この頃でございます。

って事で。



以上!

今夜は満月。
今日も日中は暑くて
夕方にシャワーを浴びた後はしこたま飲んだ状態ではありますが
愛機のPenを引っ張りだして撮影してみました。
OM-Dも持っているわたくしですがやはりPenが一番使いやすい様です。
そんな状態で撮影したので
ピントもナニもあったもんじゃありませんがご笑覧くださいまし。

イメージ 1

イメージ 2


完全に自己満足レベルですな。
それは何時もの事だけどね。

って事で。



以上!

先日入手してきたフレームの詳細です。

写真はすべて栗田商店様が撮影したものです。
一部は加工して使っています。

イメージ 1


 このフレームの
 シートチューブ長は
 C-Tで545mm
 エンド幅はF 100mm
                  R 120mm

   実は
 どこで制作されたフレーム
 なのかが分かりません。



でもかなり丁寧に制作されているフレームです。

フロントフォークを除いたフレーム重量は2100g
ですので持った感じは非常に軽いです。
シートチューブ径は内径が26.8mmですので、パイプはクロモリでしょうけど
メーカー、銘柄共にこれまた不明です。
多分No.2か022だと思いますけどね。

ではなんでこんな不明だらけのフレームを入手したかと言うと、
このフレームにはわたくしめの好物の

イメージ 2





  笹葉のシートステーの蓋に





イメージ 5






 ナベックスの
 コンチネンタルカットラグに









イメージ 3
イメージ 4











シマノのSFRエンドが使われていたからです。
これで一目で気に入っちゃった訳ね。(笑)

その他の仕様は

イメージ 6
  
  Rブレーキは
  右→右で内蔵
  個人的には左→左が好きなんですけどね。
  ブレーキ台座はカンチ台座



イメージ 7



  上ブリッジ補強と
  ダイナモ台座は左側埋め込み式
  ダイナモケーブルは
  台座からダウンチューブ下まで
  内蔵となっています。
  



イメージ 8



  ディレイラーワイヤーは
  BB下回しなんですが
  Fディレイラ-は
  アウターワイヤーのベアが
  付いています。




ナベックスのBBはなかなか無いそうですけど
これもやはりどこか別メーカーのBBを加工したものなのでしょうかね。

イメージ 10






  フロントフォークはボカマ650Bの
  クラウンで
  補強は無しとなっています。

  重量は760gです。





フレームの大体の仕様はこんな感じなんですけども
このフレームが一体何処で作られたかの手がかりは

イメージ 9



  このフレームの製造Noの
  刻印のみ。

  これでどなたか分かる方が
  いませんかねぇ。
  これを載せた為にこの記事は
   お友達限定記事とさせていただきました。



そして、
これからこのフレームを何処かの工房に出して
フレームに手を加えてもらう訳ですが
わたくしめの希望通りに出来るか出来ないかの現実問題は別として
フレームをどういう風に纏めたいのかは
また記事にしたいと思います。


最後に
今回フレームも入手してこれで一区切り付きましたので
新まるひぷろじぇくとぉ!の書庫での記事は終了して
新たに立ち上げる、誰でも閲覧可能な書庫で
記事の続編を書き続けたいと思ってます。

って事で。



以上!

↑このページのトップヘ