山遊び、川遊び-2

旅行用自転車とフライフィッシングと四輪駆動車

カテゴリ: フライタイイング

結局あのウィングを使ってみたフライは

IMG_8971 のコピー

こんなテッカテカ状態。


0001 のコピー

実物のウィングは光を反射はしてますけどもそんなにテカってはいませんな。
ですので折角巻いてみたけど、イメージが大分違っちゃってます。
なので、

P7150012 のコピー

またまたマーカーを使い、

P7150011 のコピー

基本に立ち返って
フライウィングⅡと

P7150001 のコピー

フライウィングⅢに
あのウィングの色を再現すべく着色してみました。

P7150014 のコピー


テキトーと言うかナチュラルさを表現しつつと言うか、
まぁそんな感じで塗り塗り。(笑)

IMG_8986 のコピー

出来たのがこれ。

向かって左がフライウィングⅡ、右がフライウィングⅢです。

実物同様に少し光沢があるのがフライウィングⅢ、
ただし実物の様なシースルーというか半透明感と言うものはまったく無し。
で、素材のコシが強めです。

P7150016 のコピー

でも色合いはまーまー再現出来てるかと。
赤丸内が塗ってみたウィングです。

フライウィングⅡは光沢はありませんし色がちょい濃いめ。
ただシースルー感はありますし、
素材自体があんまり詰まってない素材ですのでコシも弱めです。 
ですから巻きやすさでいえばフライウィングⅡです。

色の再現はもうちょい工夫してみて
明るめに塗れるのであればフライウィングⅡもなかなか良いのではないかと。
光沢の再現は諦めちゃえばね。


さてさてどっちを選択してフライを巻いてみるか、ですな。

って事で。



以上 
 

今回はフライタイイングねた。

ここのところ何故か取り付かれた様に

0001 のコピー

カワゲラ(ストーンフライ)に嵌ってます。
ところがですね、
カワゲラの形状もなんですけども特にウィングの見た目や形状がですね、
思う様に表現できないんです。
続きを読む

突然
0001 のコピー

この様なカワゲラのフライ(ストーンフライと言います。)が巻きたくなりまして
巻いてみました。
続きを読む

タイイングデスクが奇麗になるとやはりフライが巻きたくなったりするもんで

IMG_8730 のコピー

ちょっと前に引き続き時間を見つけて
またまたフライを巻き巻きしました。
続きを読む

アウトドアショップから帰って来て
久しぶりにフライを巻いてみました。
気が付けば何年ぶりに巻いたのかなぁ。
タイイングデスクも奇麗に整理した事ですしね。

IMG_8695 のコピー

続きを読む

今日は天気がよければ
ブロ友の河っちさん主催の自転車のお披露目会の日だったのですが、

イメージ 1





   残念ながら朝から雨






イメージ 2



 わたくしめもこのfutaba君
 で参加させていただき、
 参加された皆様から
 駄目だしをしてもらおうと
 目論んでいたのですがねぇ、、、
 でもある意味、ホッと出来たかなぁ。(笑)


んな訳で、

イメージ 3





  朝からこんなものを






イメージ 4






 コネコネと作っております。





このフライは

イメージ 5




  春先のいっぱいハッチする
  コカゲロウのフライです。

  写真だとでかく見えますが
   実際の体長は1cm弱くらいの
   小さなカゲロウです。



実際春先って意外と風が吹くのですが、
日中の無風の日だまりの田んぼの横を流れる里川なんかで
このフライを使ってする釣りってのが長閑で気持ち良くて良いんですなぁ。
ヒバリの声をBGMにね。

頭の中はもうそんな妄想でいっぱいでございまぅ。(笑)

って事で。



以上!

今日も昨日に引き続き夏休みの準備に勤しんでおります。
ってまぁ、遊びの準備をシコシコとしている訳ですけどね。

イメージ 1


 今日は久しぶりに夏用フライの
 タイイングでございます。

 ちょいと弾の数が枯渇気味ですので。



わたくしめの使う夏用フライはピーコックを
メインに使ってますので簡単に巻けるのです。





イメージ 2






   先ずはキャタピラ
   ブナ虫等の毛虫ですな。








イメージ 3







  ポストの色違いバージョン








イメージ 4







  ボディーの色違いバージョン

こんな茶色っぽい毛虫もいますからね。







そして

イメージ 5






    ピーコックカディス
    ハックル付き








イメージ 6






  同じくピーコックカディス
  ハックル無し。







このピーコックカディスのハックル無しバージョンには絶大な信頼を置いております。
  
実はまだブログを始める前の話なんですけど、
真夏のホームリバーで、

イメージ 7




 この、もうちょいで尺に届くかと言う
 サイズのでっぷりとした魚体の
 ヤマメを釣った時に使っていたのが
 ハックル無しのピーコックカディス
 だったんです。






この時はフライが水面直下に沈んだ時にガツンと来たんですねぇ。。。
水面に浮かべて好し、水の中に沈めて好しのオールマイティーフライです。

こういう風に過去に良い思いをすると同じ時期に同じフライを使いたくなるのは当然ですな。
またこんな風に良い思いができるなんて保証は全く無いのにね。


まったくおバカですよね~。(笑)



こんな感じで準備が進んでおります。
夏休みまであと6日~
って事で。



以上!

↑このページのトップヘ