山遊び、川遊び-2

旅行用自転車とフライフィッシングと四輪駆動車

カテゴリ: インデックスツーリング車

今日オクで落札しちゃいました。

イメージ 1





 ZefalのSoliblocを。








イメージ 2






 未使用品で
 色はシルバーです。 






ラッキーな事に
誰も入札しないので最初のそのままの価格で落札ちゃいました~
たま~にこんな事があるんだよね。

インデックスツーリング車のフレームの色は
結局このインフレーターに合う色にしなければならないかなぁ。
と考えております。
そうなるとシルバー、もしくはそれに近い様な色味の色でしょうかね。

完成したあかつきの置き場を考えつつも
ジリジリとこちらのプロジェクトは動いております~。

って事で。



以上!

イメージ 1




  早いもので入手してから
  1ヶ月半経ってしまう
  このフレーム。





とりあえず何処かの工房に出して少し加工して貰わなければならないのですが、
そうなると当然フレームの塗り替えも発生するので
今はフレームの色をどうしようか悩んでおります。

ちなみにわたくしめは
メタリック系のカラーが好みでございます。

で、候補としては

イメージ 2



 まずは
 人生最初に買ったランドナー、
 丸石エンペラーのグリーン。






綺麗なグリーンだったのですけどBSのロードマンのグリーンと
同じ色でガックリ来た記憶があるんだなぁ。

よしゃ良いのに
中学の後輩がその色のロードマンを買っちゃったんだよな。
これは苦い思い出だ。

イメージ 5



 
 ただこの色は
 ケルビム君と色が被っちゃうって
 問題があるんだなぁ。






過去の話で言えばもう1台。

イメージ 3



 このシルクのロードレーサー
 も持っていたんだよな。
 色はゴールド。
 でもツーリング車には似合わん
 色かな。




後は、

イメージ 4



 数年前にセンセーのところに
 嫁入りした
 エンペラーツーリングマスターの
 この淡い水色。

 これも良い色だな。




その他では金下赤なんて色も綺麗だよなぁ。
と言った感じでこの空気頭の中で色々と色を検討しているのですが、(笑)
なかなか纏まりません。

まぁ
まだ弄り始めるまでには時間があるので
ここはひとつ、じっくり考えましょうかね。

って事で。



以上!

昨日入手してきた

イメージ 1





   このフレーム。






これで4台目となるフレームです。
このフレームに手を加えて、ってか
どこかの工房でフレームに手を加えてもらったり、
フロントキャリアを作ってもらったり、と
我が空気頭の中でプランがグルグルと回ってる訳なんですけども、
その前にこのフレームの色をどーすっぺか。
って基本的なところで悩みだしました。(笑)
ちょっとこの色だと暗めであまり好きくないのでね。

過去には2台以上の自転車を所有した事がないもんで、
どーしようかな。と、
なんかどーでもいい様な、でも大事な事で悩んでおります。

ちなみに皇帝君は薄い赤色、
ケルビム君はオレンジから明るめの黄緑色に塗り替え、
futaba君は濃いめのブルーで塗ってもらいました
3台とも共通しいているのはメタリックカラーって事。
ま、当たり前ですが、それぞれが好きな色で揃えてあります。
(マスプロ車の皇帝君は最初からこの色でしたけどね。)

んでですね、
実はこの3色以外で使いたい色が無く、、、
どーもブルーとかグリーンを使いたくなっちゃうんですよねぇ。
赤は金下赤なんてのも魅力的だしさ。

ですのでここでふと思ったのが
少なくとも4台以上お持ちの方で
フレームの色が同じ自転車なんてのをお持ちの方はいるんでしょうかねぇ。
なんて事なんですね。
中には車種に関係なく全部同じ色で揃えている方が居るそうですけどね。

同じ色調だけど濃さが違うのが2台あるヨン、
なんて方が居そうな気がしますけど。

街行く車や自転車などを眺めては
どーしようか考えている今日この頃でございます。

って事で。



以上!

先日入手してきたフレームの詳細です。

写真はすべて栗田商店様が撮影したものです。
一部は加工して使っています。

イメージ 1


 このフレームの
 シートチューブ長は
 C-Tで545mm
 エンド幅はF 100mm
                  R 120mm

   実は
 どこで制作されたフレーム
 なのかが分かりません。



でもかなり丁寧に制作されているフレームです。

フロントフォークを除いたフレーム重量は2100g
ですので持った感じは非常に軽いです。
シートチューブ径は内径が26.8mmですので、パイプはクロモリでしょうけど
メーカー、銘柄共にこれまた不明です。
多分No.2か022だと思いますけどね。

ではなんでこんな不明だらけのフレームを入手したかと言うと、
このフレームにはわたくしめの好物の

イメージ 2





  笹葉のシートステーの蓋に





イメージ 5






 ナベックスの
 コンチネンタルカットラグに









イメージ 3
イメージ 4











シマノのSFRエンドが使われていたからです。
これで一目で気に入っちゃった訳ね。(笑)

その他の仕様は

イメージ 6
  
  Rブレーキは
  右→右で内蔵
  個人的には左→左が好きなんですけどね。
  ブレーキ台座はカンチ台座



イメージ 7



  上ブリッジ補強と
  ダイナモ台座は左側埋め込み式
  ダイナモケーブルは
  台座からダウンチューブ下まで
  内蔵となっています。
  



イメージ 8



  ディレイラーワイヤーは
  BB下回しなんですが
  Fディレイラ-は
  アウターワイヤーのベアが
  付いています。




ナベックスのBBはなかなか無いそうですけど
これもやはりどこか別メーカーのBBを加工したものなのでしょうかね。

イメージ 10






  フロントフォークはボカマ650Bの
  クラウンで
  補強は無しとなっています。

  重量は760gです。





フレームの大体の仕様はこんな感じなんですけども
このフレームが一体何処で作られたかの手がかりは

イメージ 9



  このフレームの製造Noの
  刻印のみ。

  これでどなたか分かる方が
  いませんかねぇ。
  これを載せた為にこの記事は
   お友達限定記事とさせていただきました。



そして、
これからこのフレームを何処かの工房に出して
フレームに手を加えてもらう訳ですが
わたくしめの希望通りに出来るか出来ないかの現実問題は別として
フレームをどういう風に纏めたいのかは
また記事にしたいと思います。


最後に
今回フレームも入手してこれで一区切り付きましたので
新まるひぷろじぇくとぉ!の書庫での記事は終了して
新たに立ち上げる、誰でも閲覧可能な書庫で
記事の続編を書き続けたいと思ってます。

って事で。



以上!

今日は

イメージ 1




  こんなものが、
   






イメージ 2





  中華民国より届きました。
    





イメージ 3




 中にはこんな箱が。
  これで分かった方もいるでしょうな。







イメージ 4
イメージ 5











そう、
micro SHIFTのリアディレイラーです。

ヤフオクでポチったのもなんですが、
生産国より直送で来ました。
もちろん工場からの直送ではないけどね。

これを新プロの自転車に使おうと考えております。


そして今(20時10分過ぎですが、)
イメージ 6




  こちらのハンドルが
  無事落札できました
  それも破格値で





これは嬉しいですなぁ。。。

タマには良い事もあるもんですな。
こんな感じでちびーっとづつ新プロジェクトも動いております。

って事で。



以上!

なんとかママチャリには乗れる様になりましたが
まだツーリング車に乗るのはちょっと辛いだろうなぁ。などと思いつつも

イメージ 1





  新しいツーリング車の
  パーツ構成なんてのを
  考えちゃってる
  今日このごろ。(笑)




Wレバー以外の項目はモザで隠してます。が、
今回はなるべく古物パーツは使わずに。と思いつつも
気が付くとそっち方面のパーツを使う事を自然と考えちゃうんですなぁ。
その時点でいかん、いかんと思う訳ですよ。
ですのでWレバーだけはワザと隠さずにおいたのですが。

それ以前に「もうこれ以上自転車を置く場所が無い」とかのたまいながらも
4台目を考えちゃってるってのが一番の大きな問題なんだけどね。
あ、そうそう、
フレームを入手しなければ駄目だコリャ(いかりや長介風にね。)(笑)

って事で。



以上!

↑このページのトップヘ