応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ


問2 賃貸不動産経営管理士「倫理憲章」に関する次の記述のうち、
最も不適切なものはどれか。

1.信義誠実の義務に関しては、直接の依頼者に対してはもちろんのこと、
そのほかの関係者に対しても同様に、信義に従い、誠実に対応することが
必要である。

2.法令の順守と信用保持に関しては、自己の所属する管理業者の立場のみならず、
賃貸不動産管理業全体に対する社会的信用を傷つける行為の禁止も含まれる。

3.秘密を守る義務に関しては、自己の所属する管理業者を退職して、
当該賃貸不動産の管理に携わらなくなった後も、引き続き追うべきものである。

4.公正と中立性の保持に関しては、依頼者に対する信義誠実義務や、
利益相反行為の禁止の観点から、常に依頼者の立場に立って、
対応することが必要である。

答えは4ですね。

これは簡単でしたね。

4は構成と中立性と言っているのに、依頼者の立場に立ってと
なっていますので間違いですね。 


賃貸不動産経営管理士「倫理憲章」解説


平成28年問3へ

テキスト(ちょっと高いですが、これは買いましょう)

公式テキスト

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)