応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ


問3 個人情報の保護に関する法律(以下、本問いにおいて「個人情報保護法」という。)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.個人情報保護法が適用される個人情報とは、広く個人一般に関する情報であって、当該情報により特定の個人を識別することができるものをいう。

2.個人情報保護法は、個人情報を取り扱うすべての事業者に対して、個人情報保護法で定める義務を課している。

3.個人情報取扱事業者は、あらかじめ本人の同意を得ずに、個人情報を第三者に提供することができない。

4.指定流通機構(レインズ)にアクセスできる業者は、自ら作成した個人情報データベースを保有していなくても、個人情報保護法による個人情報取扱事業者である。

答えは4らしいです。

これもめちゃ悩みました。

4は間違いないと思っていたのですが、

1については、広く個人一般に関する情報というのが具体的でない?
テキストには氏名、生年月日等特定の個人を識別できるものとなっています。
死亡している個人や会社は該当しないので、生存する個人のという部分が
ないのが間違いかなと思います。問題集の解説に期待。

2については、個人情報取扱事業者は、①利用目的の特定、利用目的による制限
②取得に際しての利用目的の通知等③データ内容の正確性の確保
④安全管理措置⑤第三者提供の制限⑥開示、訂正、利用停止等
といった義務が課せられています。
義務は課せられてるので正しいと言えば正しいような気がします。

3については、ネットアンケートなどで使用目的を書いている場合は
同意を得ずとも使用可能ということなのでバツかなと思います。

4については、テキストにそのまま書いてある内容です。

ということで私個人はこの問題は審議の対象ではないかと思っていますが、
大手の解答も私の解答も4ということでよしとしております。

平成28年問4へ


テキスト(ちょっと高いですが、これは買いましょう)

公式テキスト

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)