応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ


問17 賃貸借契約と使用貸借契約との異同に関する次の記述のうち、
最も不適切なものはどれか。

1.貸主が死亡した場合、使用貸借契約は終了するが、賃貸借契約は終了しない。

2.使用貸借契約の終了に当たっては、賃貸借契約の終了時に必要とされることがある
正当事由は必要とされない。

3.使用貸借契約の対象建物が売却された場合、賃貸借契約と異なり、
借主は当該建物の買主に対して使用貸借契約を対抗することが出来ない。

4.使用貸借契約の借主は、賃貸借契約の借主と異なり、対象建物の通常の
必要費を負担する。




答えは1ですね。

ここは完全に盲点で間違えました。
ここまで使用貸借について出るとは思ってませんでした。

1は、使用貸借でも貸主死亡は契約終了の原因にはなりません。。




(公式テキスト)

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

新品価格
¥3,980から
(2016/8/12 14:21時点)


試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2016/8/12 14:40時点)