応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ


問19 借主の義務と責任に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.賃貸不動産につき修繕を要するときは、借主は、遅滞なくその旨を貸主に
通知しなければならない。

2.賃貸不動産が転借人の過失により損傷した場合、借主は、転貸について
貸主の承諾を得ていたとしても、貸主に対し、債務不履行に基づく損害賠償を負う。

3.借主は、失火により賃貸不動産を損傷したとしても、失火につき重過失が
ない限り、貸主に対し、債務不履行に基づく損害賠償責任を負わない。

4.ペット飼育の禁止が賃貸借契約に定められていない場合でも、通常許容される
範囲を超えたペットの飼育があった場合には、賃貸借契約の認められる。


答えは3ですね。

3は、失火責任法により別の部屋に対する損害は、
重大な過失がなければ損害賠償責任は問われませんが、
貸主に対しては、賃貸借契約に基づく不法行為となり、
貸主より損害賠償責任を負います。



平成28年の問20へ

(公式テキスト)

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

新品価格
¥3,980から
(2016/8/12 14:21時点)


試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2016/8/12 14:40時点)