応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。



問21 敷金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.敷金契約は、賃貸借契約に付随する契約であるから、敷金契約のみを
合意解除することはできない。

2.敷金は、賃貸借契約上の債務を担保するための金額であるから、賃貸借契約の
締結後に預け入れることはできない。

3.敷金返還請求権は、賃貸借契約が終了し、借主が建物を明け渡したときに
発生するから、貸主は、借主が建物を明け渡すまでの間に、未払賃料に敷金を
充当することはできない。

4.借主の債権者が、賃貸借契約の継続中に敷金返還請求権を差し押さえた場合、
借主が建物を明け渡したときに賃料の未払がある場合には、貸主は敷金から
未払賃料額を控除した後の残額の敷金を差押債権者に支払えば足りる。



答えは4ですね。

1は、敷金契約は、賃貸借契約とは別の契約になり、
契約解除は問題ない。

2は、1同様に別契約の為、賃貸借契約締結後でも、
預け入れすることができます。

3は、賃借人から契約中の相殺は出来ませんが、
契約終了時に未払い賃料がある場合は、敷金は担保的性質がありますから、
相殺は可能です。


敷金について勉強するなら
敷金


平成28年の問22へ


賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ

公式テキスト

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)