応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ


問23 賃貸契約の解除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.賃貸借契約を解除する場合、借主に対して解除の意思表示を行えばその意思表示が
借主に到達していなくても効力が生じる。

2.賃貸物件が共有の場合には、賃貸借契約を解除するためには、貸主たる
共有者全員の同意が必要である。

3.解除の意思表示は、撤回することができない。

4.賃貸借契約に「賃料の支払を1か月でも滞納すれば、貸主は催告をしないで
賃貸借契約を解除することができる。」旨を定めておけば、貸主は、この規定を
根拠に賃貸借契約を無催告で解除することができる。


答えは3ですね。

私は2に行ってしまいました。

1は、賃貸借契約を解除する場合、借主に対して解除の意思表示を行っても
その意思表示が借主に到達しないと効力は生じない。

2は、売買の場合は共有者全員の同意と署名捺印が必要ですが、
賃貸借契約の場合は過半数以上の同意があれば良いようですね。

4は、「賃料の支払を1か月でも滞納すれば、貸主は催告をしないで
賃貸借契約を解除することができる。」旨を定めていても必ず催告は必要。


平成28年の問24へ

(公式テキスト)

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

新品価格
¥3,980から
(2016/8/12 14:21時点)


試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2016/8/12 14:40時点)