応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ


問24 「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(再改定版)」
(平成23年8月国土交通省住宅局公表。以下、各問において、「ガイドライン」という。)
に関する記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.ガイドラインによれば、借主の故意過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を
超えるような使用による損耗等のいずれにも該当せず、次の入居者を確保する目的で行う
設備の交換や化粧直し等のリフォームは貸主の負担となる経年変化及び通常損耗の
修繕に該当する。

2.ガイドラインによれば、ポスターやカレンダー等の提示のための壁等の画鋲の穴は、
壁等の釘穴、ねじ穴と同視され、借主の負担による修繕に該当する。

3.原状回復の取り扱いについて、ガイドラインの内容と異なる特約を定めても無効である。

4.ガイドラインによれば、畳表は減価償却資産として取り扱われ、経過年数が考慮される。



答えは1ですね。

2は、画鋲の穴まで言われると何にもできないですよね。
ここまでは借主負担は言われません。

3は、お互いの同意があれば有効です。

4は、畳表は通常損耗として扱われ故意過失で汚し等が無ければ
負担は問われない。故意過失の場合は経過年数が考慮される。



平成28年の問25へ

公式テキスト

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)