応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ


問25 借主の居住ルール及び苦情処理に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.借主から管理業者に対し、クレームやトラブルが発生したとの電話連絡があった場合には、
電話で状況を聞くことよりも、まずは現場へ駆けつけることを優先すべきである。

2.管理業務で生じるクレームやトラブルの内容やその対応方法は数多く存在するので、
会社である管理業者が、過去の相談事例等を蓄積した社内マニュアルを作成して
社内で情報を共有することは重要ではない。

3.分譲マンションの一住戸の賃貸管理を受託する場合、管理業者は借主に当該マンションの
共有部分に関する管理規約の内容を提示する必要はない。

4.入居者同士のトラブルの相談を受けた場合には、一方の言い分を鵜呑みにするのではなく、
関係者の話をそれぞれよく聞き、公平な立場で処理にあたることが重要である。



答えは4ですね。

1は、まずは、電話で状況確認が必要です。
電話で対応できることなら電話で解決するべきであり、
状況がわからないまま現場に駆けつけても適切な対応できない。

2は、情報共有は当然重要。

3は、分譲マンションの場合、借主に入居中は管理規約を守ってもらう必要があるので、
管理規約は提示しないといけない。



平成28年の問26へ

(公式テキスト)

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

新品価格
¥3,980から
(2016/8/12 14:21時点)


試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2016/8/12 14:40時点)