応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ


問29 建ぺい率に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.建ぺい率とは、建築面積の敷地面積に対する割合である。

2.住居系の用途地域での建ぺい率は、30%から80%の範囲で指定される。

3.商業系の用途地域での建ぺい率は、60%から80%の範囲で指定される。

4.工業系の用途地域での建ぺい率は、70%から90%の範囲で指定される。



答えは、4ですね。

多分、宅建を意識して作った問題ですが、

うーん、雑。ですが、ここまで求めてくるかとは思いました。

1は間違いなく正しいです。

その他は住居系は確かに範囲としては30~80%ですが、

33%とかあるわけでなく、第一種低層住居専用地域で.あれば

30、40、50、60%という設定です。

商業系と言っても近隣商業地域は60%、80%ですし、

商業地域は80%という設定です。

私も90%というのはないやろうというので
工業系にしたという感じです。



平成28年の問30へ

(公式テキスト)

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

新品価格
¥3,980から
(2016/8/12 14:21時点)


試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2016/8/12 14:40時点)