応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

メニューページへ


問35 固定資産税及び都市計画税に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.固定資産税は、毎年1月1日現在の土地・建物の所有者に対して課される地方税である。

2.都市計画税は、毎年1月1日時点の市街化区域内にある土地・建物等の所有者に対して
課される地方税であり、固定資産税と一括して納付する。

3.固定資産税の徴収は、納税通知書を納税者に交付することによる「普通徴収」の方法
であるから、課税標準や税額につき不服を申し立てることは一切できない。

4.固定資産税及び都市計画税は、受託用地について課税標準の軽減措置が
講じられている。


答えは、3ですね。

固定資産税の納税通知書に記載されている内容で、
価格(評価額)以外に対して不服がある場合には、
納税通知書を受け取った日の翌日から起算して
3カ月以内に市長(窓口:税務課固定資産税係)に対して
審査請求書を提出することができます。

ということです。



平成28年の問36へ

公式テキスト

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)