賃貸不動産経営管理士試験、合格への道

不動産会社勤務のぐっさんが賃貸不動産経営管理士試験、合格への道を記録したブログ。賃貸不動産経営管理士は国家資格になると噂される不動産資格。私は独学で一発合格いたしました!過去問の掲載、過去問解説などを通じて皆さんの合格の手助けが出来ればと思っております。

2019年02月

賃貸不動産経営管理士 通勤講座のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問21 少額訴訟 

【問21】未収賃料の回収方法としての少額訴訟に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。



1 債権者は、同一の簡易裁判所において、同一の年に、同一の債務者に対して年10回を超えて少額訴訟を選択することはできないが、債務者が異なれば選択することは可能である。


2 少額訴訟において証人尋問手続が取られることはないため、証人尋問が必要な場合、通常訴訟の提起が必要である。


3 裁判所は、請求の全部又は一部を認容する判決を言い渡す場合、被告の資力その他の事情を考慮し、特に必要がある場合には、判決の言渡日から3年を超えない範囲内で、支払猶予又は分割払の定めをすることができる。


4 裁判所は、原告が希望すれば、被告の意見を聴くことなく少額訴訟による審理を行うことになる。


 




解説

答えは 3 ですね。

選択肢1 ✖ 同一の債務者ではなく、同一の簡易裁判所に対して年10回となりますので債務者が異なっても年10回。

選択肢2 ✖ 証人尋問も認められてます。

選択肢4 ✖ 被告の意見を聴くことなくというのは流石に乱暴ですよね。




きちんと勉強したいならコチラ
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

年度別過去問の各問題解説はこちらから

メニューページへ




平成30年度

1 2    3    4   5    6   7    8       10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8       10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40

平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集

【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成31年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。

改訂4版 賃貸不動産管理の知識と実務〈賃貸不動産経営管理士公式テキスト〉

新品価格
¥3,980から
(2019/4/18 13:45時点)



【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)



【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点


賃貸不動産経営管理士 通勤講座のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問20 法律行為の効力

【問20】書面によらずに行った法律行為の効力に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

 

1 書面によらずに定期建物賃貸借契約を締結した場合、普通建物賃貸借契約としての効力を有する。


2 書面によらずに連帯保証契約を締結した場合、保証契約としての効力を有する。


3 書面によらずに賃貸借契約を解除する旨の意思表示をした場合、契約解除の意思表示としての効力を有する。


4 書面によらずに賃料減額に合意した場合、賃料減額としての効力を有する。


 




解説

答えは 2 ですね。

保証契約は書面で行わないと、効力が生じません。



連帯保証について勉強するなら こちらから連帯保証



きちんと勉強したいならコチラ
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

年度別過去問の各問題解説はこちらから

メニューページへ




平成30年度

1 2    3    4   5    6   7    8       10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8       10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40

平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集

【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成31年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。

改訂4版 賃貸不動産管理の知識と実務〈賃貸不動産経営管理士公式テキスト〉

新品価格
¥3,980から
(2019/4/18 13:45時点)



【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)



【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点


賃貸不動産経営管理士 通勤講座のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問19

【問19】普通建物賃貸借契約(定期建物賃貸借契約でない建物賃貸借契約をいう。以下、各問において同じ。)の解約及び更新拒絶に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。


1 貸主からの期間内解約条項がある場合には、貸主からの解約申入れに正当事由は不要である。


2 賃貸建物の老朽化が著しいことを理由として更新を拒絶する場合、貸主は立退料を支払うことなく、当然に正当事由が認められる。


3 貸主による更新拒絶通知に正当事由がある場合であっても、期間満了後に借主が建物を継続して使用し、貸主がそれに対して遅滞なく異議を述べなかった場合には、契約は更新されたものとみなされる。


4 契約期間満了までに、更新について合意が成立しない場合、特約のない限り、従前と同一条件かつ同一期間で、賃貸借契約が当然に更新されたものとみなされる。


 





解説

答えは 3 ですね。

選択肢1 ✖ 借主が不利になるような特約は無効になるので正当事由が入ります。

選択肢2 ✖ 当然の正当事由としては認められないので、立退料が必要ですね。何回か手伝ったことありますが、障害の有る方や独身の高齢者などは次の部屋が決まらず大変です。立退料を準備しても結構時間が掛かることも多いです。

選択肢4 ✖ 期間の定めのない賃貸借契約になります。



建物賃貸借契約書について勉強するなら こちらからその2 賃貸住宅標準契約書



きちんと勉強したいならコチラ
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

年度別過去問の各問題解説はこちらから

メニューページへ




平成30年度

1 2    3    4   5    6   7    8       10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8       10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40

平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集

【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成31年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。

改訂4版 賃貸不動産管理の知識と実務〈賃貸不動産経営管理士公式テキスト〉

新品価格
¥3,980から
(2019/4/18 13:45時点)



【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)



【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点


賃貸不動産経営管理士 通勤講座のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問18 建物賃貸借契約書の記載

【問18】建物賃貸借契約書の記載に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。



1 賃貸借契約書に借主からの期間内解約を認める規定があるものの、予告期間の定めがない場合、解約申入れから3か月を経過することで契約は終了する。


2 賃貸借契約書に賃料の支払日について記載がない場合、平成30年11月分の賃料の支払日は平成30年10月31日である。


3 賃貸借契約書に必要費償還請求権の規定がない場合であっても、借主が雨漏りを修繕するための費用を支出したとき、借主は貸主に対して必要費の償還を請求することができる。


4 賃貸借契約書に遅延損害金の規定がない場合であっても、借主が賃料の支払を遅延したとき、貸主は借主に対して年5%の遅延損害金を請求することができる。


 





解説

答えは 2 ですね。

賃料の支払日は特約がない場合後払いとなります。この場合支払日は、11月30日となりますね。


建物賃貸借契約書について勉強するなら こちらからその2 賃貸住宅標準契約書



きちんと勉強したいならコチラ
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

年度別過去問の各問題解説はこちらから

メニューページへ




平成30年度

1 2    3    4   5    6   7    8       10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8       10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40

平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集

【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成31年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。

改訂4版 賃貸不動産管理の知識と実務〈賃貸不動産経営管理士公式テキスト〉

新品価格
¥3,980から
(2019/4/18 13:45時点)



【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)



【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点


賃貸不動産経営管理士 通勤講座のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士 過去問 平成30年度試験 問17 敷金

【問17】敷金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。



1 賃貸借契約書に借主からの敷金の相殺について禁止する条項がない場合、借主は契約期間中、敷金返還請求権と賃料債務を相殺することができる。


2 賃貸借契約書に敷金の返還時期について何らの定めもない場合、借主は敷金の返還を受けるまでの問、建物の明渡しを拒むことができる。


3 借主の地位の承継があったとしても、特段の事情のない限り、敷金は新借主に承継されない。


4 賃貸借契約書に敷金によって担保される債務の範囲について何らの定めもない場合、敷金によって担保される借主の債務は賃料債務に限定され、貸主 は原状回復費用に敷金を充当することはできない。





解説

答えは 3 ですね。

選択肢1、4 ✖ 敷金は、借主の賃料の支払いその他賃貸借契約上の債務を担保する目的で貸主に交付するお金になります。相殺禁止がなくても、原則相殺できない。しかし、未だに勝手に相殺する家主さんがいて入居者ともめて困ることがあります。


選択肢2 ✖ 建物明渡と敷金返還は同時履行の関係にはありませんので、明け渡しが先履行となり、建物の明け渡しを拒むことはできません。

敷金について勉強するなら こちらから敷金



きちんと勉強したいならコチラ
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

年度別過去問の各問題解説はこちらから

メニューページへ




平成30年度

1 2    3    4   5    6   7    8       10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8       10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40

平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集

【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成31年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。

改訂4版 賃貸不動産管理の知識と実務〈賃貸不動産経営管理士公式テキスト〉

新品価格
¥3,980から
(2019/4/18 13:45時点)



【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)



【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点


記事検索

↑このページのトップヘ