メニューページへ

応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士 平成27年度試験 問3 賃貸不動産経営への関与

問3 賃貸不動産経営管理士が賃貸不動産経営に関与する場合の考え方に関して、次の記述の内、最も不適切なものはどれか。

1. 賃貸不動産経営管理士は、管理業者の従業員であったとしても、プロフェッションとしての独立したポジションが求められるから、所属する管理業者が、賃貸不動産経営管理士として取るべきでない管理業務の手法を取ろうとしたときには、コンプライアンスに従った対応を取るように、求めなければならない。

2. 賃貸不動産経営管理士は、業務を引き受ける際には、業務を第三者に再委託することができるかどうか考える前に、その内容が自らの能力や知識で対応し得るものか否かを十分に精査する必要がある。

3. 賃貸不動産経営管理士は、職務上知った事項について、その事項が関係者のヒミツに該当するもので、かつ、本人の同意がない場合であっても、法令上の提供義務がある場合には、その秘密を第三者に提供することができる。

4. 賃貸不動産経営管理士が賃貸不動産経営に関与するにあたっては、依頼者である賃貸不動産の所有者が不動産を売却して利益の確定を図る場合のように、依頼者の一時点での利益の確定及びその最大化を求めなければならない。


解説


答えは、4ですね。

この問題もそんなに難しくないと思います。

賃貸不動産経営管理士としての業務に対する
心構え的な内容です。

賃貸不動産経営は、やはり売買などの一時的な利益の追及ではなく、
貸主の資産の最大有効活用化がテーマとなり、
資産をどのように維持していくか、
資産価値をいかに上げれるかという考え方が基本となります。






賃貸不動産経営管理士を勉強したい方はこちらへ

平成29年テキスト改訂ポイント 賃貸不動産経営管理士


平成27年の問4へ


きちんと勉強したいならコチラ
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

賃貸不動産経営管理士 過去問年度別試験問題はこちらから

メニューページへ

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8       10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40

【賃貸不動産経営管理士試験
過去問解説講座サンプル講座~27年度問3】




テキスト&問題集

【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成29年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。


賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980



【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)



【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点)