応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士 平成27年度試験 問21 賃貸借契約の更新拒絶

問21 賃貸借契約の更新拒絶に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


1. 貸主は、自ら建物の使用を必要とする事情が一切なくとも、立ち退き料さえ支払えば、正当事由があるものとして、更新拒絶することができる。

2. 更新拒絶の通知時点では正当事由が存在しなくとも、通知後に事情が変わり正当事由が具備され、正当事由が具備された状態が事情変更時点から6か月間持続した場合、解約の効果が生じる。

3. 建物の老朽化が著しく、隣家に損傷を及ぼしている場合、貸主は当面自己使用の必要性がなくても、立退料を提供することなく更新拒絶することができる。

4. 建物には当たらない駐車場施設の利用契約について貸主が更新拒絶するためには貸主に施設の使用を必要とする事情のほか、立退料の支払いにより正当事由が認められなければならない。


答えは2ですね。

問題文のとおりですね。

正当事由は結構厳しく、貸主の勝手では更新拒絶は出来ません。
正当事由に当たるのは次のような状況です。

【正当事由としての考慮要因】

①貸主および借主が建物使用を必要とする場合

②建物の賃貸借に関する従前の経過
契約の経緯や権利金等の支払いの有無、金額、契約上の義務の履行など

③建物の利用状況
借主の利用状況、要法違反はないかなど

④建物の現況
老朽化によって建替えが必要、敷地を利用する権利の喪失など

⑤財産上の給付(立退き料)の提供の申し出



賃貸借契約の更新拒絶について勉強するなら
正当事由


平成27年の問 22へ

きちんと勉強したいならコチラ
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

年度別過去問の各問題解説はこちらから

メニューページへ




平成30年度

1 2    3    4   5    6   7    8       10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40

平成29年度

1 2    3    4   5    6   7    8       10 

11    12   13   14    15   16    17   18   19   20

21
    22   23   24    25   26    27   28   29   30

31
 32   33 34 35 36 37 38  39   40

平成28年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

平成27年度

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

11
 12 13 14 15 16 17 18 19 20 

21
 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31
 32 33 34 35 36 37 38 39 40

賃貸不動産経営管理士テキスト&問題集

【テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務】
平成31年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。

改訂4版 賃貸不動産管理の知識と実務〈賃貸不動産経営管理士公式テキスト〉

新品価格
¥3,980から
(2019/4/18 13:45時点)



【公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集】

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)



【賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト】

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


【賃貸不動産経営管理士試験一問一答】

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット