応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

賃貸不動産経営管理士 平成27年度試験 問22

問22 借主の退去及び残置物の所有権の放棄に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1. 賃貸借契約に「借主が契約終了後1か月以内に退去しない場合には、貸主は鍵を交換することができる。」という規定がある場合、貸主は、借主が契約終了後1ヵ月以内に退去しないときは鍵を交換することができる。

2. 借主から退去前に取得した「借主は退去後の残置物については所有権を放棄する。」という念書がある場合、貸主は、借主が粗大ごみを残して退去した時は、これを処分することができる。

3. 賃貸借契約書に「借主が賃料を滞納した場合には、貸主は鍵を交換することができる。」という規定がある場合、貸主は、借主が賃料を滞納したときは、鍵を交換することができる。

4.賃貸借契約書に「借主が無断で1か月以上不在のときは、契約が解除され、借主は室内の遺留品について 所有権を放棄する。」という規定がある場合、貸主は、借主が長期不在となったときは、室内の遺留品を処分することができる。


答えは2ですね。

鍵交換については、以前滞納が発生したら鍵を変えてしまうという
管理会社が多くあり社会問題になりましたが、基本鍵を勝手に変える行為はダメです。

又、1か月以上連絡が取れず契約解除したとしても勝手には部屋の中には入れません。
なので遺留品を勝手に処分することもダメですね。
しかし、2のような場合は念書があるので残置物の粗大ゴミを処分することは
承諾の範囲内ということで許されるということです。


平成27年の問23へ

きちんと勉強したいならコチラ
【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次




平成27年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

 平成28年度試験問題はこちらから 

メニューページへ


資格・スキルアップ ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。
是非協力のポチをお願いします。



賃貸不動産経営管理士のテキストは下記になります。

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)



賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


賃貸不動産経営管理士試験一問一答

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点)