賃貸不動産経営管理士試験、合格への道

不動産会社勤務のぐっさんが賃貸不動産経営管理士試験、合格への道を記録したブログ。賃貸不動産経営管理士は国家資格になると噂される不動産資格。私は独学で一発合格いたしました!過去問の掲載、過去問解説などを通じて皆さんの合格の手助けが出来ればと思っております。

平成28年度試験



応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

メニューページへ


賃貸管理において以外に重要な保険。火災、水漏れなどに対応する施設関係の保険やオーナーの場合は物件購入の際に団体信用生命保険に入ったりします。
私の会社の場合は、火災保険、損害保険、少額短期保険の募集人資格を取らないといけませんので一応何となくは勉強いたしましたが常に新しい商品も出ますので日々勉強が必要なジャンルではあります。


4点免除の方は受ける必要のない問題です。


問40 保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.地震保険に加入する際には、主契約の火災保険と同額の保険金額で加入する必要がある。

2.火災保険は、保険の中で、賃貸不動産管理の経営に特に関係の深い保険のひとつである。

3.保険は、保険会社の商品によって特性が異なり、補填の対象と限度も異なっている。

4.保険とは、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度である。



答えは、1ですね。

火災保険と地震保険を同額の保険金額にする必要はありません
「火災保険の30-50%、かつ、建物:5,000万円、家財:1,000万円」が限度となっています。


保険の勉強をするなら
保険





平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

過去問をやって又基本を確認!
基本を勉強するなら試験対策(初級編)で

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

テキスト 賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際はご注意ください。


賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980



公式問題集 賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)



賃貸不動産経営管理士試験対策テキスト

賃貸不動産経営管理士 試験対策テキスト

新品価格
¥3,024から
(2017/7/26 01:15時点)


賃貸不動産経営管理士試験一問一答

通勤時間でうかる! 賃貸不動産経営管理士試験一問一答

新品価格
¥2,160から
(2017/7/26 01:15時点)







応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

メニューページへ


4問免除の講習を受けていない方は必須!!換気設備については2年連続出ていなす。第1種、第2種、
第3種とありますので特徴を覚える必要があります。
これが結構覚えにくいので直前に見直ししておかないといけませんね。

4点免除の方は受ける必要のない問題です。


問39 換気設備に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.シックハウス症候群の原因物質の除去対策として、新築建物には自然換気設備の設置が義務付けられている。

2.第1種機械換気は、給気及び排気ファンを用いる方式である。

3.第3種機械換気は、室内が負圧になるため、他の部屋へ汚染空気が入らない方式である。

4.換気設備には、給気ファン、排気ファン、給排気ダクト、ルーフファン、排気塔、設備用換気扇等がある。



答えは、1ですね。

自然換気ではなく、機械換気設備ですね。

この換気の問題は27年に続いてなので
基本的なことは覚えておいた方が良いでしょう。


換気設備について勉強するなら
換気設備


平成28年の問40へ





平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

メニューページへ

公式テキスト

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)








応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

メニューページへ


不動産関連で宅建など資格取得していれば楽勝の問題ですが、あまり勉強していない人は一度サラッと木造、鉄骨、鉄筋コンクリート造の特徴は勉強しておく方が良いと思いますね。
とは言え、これも4問免除の問題なので勉強しなくても良いかもしれませんが。


ここからは4点免除の方は受ける必要のない問題です。

問38 建築構造に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.木造は、建物の重量が軽く、施工もしやすいが、防火、耐火性能において
他の建築構造より劣る。

2.鉄筋コンクリ―ト造は、建物の重量が重いため、地震による影響が大きい。

3.鉄骨造は、鋼材の加工性が良く、工期は比較的短く、省力化が可能である。

4.鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリート造より施工がしやすく、工期も短い。




答えは、4ですね。

鉄骨鉄筋コンクリート造のほうが鉄筋より太い鉄骨を使いますので、
コンクリートの回り具合の調整も含めて鉄筋コンクリート造より手間暇が掛かります。


建築構造について勉強するなら
建物の構造


平成28年の問39へ





平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

メニューページへ

【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

公式テキスト

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)







応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

メニューページへ


ここからは4点免除の方は受ける必要のない問題です。


現在空き家問題は不動産業界ではホットな話題なので或る程度は勉強しておきたいところですが、4問免除の問題なので試験のことだけを考えると講習受けた人はやらなくてもよいかもです。

とはいえ、今後は人口減少と過剰な新築賃貸物件の建設により、賃料の低下と空室の問題は賃貸管理においては非常に重要な問題となりますね。まあ勉強しておいて損はないです。


問37 空き家と賃貸不動産管理の関係に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.不動産の有効活用という問題に加え、周辺地域の防災や防犯等の観点からもさまざまな問題が生じていることを認識する必要がある。

2.賃貸不動産経営管理士は、空き家の現状や空き家政策の動向を注視し、空き家オーナーに対する最良のアドバイスができるよう研鑽することが期待される。

3.空家等対策の推進に関する特別措置法の適用対象となる特定空家等には、賃貸住宅が含まれないので、管理業者として独自の対応が必要である。

4.空き家の活用策には、転用も含まれるので、賃貸経営の経験がない空き家オーナーに対して管理業者として積極的に助言することが期待される。



答えは、3ですね。

ここも34から4問連続3ということで
流石にどうなんと考えてしまいました。
(といっても問題難しくないので最後は自分を信じました)

特定空き家等には賃貸住宅も使用していなければ
空き家として当然含まれます。

空き家については、人口減に絡んで
色々な特別措置法も制定されるなど
引き続き注目される論点になりますね。


空き家と賃貸不動産管理の関係を勉強するなら
人口動勢と高齢化に対する対応


平成28年の問38へ





平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

メニューページへ

公式テキスト

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)








応援クリックお願いします。


賃貸管理 ブログランキングへ
是非協力のポチをお願いします。

メニューページへ


平成28年問35に続いてまさかの税金関連。実際はお支払しているオーナー様の方が税金関連は良く知っていたりします。しかし、最低限の話が出来るように基礎的な部分については知っておく必要がありますね。


問36 不動産の税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.相続人が取得した空き家やその敷地を売却した場合、所得税に関し、居住用財産を譲渡した場合の3,000万円控除の適用を受けることができる。

2.適切な管理がされていない空き家は、防災・衛生・景観等、周辺の生活環境の観点から、固定資産税が最大で6倍になる可能性がある。

3.不動産取引では、仲介手数料の支払いについては消費税が課せられるが、建物や土地の購入代金については消費税が課されない。

4.土地・建物の譲渡所得は、他の所得と分離して税額を計算する「申告分離課税」という計算方法をとる。

答えは、3ですね。

建物については、個人売買では必要ありませんが、

課税業者と取引する場合は消費税が掛かることがあります。


不動産の税金について勉強するなら
税金関連


平成28年の問37へ





平成28年度各問題はこちらから↓
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

賃貸不動産経営管理士平成27年度試験問題はこちらから

平成28年度試験問題(問1~20)はこちらから

平成28年度試験問題(問21~40)はこちらから

メニューページへ

【賃貸不動産経営管理士】(試験対策初級編)目次

公式テキスト

賃貸不動産管理の知識と実務
平成29年改訂されておりますので購入の際は
ご注意ください。

賃貸不動産管理の知識と実務―賃貸不動産経営管理士公式テキスト

価格
¥3,980


公式問題集
賃貸不動産経営管理士試験対策問題集

賃貸不動産経営管理士 試験対策問題集

新品価格
¥2,700から
(2017/4/18 21:26時点)





記事検索

↑このページのトップヘ